« ジンマン/N響(2013/1/11) | トップページ | 大野和士/水戸室内管弦楽団(2013/1/13 »

2013年1月12日 (土)

メッツマッハー/新日本フィル(2013/1/12)

2013年1月12日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:インゴ・メッツマッハー
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第503回定期演奏会)

J.シュトラウスII:ウィーンの森の物語
ヤナーチェク(マッケラス編):歌劇「利口な女狐の物語」組曲
R.シュトラウス:アルプス交響曲

演奏終了直後の答礼からメッツマッハーさんが最初に引っ込んだ瞬間のオケのメンバー、特に管楽器奏者の皆さんのはじけっぷりが、指揮者とオケの良好な関係を物語る?
期待していた音がそこに現れた快感!の演奏会でした。
新日本フィルの音色に抱くイメージと、メッツマッハーさんに期待する音のイメージが結実して生まれたシャープでクリアな音、シンフォニック!
新日本フィルの音造りにピッタリの指揮者、このコンビの未来は明るい!と言って良いのでは?

最初の「ウィーンの森の物語」は、○○編曲(例:シェーンベルク、ショスタコーヴィチ)…と言われても信じてしまいそうなシャープな音。
全然ウィーン的ではありませんが、そのどこが悪い!と言うような芯のある音。
この時点で既に、新日本フィルの音色に合った指揮者ですね、次のシェフ格に迎えたのは大正解かも…という感想が頭の中に浮かぶ。

「利口な女狐の物語」組曲もシャープな音。
この日の演奏会に私が期待していた音がそこにある。
切れ味の良い音は本当に気持ちが良い。

アルプス交響曲も、描写的とか、叙情的な側面を排した、精緻でメリハリのある、くっきりとした音。
大編成を精巧に操っているなで、スッキリと言って良いのかわかりませんが、余計な贅肉をそぎ落とした、骨格から小骨に至るまで透視したような見晴らしの良さ。
その精巧な音の固まりが、最強奏でも分解能高く高らかに響き渡る様は快感としか言いようがありません。
(何度も快感、快感と書いてすみません、語彙不足です。)
純器楽曲として構築、演奏され、「ばらの騎士」の片鱗も感じさせないようなこの演奏は、この方向での究極の完成度と言うべきではないでしょうか。

就任発表後の最初のメッツマッハーさんの客演。
オケの皆さんは、既に大歓迎と見ました。

|

« ジンマン/N響(2013/1/11) | トップページ | 大野和士/水戸室内管弦楽団(2013/1/13 »

コメント

見事なアルプス交響曲でしたね。彫りが深く、描写もいきいきと且つ丁寧で、聴きごたえ十分。新日フィルとメッツマッハ―氏の相性は良さそうで、今後も楽しみです。もっと攻撃的(?)な曲目も聴いてみたい気がします。

投稿: 黒猫 | 2013年1月15日 (火) 21時30分

黒猫さま
おっしゃる通り、相性の良さは本当に嬉しい限りで、あんな(良いときの)新日本フィルらしい音は、本当に久しぶりに聴いたような気がします。
2人体制の後任人事は折衷案の側面があるにせよ、偉大なる折衷案、現時点でこれ以上望めない折衷案だと、嬉しくなりました。

投稿: 稲毛海岸 | 2013年1月15日 (火) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/56525434

この記事へのトラックバック一覧です: メッツマッハー/新日本フィル(2013/1/12):

« ジンマン/N響(2013/1/11) | トップページ | 大野和士/水戸室内管弦楽団(2013/1/13 »