« 秋山和慶/東響(2012/12/28) | トップページ | 2012年を振り返って(1)総まとめ »

2012年12月28日 (金)

飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2012/12/28)

2012年12月28日(金)19:30
東京文化会館

指揮:飯守泰次郎
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

(第九特別演奏会)
ソプラノ:佐々木典子
メゾ・ソプラノ:小山由美
テノール:望月哲也
バリトン:大沼徹
合唱:東京シティ・フィル・コーア
合唱指揮:藤丸崇浩

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」

飯守マエストロが振れば…の想定通り…ということは、私としてはこれ以上無い!という、今年最後の演奏会。
終わり良ければすべて良し。
それにしても、マエストロが素晴らしいのは当然のこととして、小山由美さん、相当に素晴らしかったのではないでしょうか?

飯守さんが振れば、重心の低い音がズシーンととどろくのは想定内。
想定内ですが、何回聴いても、これは快感以外の何ものでもありません。
編成の大きさからして、ゲスト奏者がそれなりに多いにせよ、長いこと常任を務めたオケとの、あうんの呼吸はさすがです。

あえて言えば、第3楽章の前半の方で、オケの方に、ほっとひと息ての雰囲気が漂ったような気がしたのは、私の気のせいでしょうか?
いや、聴き手の私が、前半の2楽章で圧倒されて、勝手にそう思っただけかもしれません。
もちろん、それは、すぐに解消。
第3楽章後半の旋律の流れは格調高い。
カンブルラン様ノリントン様を聴いた後だと、結構ゆっくり目に感じてしまいましたが…。

第4楽章の声楽は、バリトンの方は、歌い始めは少し緊張されたのかな?
テノールさんの方は、劇的ではありましたけど、少し芝居がかった(という表現が不適切なら、はりきり過ぎの?)ような歌い回しの感も…。
女声のお二人は素晴らしかったと思いました。

特にメゾ・ソプラノの小山由美さん、メゾ・ソプラノ(やアルト)が、こんなにくっきりと聴こえたのは、私は初めてだったかもしれません。
第九だと聴こえにくくありません?(私がP席で聴いていることが多いせいかもしれませんが…)

シティ・フィル・コーアも、オケ附属のコーラスだけあって、音の統一感が素晴らしい。
同じ飯守さん指揮の、ティアラこうとうでの真夏の第九の合唱団も、今年はかなり良かったと思いましたが、やはりシティ・フィル・コーアには一目を置かざるを得ないですかね。

…というわけで、私にとって初の経験の「第九」のハシゴは、前述のように、終わり良ければすべて良しでした。

|

« 秋山和慶/東響(2012/12/28) | トップページ | 2012年を振り返って(1)総まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/56413591

この記事へのトラックバック一覧です: 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2012/12/28):

« 秋山和慶/東響(2012/12/28) | トップページ | 2012年を振り返って(1)総まとめ »