« サロネン/フィルハーモニア管弦楽団(2013/2/10) | トップページ | ライナー・ホーネック/読響(2013/2/11) »

2013年2月10日 (日)

スダーン/東響(2013/2/10)

2013年2月10日(日)19:00
横浜みなとみらいホール

指揮:ユベール・スダーン
東京交響楽団

(川崎定期演奏会第39回)
コントラルト:ナタリー・シュトゥッツマン

マーラー:歌曲集「亡き子をしのぶ歌」
フォーレ:組曲「ペレアスとメリザンド」
ドビュッシー:交響詩「海」
ワーグナー:ヴェーゼンドンクの5つの詩~夢
(アンコール)

私が東響川崎定期をみなとみらいで聴くのは今回が最初(で最後)です。
出だしで、聴き慣れた東響の音とはだいぶ違う雰囲気に感じられ、ホールの違い?と思ったのですが、すぐにいつもの東響に近いハーモニーへ。
気のせいかな?
新国立のピットのハードスケジュールの合間の定期ですが、その影響がどれくらいあったのかは、門外漢の私には不明。
でも、少なくとも流れ出してからは無問題と言って良いでしょう。
スダーン監督の導く音は優しく、慈しむように美しい。

私の席は例によって声を聴くにはハンディのある席でしたが、それでも十分に美しい。
拍手に応える様子から見ても、自身の歌唱も、バックのオケにも、大いに満足されていた様子に見えました。

短い前半の後、すぐに休憩で、後半はフォーレとドビュッシー。
フォーレはもちろん、ドビュッシーですら、スダーン監督の引き出すオケの音には、優しさがあります。
決して複雑化せず、がなりたてず、優美の極み。
もちろん、やわな音ではありませんが…。

新国立「タンホイザー」「愛の妙薬」、定期と短期間に聴くと、東響のデフォルトのサウンドだと思いこんでいた音は、(100%でないにせよ)実はスダーン監督のサウンドであったことに気がつきます。
ドビュッシーの海が、20世紀音楽の予兆のような複雑な曲ではなく、太筆で丁寧に描いたような演奏で、19世紀音楽の末えいのように聴こえたのは逆に発見でした。
プログラム冊子によれば、フォーレが1898-9年の作曲、ドビュッシーが1903-5年の作曲とのことです。

アンコールを紹介するスダーン監督のスピーチは、私の英語力ではほとんど聞き取れませんでしたが、このアンコール曲も、やはり、優しく、優しく、…。

新国立のピットとのハードスケジュールをあまり感じさせない定期。
東響の皆さん、ウィーン国立歌劇場管弦楽団のようなスケジュール、お疲れさまでした。

20130210_2

|

« サロネン/フィルハーモニア管弦楽団(2013/2/10) | トップページ | ライナー・ホーネック/読響(2013/2/11) »

コメント

ついにきましたね。ハシゴsmile

投稿: oyamanoneko | 2013年2月13日 (水) 10時43分

oyamanonekoさま
よくチェックされてますこと!(⌒-⌒; )

投稿: 稲毛海岸 | 2013年2月13日 (水) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/56738674

この記事へのトラックバック一覧です: スダーン/東響(2013/2/10):

« サロネン/フィルハーモニア管弦楽団(2013/2/10) | トップページ | ライナー・ホーネック/読響(2013/2/11) »