« リットン/都響(2013/3/22) | トップページ | ブリュッヘン/18世紀オーケストラ(2013/4/4) »

2013年3月30日 (土)

新国立「アイーダ」(2013/3/30)

2013年3月30日(土)14:00
新国立劇場

ヴェルディ:アイーダ

ミーハーと言われようが、2回観に行ったと笑われようが、観たいものは観たいのであります。
すみません。
豪華絢爛という言葉はこの舞台のためにあるようなもの。
贅沢ですねー。
こんな贅沢していていいんですかねー。
この日は私にしては高価な方の席だったのですが、舞台にかかっているコストを思えば安いもの?

私にはオペラ上演のコストを見積もるスキルはありませんが、莫大な労務費、材料費、業務委託費、…、いったいいくらかかっているのでしょう?
上演すればするほど赤字…ですよね?
スポンサー様のおかげですねー。
ところで、あの舞台装置の費目は、消耗品費?それとも減価償却費?
贅沢ですねー。

物量作戦の大勝利!
文句の「も」の字もありませんです。

このプロダクション、私は3回目の鑑賞。
今シーズン2回目。
METの上演のDVDとかで見るのとは大違いの、生の舞台の圧倒的な物量作戦は、ため息が出るほど素晴らしい。
「読み替えでなくても文句あるか!」と言うような舞台は、ヤンソンスやティーレマンの「ピリオドスタイルでなくても文句あるか!」というようなベートーヴェンのよう(あ、違いますかね…)。

カーテンコールに応える歌手の皆さんも本当に嬉しそう。
へんてこな装置で、現代風の服を着て演じるオペラと違って、頭で考えなくとも、本能で演じられるこのプロダクションは、きっと、歌って演じていて、快感だったのではないでしょうか。
有無を言わさぬ視覚効果の前には、歌手の皆さんのかなり太めの体型なども無問題?
いや、むしろ、肉体的にもボリューム満点で、豪華な演出の狙い通り?

あえて重箱の隅を突けば(文句なし!と言ったのにすみません)、第4幕第1場の最後で巨大な墓石を持ち上げる仕草を、もう少し重そうに演技しても良かったのでは?とか、第1、第2、第4幕に比べ、第3幕の舞台装置がやけに貧相(それでも、通常の上演なら普通のレベルでしょうが)に感じられたり…。
いや、その程度なんですよ、文句をつけるとしても。
本物の馬を、あれだけの瞬間のために連れてくるのは、コスト意識がなさすぎるのでは?という心配は、私がすることではありません…。

歌手はアイーダが最初から最後まで全力投球。
多少荒削りに感じる場面もあったような気もしますが、それを補って余りあるハイボルテージ。
第2幕第2場で、大群衆のコーラスの中からくっきりと声が浮かび上がったのには驚嘆。
なかなか生の上演では、ああはいかないのではないでしょうか。

ラダメスとアムネリスは、前半も手抜きというようなレベルではなかったと思いますが、おそらくピークを後半の第3幕、第4幕に持ってくるようにペース配分したのでは?
このオペラの本当の主人公はアムネリス…と言って良いくらいの葛藤、激情、嘆き…。
毅然としているけれど、でも、実に非情で、冷たいラダメス…。
なんだか、アムネリスの味方をしたくなってきます。

新国立劇場合唱団が素晴らしいのはいつものことではありまするが、声を張り上げる時だけでなく、小さな声のハーモニーの時でさえも、会場全体にしっとりと響き渡らせる手腕、うまさは驚嘆以外の何物でもありません。
物陰で歌う場面でさえも、おそらく会場と舞台装置の音響効果を把握して、最も効果的なように歌ったのではないでしょうか。
ホームグラウンドの強み!
(サントリーホールとかにビジターで行っても強いんですけどね。)

指揮者が若くて経験不足なのかどうかは私は存じ上げませんが、この壮大な大群衆を含む舞台を破綻なく…、いや、品位を保ちながら高揚に導くのは、素人には出来ない仕事でしょう。
私には、マエストロが音楽に合わせて踊っていただけとは、とても思えませんでした。

ハードスケジュールには慣れている東響であっても、定期演奏会(それも嘆きの歌)を挟み、明日は川崎名曲という中でのピット、お疲れ様でした。
最終日ということもあって、練れてきたこともあったのかもしれませんが、ピットの演奏にも、私としては文句無し。
特に木管楽器のソロが美しい!

「ゼッフィレッリさんの」アイーダ、当初、何回観ようと企てたかは内緒です。
個人的な事情により、結局、Z席抽選も不参加で、元々買ってあった2公演の鑑賞になりましたが、“間引き運転中”なのに、2公演とも“間引かない”方にしました。
1回目はZ席のすぐ隣のD席での鑑賞で、個人的に(劇場外の世俗的なことで)雑念がある中での鑑賞だったのですが、この日は集中して楽しめて、めでたしめでたし。
2公演買っておいて良かったです。

スタッフ
【指揮】ミヒャエル・ギュットラー
【演出・美術・衣裳】フランコ・ゼッフィレッリ
【照明】奥畑康夫
【振付】石井清子

キャスト
【アイーダ】ラトニア・ムーア
【ラダメス】カルロ・ヴェントレ
【アムネリス】マリアンネ・コルネッティ
【アモナズロ】堀内康雄
【ランフィス】妻屋秀和
【エジプト国王】平野和
【伝令】樋口達哉
【巫女】半田美和子

【合唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京交響楽団

201303301

201303302

|

« リットン/都響(2013/3/22) | トップページ | ブリュッヘン/18世紀オーケストラ(2013/4/4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/57069323

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立「アイーダ」(2013/3/30):

« リットン/都響(2013/3/22) | トップページ | ブリュッヘン/18世紀オーケストラ(2013/4/4) »