« ラザレフ/日フィル(2013/2/2) | トップページ | ハウシルト/新日本フィル(2013/2/9) »

2013年2月 3日 (日)

新国立「愛の妙薬」(2013/2/3)

2013年2月3日(日)14:00
新国立劇場

ドニゼッティ:愛の妙薬

もちろんシラグーザさんは素晴らしいですが、シラグーザさんの独り舞台でなかったのがさらに嬉しい公演でした。

初日のシラグーザさんの評判が、あまり好調でないといううわさもあって、どんなものかと思いましたが、私としては今日のレベルなら文句無し。
いや、恐れ多くてシラグーザさんを論評など出来ません。
声のパワーもさることながら、劇場全体に木管楽器の音色のように響き渡る声の美しさは、やっぱりシラグーザさん目当て(だけでないにせよ)で足を運んで正解でした。

シラグーザさん以外の歌手も、少数精鋭だけあって、対等に絡みます。
新国立のコーラスのパワーと美しさは、いつものこととは言え、素晴らしい。
ピットの東響はハードスケジュール(タンホイザーに加えて、もうすぐ定期)お疲れ様でございますが、私の期待レベルでは、危惧は杞憂に終わったと言って良いでしょうか。

確かにオケの音は、浅め、軽め、だったかもしれません。
出だしの前奏曲だけは痩せた響き…のやや違和感が強かったのですが、尻上がりに調子を上げて、スリムさを長所にしてスピーディーに旋律を奏でる。
4階席のピットが見えない席で聴いていると、歌手とコーラスに引っ張られて…と一瞬錯覚しましたが、想像するに、東響がマエストロの棒に慣れて来たのもあったのでしょうか。
第2幕の終盤などは、アリアへの合いの手などの音色も、なかなか「らしい」ものになっていたと思いましたし、特に第2幕の最後の方は、軽妙で結構良かったのではないでしょうか。

リエヴさん演出の舞台は、本を模した装置が入れ替わり立ち替わり面白く使われ、飛行機まで登場し、カラフルで視覚効果が楽しい。
私はこういう「目の御馳走」のような舞台は最近は好きになりました。
プレミエの時も「これは楽しい!」と私は気に大いに入ったのですが、その時の評論家の先生の新聞評などでは、ウケは今ひとつだったような記憶があります。
(プレミエの時の会場アンケートに、トーキョー・リングに迫るような新国立の財産が増えましたね、というようなことを書いたくらいなのですが。)

もっとも月日が経つと私の記憶も相当に風化しているようで、今回も新鮮な気持ちで、まるで初めて観るかのような気持ちで観る場面の方が多かったです。
プレミエの時は気がつかなかったのですが、透き通っているスクリーンが、照明を変更して反射を操作してしるのか、瞬時に模様が現れて背景の舞台が隠れる仕掛けは、キンドルなどの電子書籍端末を模したものでしょうか?
(プレミエの頃は、液晶方式ではない電子ペーパー方式のキンドルは、日本国内向けには発売されていなかったので、キンドルの電源オフ時の画面のことは、全く知りませんでした。)
違いますかね?

もちろんシラグーザさんのアリアは、あの数分間だけでもチケットを買って良かった!と思わせるものでしたが、それだけでない総合力で、好印象の公演でした。
終演後の客席で、尾高さんによる来季の演目の説明会がありましたが、尾高さんは話題を遮って、最初に今日の上演の話しから始めたくらいです。

スタッフ
【指揮】ジュリアン・サレムクール
【演出】チェーザレ・リエヴィ
【美術】ルイジ・ペーレゴ
【衣裳】マリーナ・ルクサルド
【照明】立田雄士

キャスト
【アディーナ】ニコル・キャベル
【ネモリーノ】アントニーノ・シラグーザ
【ベルコーレ】成田博之
【ドゥルカマーラ】レナート・ジローラミ
【ジャンネッタ】九嶋香奈枝

【合唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京交響楽団

20130203

|

« ラザレフ/日フィル(2013/2/2) | トップページ | ハウシルト/新日本フィル(2013/2/9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/56690138

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立「愛の妙薬」(2013/2/3):

« ラザレフ/日フィル(2013/2/2) | トップページ | ハウシルト/新日本フィル(2013/2/9) »