« カンブルラン/読響(2013/3/20) | トップページ | リットン/都響(2013/3/22) »

2013年3月20日 (水)

イ・ヨンチル/N響(2013/3/20)

2013年3月20日(水)16:00
市川市文化会館

指揮:イ・ヨンチル
NHK交響楽団

(NHK交響楽団 in ICHIKAWA)

チャイコフスキー:「エフゲニー・オネーギン」からポロネーズ
チャイコフスキー:弦楽セレナード
チャイコフスキー:交響曲第5番
バッハ:G線上のアリア
(アンコール)

N響の「地方巡業」はどんなものか…と思って足を運んだのですが、手抜きなし、気合いの入った演奏に大満足。
うまくいかなかったときの定期公演より良かったりして(暴言失礼!)。
スヴェトラーノフに匹敵するなどとは言いませんが、十分に高揚し、なかなか満足度の高い演奏でした。

諸々のことで疲労感があったので鑑賞は自粛しようかな…と思ったのですが、電車の中で爆睡したら少し元気が戻ったので「駄目なら(←演奏が、ではなく、自分の体調が)、途中で帰ろう」と、聴きに行きました。
結果的に最後まで居ました。

まずは「エフゲニー・オネーギン」のポロネーズで小手調べですが、さすがは紅白歌合戦ホールで鳴らしているN響、残響の少ない多目的ホールの鳴らし方を心得ている?
もっとも、私は結構前方の席に座ったので、後方でどう聞こえたかは不明です。

弦楽セレナードは、たぶん14型くらいの編成。
これが次第に興が乗り、高揚して行く、なかなかのスリリングな演奏。
イ・ヨンチルさんの指揮は、全てを細かく振るのではなく、随所で奏者に任せ、しかし身体を揺すって表情付けをします。

想像するに、うるさ方のN響の面々には、適度な放任と、適度な方向付けが、演奏していて心地良かったのではないかと思いました。
オケの皆さんも、身体を揺らしての熱演。
演奏終了後、木越さんが大汗を拭っていたほどです。

前半の弦楽セレナードが弦楽合奏だけでかなりの高揚になったので、後半の交響曲第5番では、最初のうち、弦楽合奏と管楽器に微妙な温度差があったような気もしましたが、次第にアンサンブルは融合し、イ・ヨンチルさんの身体の揺すりの術中に。

もちろん、イ・ヨンチルさんの指揮は、要所要所はきちんと振っており、微妙なためとかも結構あるのですが、大枠での方向付け、身体を揺すっての鼓舞、顔面を駆使しての表情付けが、あのN響を目指す方向に導くことが出来たのではないでしょうか。

もちろん、定期公演と同じ時間のリハーサルをしたら、細部の仕上げがさらに…という箇所は散見されましたが、そのことが演奏の価値を下げるものではありませんし、限られた時間で仕上げ、本番で導いたことをたたえるべきでしょう。

アンコールがバッハだったのはちょっとだけ驚きましたが、これがまた、涙が出そうになるくらい、愛おしい演奏。
定期公演の大物指揮者と張り合うにはまだ若いとは言え、イ・ヨンチルさんの音楽センス、素晴らしいと思いました。

なお、大ホールホワイエにてN響メンバーによるウェルカムコンサートがありましたが、私がホールに着いた時は、すでに演奏終盤。
後ろの方でノイズ混じりに聴きましたが、これがまた、なかなかのウキウキするような演奏。
最初から聴けば良かった…。
(…と、体調不十分だったことを忘れる…。)
N響メンバーの何人かも、燕尾服姿で、後ろの方で聴いていました。
以前のNHKホールでの開演前の室内楽の演奏より良かったりして(暴言失礼!)。

20130320n1

20130320n2

20130320n3

|

« カンブルラン/読響(2013/3/20) | トップページ | リットン/都響(2013/3/22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/56997128

この記事へのトラックバック一覧です: イ・ヨンチル/N響(2013/3/20):

« カンブルラン/読響(2013/3/20) | トップページ | リットン/都響(2013/3/22) »