« ソヒエフ/トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団(2012/12/8) | トップページ | 尾高忠明/読響(2012/12/14) »

2012年12月12日 (水)

ツィメルマン(2012/12/12)

2012年12月12日(水)19:00
すみだトリフォニーホール

ピアノ:クリスチャン・ツィメルマン
(ドビュッシー生誕150年記念)

ドビュッシー:版画より
       1.パゴダ、2.グラナダの夕べ、3.雨の庭
ドビュッシー:前奏曲集第1巻より
       2.帆、12.吟遊詩人、6.雪の上の足跡、
       8.亜麻色の髪の乙女、10.沈める寺、
       7.西風の見たもの
シマノフスキ:9つの前奏曲より
       第1番、第2番、第8番
ショパン:ピアノ・ソナタ第3番

錦糸町で「クリスティアン…」と言うと、普通はアルミンクさまに決まっていますが、この晩は普通ではありません。

前半は凝縮、後半は発散…と言ったら乱暴過ぎるでしょうか?
どちらも内面的であったにせよ…。
後半でホッとしたのも事実ですが、逆に前半の深淵さが懐かしくもなったりして…。

前半は、なんと言うか…。
言葉は無力と言うか…。
深淵なる世界を覗き込まされたような…。
求道者のような、聴いているこちらも修行をしているような、いや、修行と言っても、苦しい修行ではなく、心が洗われる…精神を浄化されるような…。
ひたすら道を極めているかのような禁欲的な印象ですが、内面化一辺倒でもなく、眼前に大伽藍が出現したかのように感じる瞬間も多々あり、目を閉じて聴いていると、ピアノの周りだけ異次元の世界、パワースポットになっているかのような…。

休憩後は前半に比べると音は淀みなく流れ、旋律的な美しさも感じました。
正直、ホッと気が緩んだことは事実です。
それでも外面的きらびやかさとは無縁の禁欲的な演奏に感じたことも事実です。
良い悪いの次元の話しではなく…。
やっぱりショパンの第3楽章の美しさが良かったかな。
第4楽章では、最後は結構、激しい追い込みをかけていた印象もありました。
最後はトリフォニーホールのピアノにも「よく頑張った!」と言いたいくらい。

全体を通してですが、特に前半は、老巨匠のブルックナーの演奏会ような、信者の集会に参加しているような体感。
アンコール無しの終演も、余韻を反芻しながら家路につくことが出来、爽やか。
オケの定期演奏会のような真剣勝負。
十分にチケット代の元は取ったと感じたと同時に、あの時空を経験してしまうと、当分ツィメルマン氏のCDは聴きたくない気持ちです。
もちろん、良い意味で、です。

20121210

|

« ソヒエフ/トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団(2012/12/8) | トップページ | 尾高忠明/読響(2012/12/14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/56307459

この記事へのトラックバック一覧です: ツィメルマン(2012/12/12):

« ソヒエフ/トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団(2012/12/8) | トップページ | 尾高忠明/読響(2012/12/14) »