« 大野和士/読響(2013/1/8) | トップページ | メッツマッハー/新日本フィル(2013/1/12) »

2013年1月11日 (金)

ジンマン/N響(2013/1/11)

2013年1月11日(金)19:00
NHKホール

指揮:デーヴィッド・ジンマン
NHK交響楽団

(第1745回定期公演 Cプログラム)

マーラー:交響曲第7番「夜の歌」

なんか、取り残された感…。
オケが音を消化不良のように感じてしまったのは私だけ?
鳴らして、音を並べてはいるのだけれど、有機的な融合にまで至っていないような…。
ジンマン氏のマーラーはそんな造りだよと言われればそれまでですが…。

指揮者の名前からして、それなりに期待して聴きに行ったのですが、
(平日の夜にNHKホールへ行くことなど、私はめったにありません)
どうも私とは相性が良くない演奏会でした。
時々、一部の金管が頼りない音を出すのは目をつぶったとしても、違和感はそれだけでは…。

この曲、10年くらい前は「難しい曲」と言われていたような気もしますが、近年では、在京オケでも、神奈川フィルでも、違和感のない素晴らしい演奏を堪能する機会に恵まれ、そんなことは忘れていました。
しかし、今夜は、それを思い出させてもらいました。

ジンマン氏のマーラーが、のたうちまわるような濃いマーラーでないことは承知していたつもりです。
でも、こんな音ですかね?
マーラー全集のCDを出しているジンマン氏が消化不良なわけは…。
と言うことは…。

ちなみに私が聴いた場所は、B席、1階前方壁ぎわ。
NHKホールの中ではまともに聴こえる場所のはず…。
いや、物理的な音はそれなりに来てましたよ。
でも、なんか、オケの皆さんが、この曲を「良い曲だ」と思っていないで演奏しているかのような…。

これ以上書くと気持ちが高ぶってさらに暴言を吐きそうなのでもうやめますが、オケのこの曲の演奏経験はどれくらいなのでしょう?
2日目の明日は修正されて良くなる可能性はあるにせよ、一聴衆の私にとっては一期一会。
別の予定もありますし、確かめに行くことは出来ません。

マーラーの7番と言うと、ムジークフェラインで聴いたヤンソンス/バイエルンは別格としても、飯守泰次郎/東京シティ・フィル、セゲルスタム/読響、金聖響/神奈川フィル…と、結構良い思い出が多かったのですが…。

帰宅してすぐ、ジンマン/チューリッヒのマーラーの7番のCDを聴き始めましたが、この透明感が、この透明感が、この透明感が、この透明感が、…。
全然違う、生よりCDの方が…、そんな…。

重ね重ねの暴言、御容赦を。
たまたま私の精神状態が、相性が悪かっただけと信じたいです。

|

« 大野和士/読響(2013/1/8) | トップページ | メッツマッハー/新日本フィル(2013/1/12) »

コメント

全く同感です。ただ音にしただけ。辛うじてブーイングを抑えました。

投稿: hiro | 2013年1月12日 (土) 10時59分

hiroさま
ご賛同ありがとうございました。
私だけではなくてちょっと安堵しました。

投稿: 稲毛海岸 | 2013年1月12日 (土) 12時13分

終演後の聴衆の反応を見ていて、特別変わったところがなかったので、皆さん本当に心から拍手をしているんだろうか、と疑問に思い、批評はないかとネットで検索したらここにたどり着きました。
私は音楽のプロではないので、演奏の良し悪しをあまり評価しないようにしていますが、さすがに昨日の演奏にはついなにか一言、言いたくなってしまいました。

私は解釈云々よりも、トランペットのあまりの不調さに、途中こけそうになってしまいました。
これも、人によって許容範囲は違うと思いますが、残念ながら昨日は私の許容を超えてました、、、

私にとっては初のN響でしたので残念でなりません。
(ホームグラウンドは名古屋なのでいつも名フィルです。)
今日はうまくいてるでしょうか、、、

投稿: nabe | 2013年1月12日 (土) 17時06分

nabeさま
目にとめていただき、ありがとうございます。
初のN響で運が悪すぎるくらいの残念な出会い、言葉もございません。
当日の演奏会でも、マーラーの大曲が終わった後にしてはブラボーの声がほとんど聞こえなかったので「もしかしたら?」と思いましたが、やはりTwitter上では、結構不満に感じた方の声が多かったようです。

ところで、普段は名フィルをお聴きとのこと。ブラビンズさんは都響で聴いて「ぜひ再登場を!」と思っていました。機会があれば(いつになるかわかりませんが)、名古屋まで聴きに行きたいと思っております。

投稿: 稲毛海岸 | 2013年1月12日 (土) 20時09分

はじめまして。本日のCプロ2日目を聴いた者です。
第1トランペット奏者は,不調でした。ブーイングが飛んでいました(2日目だけではなかった,と知って,びっくりしています。)。ただ,全体としては,楽しい音楽に仕上がっていたと思います。

投稿: たぬき | 2013年1月12日 (土) 20時19分

たぬき様
2日目の様子をお教えいただき、ありがとうございました。
残念ながら私は、1日目の印象を抱いたまま過ごすしかありませんが、たぬき様が、一部の奏者はともかく、全般的には楽しまれたとのこと、何よりです。

投稿: 稲毛海岸 | 2013年1月12日 (土) 20時36分

レスありがとうございます。

そうですか、今日も不調でしたか、、、、
自分でも意外な心境ですが、そうならないことを心底願ってたんですけど、、、

話変わって、私はマーラーの7番をホールで聴くのは今回で2回目なんですよねー。東京でも7番の演奏は少ない方だと思いますが、名古屋ではアマチュア入れてもここ10年では片手ですむくらい(3回?)だと思います。

初めて聞いたのは9年前。演奏はもちろん名フィルで指揮は当時常任指揮者だった沼尻さんです。
めちゃくちゃ盛り上がった(会場も自分の気持ちも)のと、ギターとマンドリンが4楽章意外手持無沙汰にしてた(指揮者の横にフューチャーしたため)、ということをよく覚えてます。

次に7番聴けるのいつのことになるやら(結構好きな曲なのに)、、、

やっぱり、東京は羨ましいですなー。
一方、いくらお金があっても足りなるでしょうね。

投稿: nabe | 2013年1月13日 (日) 00時16分

nabeさま
東京圏から日帰りで行ける所まで対象にすると、さらにお金がいくらあっても足りません。(^_^;)
確かに、東京圏はめちゃくちゃ恵まれていて、取捨選択に困ることもしばしばですが、ブラビンズが名古屋へ行ってしまった悔しさ(すみません!隣の芝生は…)は、名古屋遠征に気持ちを駆り立てるものがございます。(^^ゞ

投稿: 稲毛海岸 | 2013年1月14日 (月) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/56519377

この記事へのトラックバック一覧です: ジンマン/N響(2013/1/11):

« 大野和士/読響(2013/1/8) | トップページ | メッツマッハー/新日本フィル(2013/1/12) »