« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2013/2/21) | トップページ | ハイティンク/ロンドン響(2013/3/10) »

2013年2月23日 (土)

準・メルクル/N響(2013/2/23)

2013年2月23日(土)14:00
横浜みなとみらいホール

指揮:準・メルクル
NHK交響楽団

(横浜定期演奏会)
ピアノ:ヘルベルト・シュフ

リスト:交響詩「レ・プレリュード」
リスト:ピアノ協奏曲第1番
リスト:ラ・カンパネラ
(アンコール)
サン・サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」

演奏会冒頭は混沌とした響きに感じられて一瞬戸惑いましたが、協奏曲以降はソロもオケも文句無しでした。

が、1曲目の「レ・プレリュード」の混沌とした響き(の印象)、あれは何だったのでしょう?
私の気のせい?
旋律の輪郭が明瞭でなく、何が鳴っているのかよくわかりませんでした。
この日の私の席は音響軽視、視覚重視の席だったので、そのせいかとも思いましたが、混沌とした印象は次第に解消されていった(ように感じられた)ので、何だったのでしょう?という感想になりました。

2曲目の協奏曲では、オケの音は見違えるように切れ味が良くなり、スケール感も炸裂。
独奏のヘルベルト・シュフさんは、多彩な音のパレットを駆使しつつ、切れ味も迫力も、微細なニュアンスも兼ね備えた名人芸。
これは素晴らしい協奏(競争)曲の演奏です。

シュフさんの協奏曲の後のアンコールは「お約束の選曲」かもしれないが、これが本編の協奏曲に勝るとも劣らない超絶技巧。
それも「超絶技巧を感じさせない」超絶技巧、名人芸(←語彙枯渇、ご容赦!)。
さすがのN響の皆さんも、もしかして唖然として見守っていましたかね?

後半の「オルガン付き」では、みなとみらいのオルガンの音色が美しいことは知っていたつもりでしたが、いざ耳にすると、やっぱり耳がとろけるような優しい美しさ。
そしてオルガンだけが突出せずに、オケと完全融合して響いたその音響はお見事!

定期では小さな事故があったと伺っていますが、休憩時間や、出番が来る前の第1楽章の演奏中も、ピアノのおねえさんが鍵盤の上で(音は出さずに手を少し浮かせて)しきりに練習しているのを見て、かえってこちらが不安に…。
しかし実際には、第2楽章前半も、後半も、ピアノが絡む場面は(素人耳には)破綻なく順調に通過した模様。
第1楽章後半のオルガンがしっとりと鳴るべきところで一瞬、かん高い音が出たような気がしたけど、私の気のせいですかね?
まあ、そんなことは些細なこと。
徹頭徹尾、完璧ではなかったかもしれませんが、全般的には、それを補ってあまりある、お仕事モードではない気合いの入った演奏で、満足度高し。
メルクルさんには完全服従でついていくんですね、N響さんも。

…というわけで、演奏会冒頭を除けば、私の席の音響のハンディは脳内補正回路で無問題。
ただ、いつものことではありますが、N響の皆さんの能面のような無表情さは、私はちょっとこわいです。
ましてや、この日は、視覚重視の席だったので、全く笑っていない目線も見えて、結構こわかったです。

さらには、協奏曲の前のチューニングで、コンマスの篠崎さんがピアノを鳴らすのを忘れてオーボエに合図して、茂木さんに指で「ピアノ鳴らしてね」みたいに軽く注意されたりする場面も見ることが出来て、ちょっと面白かったですが、両者とも目は笑っていなかったような気も…。

なお、私事ですが、この日は、みなとみらいでこの演奏会を鑑賞した後、ハシゴして高崎へ行き、群馬交響楽団の定期演奏会を鑑賞する予定でした。
しかし、新幹線が本庄早稲田駅を出発したときに、父が倒れて救急搬送されたとの知らせを受け、高崎駅到着の約10分後には、上りの新幹線に乗車しました。
病院に着いたときには父の意識はすでになく、翌朝、息を引き取りました。
私は、このみなとみらいでの演奏会と、聴けなかった群響定期を、おそらく一生忘れることはないでしょう。

そういうわけで、演奏会鑑賞を、2週間ほどお休みしました。

20130223n

|

« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2013/2/21) | トップページ | ハイティンク/ロンドン響(2013/3/10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/56928347

この記事へのトラックバック一覧です: 準・メルクル/N響(2013/2/23):

« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2013/2/21) | トップページ | ハイティンク/ロンドン響(2013/3/10) »