« ハーディング/新日本フィル(2012/12/8) | トップページ | ツィメルマン(2012/12/12) »

2012年12月 8日 (土)

ソヒエフ/トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団(2012/12/8)

2012年12月8日(土)19:30
横浜みなとみらいホール

指揮:トゥガン・ソヒエフ
トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団

バラキレフ(リャプノフ編曲):東洋的幻想曲「イスラメイ」
ストラヴィンスキー:バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)
リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第1番
(アンコール)
ビゼー:「カルメン」前奏曲(アンコール)

アンコール2曲の後、一般参賀。
前半は極彩色に少し引いてしまったのですが、後半は絶妙のニュアンスに音の品位が加わり、文句無しの極上感。
客席は2割くらいの入りとは思えない盛り上がりでした。

一曲目の「イスラメイ」が始まった瞬間…いや、その前のチューニングから、カラフル過ぎる強力な音にちょっとひきました。
いや、面白いんですけど、こんなもん、毎日食べられませんよ、日本人は。
それでも面白いから拍手!しましたけど。

「火の鳥」も極彩色、カラフル、フィラデルフィアをも、マリインスキーをも凌駕する(?)。
もちろん、強気一辺倒ではなく、弱音部の弦楽器のニュアンスは微細でしたし、金管だってコントロールして極彩色の音を出していると思われます。

しかし、私の耳が音に慣れたのか、オケがホールの響きに慣れたのか、休憩後の「シェエラザード」では、前半で感じた「これでもう少し音に品位があれば」という贅沢な思いが完全に払拭される素晴らしい音色に!
これぞ、極上のニュアンスです!

香り立つような極上の音、それがひとたび、打楽器が加わって高揚した時の、音の乱舞のような様は、もう唖然とするしかありません。
最後は音が消えて10秒以上(?)、指揮者がゆっくり手を降ろし終わるまで、静寂が保たれました。

アンコールにスラヴ舞曲第1番と「カルメン」前奏曲。
スラヴ舞曲は最後がちょっと爆演調になった感もありましたが、カルメンは終始高品位で終結。
オケが完全に退場し終わっても拍手は全く小さくならず、マエストロのソロ・カーテンコール1回。

客席はざっと見た感じで、3割入っていなかったのではないでしょうか。
19:30という開演時刻が、わが国では厳しかったのでしょうか。
ゲネプロの時間確保とか、いろいろ理由はあったのでしょう。
19:30という時刻は、綱引きの末の折衷案だったりして。

その19:30開演という、私ですらちょっと躊躇してしまうような時間帯の演奏会に集まった聴衆のマナーは素晴らしかったです。
演奏中に咳をしていたのは、舞台上のハープのおねえさん(頻繁に水分補給)だけだったかもしれません。
先日の東響定期の独唱者エルツェさんも、東条碩夫先生のブログによれば、リサイタルは再び不調だったとのこと。
極東までの長旅、時差、コンディションを維持するのは大変でしょう。
御快癒をお祈り申し上げます。

201212081

201212082

|

« ハーディング/新日本フィル(2012/12/8) | トップページ | ツィメルマン(2012/12/12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/56281130

この記事へのトラックバック一覧です: ソヒエフ/トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団(2012/12/8):

« ハーディング/新日本フィル(2012/12/8) | トップページ | ツィメルマン(2012/12/12) »