« テミルカーノフ/読響(2013/5/12) | トップページ | ラザレフ/日フィル(2013/6/14) »

2013年5月25日 (土)

新国立「ナブッコ」(2013/5/25)

2013年5月25日(土)14:00
新国立劇場

ヴェルディ:ナブッコ

やっぱりカリニャーニさんはオペラのマエストロですねー。
去年、「今までコンサートで聴いていたカリニャーニさんは何だったのか」と思ったことを思い出しました。
煽る、煽る、あざとくなく高揚に導く。
東フィルとは思えない(失礼!)ノリの良さ!

歌手陣もかなりのものですねー、特にアビガイッレ。
体型はともかく…。
いや、あの体型ならではの圧倒的な存在感、声量的にも、ビジュアル的にも?
「アビガイッレ」という題名でも良いのでは?と思いました。

圧倒的な存在感と言えば、新国立劇場合唱団の声、パワー全開。
あれだけ動き回らせられながら!

設定を現代に移した演出は視覚的にも面白く、さりとてストーリーや音楽をねじ曲げてもいなくて、私としては好意的に観ました。
何回観ても斬新に感じるかどうかは現時点では私にはわかりませんが、新国立にもこういう演出もあっていいでしょう、と。

ただ、目が慣れてしまったのか、休憩後は前半ほどは視覚を刺激されなかったような気も…。
いや、開演前に場内に入って、すでに幕が開いてショッピングモール?を人が動き回っていたのには、少なからず、おおっ!という、ある種の衝撃があったのです。
でも、休憩時間は幕が降りていました。
(まあ、皆さん、休まないとおけませんしね。)

それでも、コーラスの大群衆を縦横無尽に動かす迫力は(私の頭の中では少し整理がつかなかった印象があったにせよ)ゼッフィレッリのアイーダで感じたような物量作戦の満足感をも感じました。
全然違う方向の演出なのに。

そう、見た目、豪華なのです、セットが。
エスカレーターが動いていないなどというのは愛嬌の範囲。
何よりも、会場に入ったとたん、驚きますし。

ただ、新国立の舞台にしては、場面転換が無く、どんどん崩壊していくとは言え、ずっとあの場面のままなのはどうなのかなぁとも思いました。
経費節減で一極集中でお金をかけたのか、演出の意図なのかは、門外漢の私にはわかりません。

でも、全てを理解したとは口が裂けても言えませんが、視覚的に十分に堪能させていただきました。

この日の私は、ピットの指揮者の姿がなんとか見える席でした。
オペラが本領のマエストロ、カリニャーニさんの、細かすぎずとも、的確に要所要所を押さえた指揮の動作にオケが俊敏に反応しているのが、手に取るように見え、聞こえました。

当然、マエストロの棒に反応したのはピットの中のオケだけではなく、舞台上の歌手陣も然り。
アビガイッレが突出しているかのような印象もありながら、全体としてもまとまっていて、パワー全開。
新国立劇場合唱団の素晴らしさは、いつものことではありまするが…。

ただ、合唱の素晴らしさは素晴らしさとして、舞台装置が少々凝っているので、歌う位置によって音響的に凝縮したり、拡散したり…という印象もありました。
広がって歌った時と、集まって密集して歌った時の音響の違いも同様。
合唱の方々の問題ではなく、演出上、仕方ないことなのでしょうけどね。

ともあれ、少なくとも初回の今回は、「観て良かった!面白かった!」と満足する舞台であり、マエストロが引き出した(押し出した?)音楽も含めて、エキサイティングな体験!でした。

スタッフ
【指揮】パオロ・カリニャーニ
【演出】グラハム・ヴィック
【美術・衣裳】ポール・ブラウン
【照明】ヴォルフガング・ゲッペル

キャスト
【ナブッコ】ルチオ・ガッロ
【アビガイッレ】マリアンネ・コルネッティ
【ザッカーリア】コンスタンティン・ゴルニー
【イズマエーレ】樋口達哉
【フェネーナ】谷口睦美
【アンナ】安藤赴美子
【アブダッロ】内山信吾
【ベルの祭司長】妻屋秀和

【合唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

20130525

|

« テミルカーノフ/読響(2013/5/12) | トップページ | ラザレフ/日フィル(2013/6/14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/57593473

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立「ナブッコ」(2013/5/25):

« テミルカーノフ/読響(2013/5/12) | トップページ | ラザレフ/日フィル(2013/6/14) »