« ハウシルト/新日本フィル(2013/2/9) | トップページ | スダーン/東響(2013/2/10) »

2013年2月10日 (日)

サロネン/フィルハーモニア管弦楽団(2013/2/10)

2013年02月10日(日)14:00
東京芸術劇場コンサートホール

指揮:エサ=ペッカ・サロネン
管弦楽:フィルハーモニア管弦楽団

ヴァイオリン:諏訪内晶子

シベリウス:交響詩「ポホヨラの娘」
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」

前半で驚いていたら、後半は(当然)さらに凄く、空いた口がふさがりません。
多層的でありながら、なおかつ均質的な驚異のスーパーサウンド。
サロネン様のソロカーテンコールは2回でした。

まず、シベリウスの「ポホヨラの娘」、この、私にはあまり馴染みのない曲が、予想外に良かったです。
こんなに面白い曲でしたっけ?
もちろんサロネン様の手による明瞭な面白さなでしょうが、消え入るような微弱音と研ぎ澄まされた音から、意味ありげに響く強奏まで、音の変化(へんげ)を楽しませていただきました。

一曲目の「ポホヨラの娘」を聴いて、後半がシベリウスの交響曲でないのが残念になったくらいです。
でも、我に返れば、次は交響曲ではないですが、シベリウスのVn協奏曲!
嬉しい!
そして、これがまた、ヴァイオリンもオケも、目の覚めるような演奏でした。

切れ味だとか、スケールの大きさだとか、月並みな言葉で表現出来ない多層的、多次元的な不思議なサウンド。
サロネン様の頭の中は、ブーレーズ爺みたいに23世紀の人類の仕様になっているのでしょうか?

諏訪内さんもオケに全く譲らず…なのか、諏訪内さんに引っ張られてオケもやる気を出したのかは私にはわかりませんが、ソロは自在に動き回り、オケはうねり、両者ともに素晴らしい出来。
そして、諏訪内さん、サロネンと同質の音を持っているかもしれないと感じました。
前半が終わった時点で、拍手も、休憩時間のロビーの熱気も、かなりのものがありました。

「ポホヨラの娘」でサロネン様のシベリウスの交響曲を聴きたくなり、それを癒やすはずのヴァイオリン協奏曲でさらにその思いを増幅され…。
それでも後半の、ストラヴィンスキーの春の祭典という演目に不満があるはずもなく、驚異のスーパーサウンドに唖然、茫然。
(語彙枯渇、同じ言葉の使い回し、失礼!)

作為的なことは…。
結構やっているのだと思うのですが、そのひとつひとつに「なぜ?」という疑問が全く生じない。
強烈な加速は芸劇の残響が消える前で、その変化点がマスクされてしまったりもしましたが、聴き手の脳内補正の範囲内で無問題。

始まって数分間で、これは凄いことになると確信し、その通りで、それでも驚く、驚く、驚く。
分析的に味わっているような余裕はなく、あっという間に数十分が通り過ぎていきました。
あとに残るは、興奮と、感謝と…。

サロネン様のソロカーテンコールは2回。

全席完売とのことで、大入りの会場。
舞台後方のオルガンの前の反響板はおろし、舞台上方の反響板も、結構低い位置までおろされていました。

買えた席は芸劇では比較的良い思い出の多い席でしたので、音が混濁せずに明瞭に聴こえました。
当初、狙った席が買えず、急きょ某プレイガイドの有料会員になって買った席です。
その年会費分は十分に元が取れました。

そうそう、演奏も凄かったですが、客席も休日マチネとは思えない集中力。
春の祭典での残響が消える前の拍手も極少数。

個人的に、睡眠が浅めだったため、体調が今ひとつで、集中力が十分ではなかったのですが、それでもこんな演奏をされたら寝てなどいられません。
そして、…。
チケットを買ったのが最終日で良かった!
…追加の散財をしなくて済みます!

20130210

|

« ハウシルト/新日本フィル(2013/2/9) | トップページ | スダーン/東響(2013/2/10) »

コメント

私もコンサート聞きました。サロネンは数年前のLAPOとのドビュッシーなどをメインとしたコンサートも評価が高かったようですが、今回のフィルハーモニア管との演奏はそれ以上に素晴らしいと思います。私は8日のマーラーも聞いたのですが、それがまた凄かった。サロネンはちょうど30年前にMTTの代役でフィルハーモニア管を振り、マーラーの3番で鮮烈なイギリスデビューをしたそうですが、その時を再現したかのような凄演でした。オケの上手さというのはffではなく、pppなどの最弱音における表現力かと思いますが、サロネンは完全にフィルハーモニ管と一体となってこのpppを再現していましたし、fffなど全強奏になっても決して煩くならず、どこまでもシャープで、フィルハーモニア管がこんなに上手いオケとは思わず感心した次第です。

投稿: りゅうたろう | 2013年2月12日 (火) 10時30分

はじめまして。私も聴きました。全体的には満足したのですが、サロネンとフィルハーモニアでハルサイといえば、どうしてもあの89年の超絶演奏の再現を期待してしまうのです。20年以上前の録音と同じ演奏を期待するのは無理がありますが、それくらいあの録音は私にとって究極の演奏です。とはいえ、あの録音といちいち比べなければ満足できるものでした。あまり期待していなかった(失礼)シベリウスのコンチェルトが良かったです。ただソロに比べちょっとオケが重いというか付いていけていないような気がしました。諏訪内さんのクールビューティーとパッションのバランスが素晴らしく、予想以上にノリノリで弾いていたので、指揮者もオケもビタッと張り付いていってほしかったです。あとは席(LBの真ん中へん)のせいか、ビオラ以上の弦が殆ど聴こえなかったのが残念でした。芸劇超久々なので良く分かりませんが。とはいえ、同じ組み合わせで似たような演目があればまた足を運ぶと思います。

投稿: KN | 2013年2月13日 (水) 00時59分

りゅうたろう様
コメントありがとうございます。
マーラーも聴かれたとのことでうらやましい。
今回の東京エリアでの演奏会は、微妙に曲目が変えてあって、全部聴きたかったのですが、お財布の都合で泣く泣くひとつに絞りました。
でも、聴けて良かった!と思いました。

投稿: 稲毛海岸 | 2013年2月13日 (水) 07時11分

KN様
コメントありがとうございます。
過去に究極の名演の思い出をお持ちということは、確かに聴く耳が厳しめに行きますね。
それでもKN様が全体的には満足ということは、今回もそれなりに凄い演奏だったものと拝察いたしました。

投稿: 稲毛海岸 | 2013年2月13日 (水) 07時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/56738543

この記事へのトラックバック一覧です: サロネン/フィルハーモニア管弦楽団(2013/2/10):

« ハウシルト/新日本フィル(2013/2/9) | トップページ | スダーン/東響(2013/2/10) »