« 高関健/都響(2012/9/3) | トップページ | 藤原歌劇団「夢遊病の女」(2012/9/9) »

2012年9月 8日 (土)

藤原歌劇団「夢遊病の女」(2012/9/8)

2012年9月8日(土)15:00
新国立劇場オペラパレス

藤原歌劇団
ベッリーニ:夢遊病の女

あくまでも私個人の感想ですが、高橋薫子さんとマエストロと(と言うことはオケもコーラスも含まれますが)の二人舞台だったよう…。
しかし、そのことになんの不満があろうか!…という満足感!

個人的に前日までの仕事の疲れで第1幕は集中力が持たず、今にも寝落ちそうでしたが、マエストロと高橋薫子さんの素晴らしさは、寝ててもわかります!(うそ)

園田隆一郎さんの指揮する東フィルは、出だしの一部に「ソロが微妙…」にも感じましたが、大きな流れは万全。
流れ出してしまえば、もうマエストロのもの。
ドラマを伴奏する影の主役。

そして、高橋薫子さんが登場して一声出すと、まるでパッと舞台が明るくなったかのよう。
技巧の駆使を聴衆に意識させない美声です。

合唱も、群衆と言って良いくらいのかなりの大人数だったと思いますが、迫力、切れ味ともに、おそらくマエストロの棒に見事に反応していたのではないでしょうか?
そのコーラスの力強いハーモニーの中から高橋薫子さんが声を出してきた時、埋もれることなく、くっきりと浮かび上がる美声!
それは3Dのような。

前半、寝落ちそうに眠かったのに偉そうな感想は言えませんが、高橋薫子さんの声の質と技巧が素晴らし過ぎて、他の歌手の皆さんの健闘も、引き立て役のように感じてしまいました(暴言失礼!)。

演出はよくわかりませんが、オーソドックスなものなのかな。
動きは整理されていたのか、何もしていないのか、私には不明。
舞台装置は写実的?
…と言うよりも、塗り絵っぽく見えてしまったのですが、あえてそうして、おとぎ話の中のように見せたのか、それとも経費節減なのかは、私にはわからず。

ともあれ、私の席は最安席、新国立主催公演ならZ席でしが、この値段で高橋薫子さんの声が聴けて、園田隆一郎マエストロの指揮が聴ければ、何の不満もなし。
二人舞台に拍手!(暴言失礼!)

アミーナ:高橋薫子
エルヴィーノ:小山陽二郎
ロドルフォ伯爵:妻屋秀和
テレーザ:森山京子
リーザ:関真理子
アレッスィオ:和下田大典
公証人:藤原海考

公演監督:岡山廣幸
指揮:園田隆一郎
演出:岩田達宗
合唱指揮:須藤桂司
合唱:藤原歌劇団合唱部
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

201209081

201209082

|

« 高関健/都響(2012/9/3) | トップページ | 藤原歌劇団「夢遊病の女」(2012/9/9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/55609974

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原歌劇団「夢遊病の女」(2012/9/8):

« 高関健/都響(2012/9/3) | トップページ | 藤原歌劇団「夢遊病の女」(2012/9/9) »