« アルミンク/新日本フィル(2012/9/15) | トップページ | インバル/都響(2012/9/16) »

2012年9月15日 (土)

シナイスキー/東響(2012/9/15)

2012年9月15日(土)18:00
サントリーホール

指揮:ヴァシリー・シナイスキー
東京交響楽団

(第603回定期演奏会)
ピアノ:デジュ・ラーンキ

モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第16番K.545~第3楽章
(アンコール)
ショスタコーヴィチ:交響曲第4番

天国的な心地良さの前半から、こういう“タコ4も”あるのね…という、清涼感すら感じるスッキリ系の大音量。
ドロドロしていないショスタコーヴィチだったと思いましたが、私は。

勝手に個人的「タコ4」ツィクルス第3回。
3月のインバル/都響5月の沼尻/群響、そしてこの日のシナイスキー/東響。
3回中2回が、錦糸町のアルミンク/新日本フィルからのハシゴなのは何かの偶然だと思います。
演目的には少々ハードではありまするが、場所の移動を除けば、聴いている時間は「パルジファル」より短いですね。

それはともかく…。

6月のコチシュさんがあんな恰幅のよいおじさんになるんだから、ラーンキさんも歳はとるわけですよね。
しかし、スラリと長身で、髪は白くなったものの、十分に格好が良い。
そして弾かれたピアノの音はクリアーな透明感。
いやー、もう、美しいのなんの。
ピアノの音色から「ドビュッシーも聴いてみたいな」などと邪念がよぎってしまいましたが、モーツァルトがこういう音で悪いはずもない。
シナイスキーさんの指揮は自然体で力み無し。
オケはピリオドでない悠然たるモーツァルト。
指揮は細かく振らず、優しく撫でるかのよう。
この、スダーン監督と異なる方向の、東響の柔和な響きも美しさの極み。
“天国的”という言葉は、こういう状態をさすものでしょうか?

ラーンキさんのアンコールは、モーツァルトの後のモーツァルト(写真の掲示はK.545の誤りのようで、K.454はヴァイオリン・ソナタのようです)。
これは嬉しい!
協奏曲に引き続いて、自然体の、美しいモーツァルトでした。

そして、休憩時間が終わって席に戻ると、舞台上は椅子、椅子、椅子、椅子…。
人数は、前半の5倍くらい?

振り始めこそシナイスキーさんは「前半とは違う」気迫で開始しましたが、音楽が順調に流れ始めると(さすがにモーツァルトとは違いますが)再び、自然体の、力みの無い指揮に…。
こういう細かくない?指揮で、この大編成がまとまってしまう東響のポテンシャルは凄いものがあります。
不気味さとか、異様さとかをあまり感じない、怖くないショスタコーヴィチ。
スッキリとしたサウンドとして構築された印象でした。
サントリーホールの残響の多い空間の中でも、飽和することなく鳴らしたバランス感覚も特筆もの。
あっさり味のショスタコーヴィチになったのは東響の持ち味の音でしょうか?
他の指揮者で既知感あり、です。)
それともシナイスキーさんの音でしょうか?
シナイスキーさん初鑑賞の私にはわかりませんが、両者の相性はかなり良いのではないかと想像しました。

20120915

|

« アルミンク/新日本フィル(2012/9/15) | トップページ | インバル/都響(2012/9/16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/55666971

この記事へのトラックバック一覧です: シナイスキー/東響(2012/9/15):

« アルミンク/新日本フィル(2012/9/15) | トップページ | インバル/都響(2012/9/16) »