« 新国立劇場「トスカ」(2012/11/23) | トップページ | 河村尚子(2012/11/25) »

2012年11月24日 (土)

日生劇場「フィガロの結婚」(2012/11/24)

2012年11月24日(土)14:00
日生劇場

NISSAY OPERA 2012
モーツァルト:フィガロの結婚
(日生劇場開場50周年記念公演)

これは面白い!
カラフルで動きのある楽しい舞台。
読み替えと言うよりは、筋には忠実に、現代風に刺激を付け加えてアレンジした演出でしょうか。
色とりどりの現代の衣装に、照明をも駆使して、視覚効果抜群。

iPadと、そのカメラによって生中継(?)される映像まで背後の壁面(部屋の壁)に映写されます。
そのiPadの画面は、ご丁寧にiOSのホーム画面から始まり、同時中継(風の?)映像にはiOSのカメラ画面のようなマークまで…。

舞台装置はシンプルな小部屋をいくつか有する三階建て。
フィガロはバンドをやっている若者?
手に持つギターはエレキギター?

最初のうちは「この読み替え演出、面白い!」と思って観ていましたが、やがて「あ、これはストーリーは曲げていない」と気がつきました。
確かに衣装は現代、装置はやや抽象的、照明と映像を駆使して刺激的ですが、それは筋を活かしたもの。
字幕の台本は、古来、変わっていませんよね。
(もっとも、字幕に、文字化けのような記号の羅列が一瞬混じったのは、いたずらかな?)

プログラム冊子に「秩序の崩壊」「ソフトがハードを変えていく」というような対談(?)が掲載されていました。
終幕で壁がなくなって骨組みだけ(?)になった建物や、iPadの映像などはそれを表していたのでしょうか。
そういう理屈抜きに面白かったですが。

序曲から幕の前でパフォーマンスを演じた歌手の動きは、(開演直後の緊張のせいか?)最初のうちは多少のぎこちなさも感じましたが、第1幕の中盤くらいになると演出に沿った役になりきった動きに。
それは歌唱も同様。
その高揚に導いたのは広上マエストロの棒。

プログラム冊子にマエストロの言葉として「私のやり方は上演前も喧嘩せず」のような記載がありましたが、刺激的な演出に逆らわず、十分に尊重し、一緒に楽しみ、その上で優美かつハツラツとした音を新日本フィルから引き出し、歌手をもノセる。
懐が深いですね~。
演出に従ったふりをして、最終的に歌手も含めた舞台全体を支配したのはマエストロ。
(プログラム冊子にもそれに近い意味のマエストロの言葉の記載がありました。)
ピリオドでなくても、これだけ楽しいモーツァルトの音が聴ければ、十分に満足です。
(一時期、ピリオド風でないと物足りなく感じる時期もあったのですが、最近はそういう時期は過ぎたようで、最近の私は素直に楽しめます。)

日生劇場のピットは、2階席後方からもマエストロの、音楽が見えるような美しい指揮姿(音に合わせて踊っているのではなく、当然、一呼吸早く動く)が堪能出来ましたが、舞台上も見どころ満載で、どこを見れば良いのか迷うほど。

歌手の皆さんは、比較的小さい空間のためもあったのかもしれませんが、無理しない歌唱で美しい声。
特に新垣さんのスザンナが容姿も声も美しくて魅了されました。
他の皆さんも大半がスリムでスタイル良し。
ビジュアル重視のフィガロの結婚においては、オペラ歌手は太めの時代は終わりましたかね?

指揮:広上淳一
演出:菅尾友    
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

主なキャスト
伯爵:森口賢二
伯爵夫人:田口智子
フィガロ:大山大輔
スザンナ:新垣有希子
ケルビーノ:堀万里絵
マルチェッリーナ:穴澤ゆう子
バルトロ:境信博
バジリオ:寺田宗永
クルツィオ:加茂下稔
アントニオ:大久保光哉
バルバリーナ:全詠玉(チョン・ヨンオギ)
花娘:後藤真美、藤長静佳

合唱:C.ヴィレッジシンガーズ

主なスタッフ
美術:杉山至
照明:吉本有輝子
衣裳:半田悦子
ドラマトゥルグ:長島確
舞台監督:幸泉浩司
演出助手:手塚優子
合唱指揮:田中信昭

201211241

201211242

201211243

201211244

|

« 新国立劇場「トスカ」(2012/11/23) | トップページ | 河村尚子(2012/11/25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/56182296

この記事へのトラックバック一覧です: 日生劇場「フィガロの結婚」(2012/11/24):

« 新国立劇場「トスカ」(2012/11/23) | トップページ | 河村尚子(2012/11/25) »