« フルシャ/都響(2012/12/15) | トップページ | フルシャ/都響(2012/12/20) »

2012年12月16日 (日)

デュトワ/N響(2012/12/16)

2012年12月16日(日)15:30
Bunkamuraオーチャードホール

指揮:シャルル・デュトワ
NHK交響楽団

(オーチャード定期第72回)
ピアノ:児玉桃

ラヴェル:優雅で感傷的なワルツ
サン・サーンス:ピアノ協奏曲第2番
リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」
チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」
         ~行進曲
(アンコール)

少し荒目の箇所もあったかもしれませんが、その分、迫力のある音を堪能。
前半は眠くなってしまい、桃さんなのにもったいないことをしました。
ちなみに完売だったみたいです。

最初の「優雅で感傷的なワルツ」、昼下がりで眠い上に、超・久しぶりに聴くオーチャードホールの音響に戸惑いました。
デュトワさんなのに洗練された音ではなく、団子状の音に聴こえます。
残響はありますが分解能は高くない(標高と値段は高い)私の席。
半分、うとうとしてたので、偉そうに言えませんが。

サン・サーンスの協奏曲では、桃さんのピアノの音はきれい、かつ、芯のある音に聴こえて一安心。
しかし、またもや睡魔が…。
桃さんなのにもったいない、もったいない。
最後は結構白熱していたと思いますが、残念ながら、うつらうつらとしていたので…。

休憩後のシェエラザードは、ちゃんと覚醒して聴くことが出来ました。
私の席の音響は多少脳内補正が必要にせよ、補正された状態では、かなりの気力、迫力がみなぎる、生演奏ならではの高揚した演奏だったと思います。
ソロを弾いたコンマスは篠崎さん。
チェロは木越さんかな。
演奏終了後、デュトワさんは、篠崎さんだけでなく、木越さんも何度も立たせていました。

正直、磨き上げが完璧ではないのかなぁ…という箇所は少なからずあった要に感じました。
通常のA、B、C定期とはリハーサル日数が違うのかな?
それでも、それを補って余りある、やる気モードのN響の迫力ある音。
もちろんデュトワの指揮姿も気合い入り。

私の席が、前述のようにい、音がやや団子状態に聴こえる音響だったので、めくるめく色彩感は感じられず、モノクロームっぽく感じてしまったのは少し残念でしたが、酷いというほどの劣悪な音でもなく、脳内補正の許容範囲内。
逆に、その、やや団子状態の音は、モノラル録音を聴いているようで、迫力があったりして。

アンコールの「くるみ割り人形」の行進曲では、弦よりも金管がやや前に感じられる私の席の音響にぴったり。
この曲は脳内補正を使わずとも結構楽しめました
。基本、微妙に荒目、でも迫力あり。
そうは言ってもN響はうまいです、本気になれば。

私にとっては超・久しぶりのオーチャードホール。
たぶん2007年のチューリッヒの引越し公演以来だと思います。
少し奮発して3階サイドの席を選んだのですが…。
このホール、どこが良いのでしょうね?
まあ、次に行くのはいつになるかわからないから、どうでもいいですが…。

20121216n

|

« フルシャ/都響(2012/12/15) | トップページ | フルシャ/都響(2012/12/20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/56332880

この記事へのトラックバック一覧です: デュトワ/N響(2012/12/16):

« フルシャ/都響(2012/12/15) | トップページ | フルシャ/都響(2012/12/20) »