« バーゼル歌劇場「フィガロの結婚」(2013/6/28) | トップページ | 大野和士/新日本フィル(2013/7/6) »

2013年6月30日 (日)

フルシャ/都響(2013/6/30)

2013年6月30日(日)14:00
東京芸術劇場

指揮:ヤクブ・フルシャ
東京都交響楽団

「作曲家の肖像」シリーズVol.92《ドビュッシー》
ハープ:吉野直子

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ドビュッシー:管弦楽のための映像
ドビュッシー:神聖な舞曲と世俗的な舞曲
ドビュッシー:月の光
(アンコール)
ドビュッシー:交響詩「海」

温もりのある優しい音。
心温まるようなドビュッシーは(フルネさん由来の)都響の伝統になるかも?
でも、最後は神がかり的な演奏に…。
指揮者も、オケも、ソリストも、客席も、会場の空間も、研ぎ澄まされた緊張感…と言ったら言い過ぎでしょうか?
(神経質という意味ではありません。)
老巨匠よるブルックナーの“信者の集会”に似た体感すら感じました。

この日は、個人的体調と事情により、ホールに着いて席についたとたん、ホッとして気がゆるんだのか、前半の「映像」で眠気が襲いかかって来まして…。
しかし「イベリア」が終わったところで、満場静寂の中、ブラボーと叫んで下さった方がいらして、おかげで、びっくりして目が覚めました。
あの方に深く感謝申し上げます(?)。

私は「肖像」のシリーズは、かなり久しぶりです。
インバルさんのベートーヴェンが3回あったシーズン以来かもしれません。
会場の聴衆の、休日マチネとは思えない静寂にちょっと驚きました。
カサカサ、ガサゴソの含有率低し(ゼロではありません)。
まるでB定期のような、舞台上と客席の真剣勝負、緊張感。

私はフルシャさんはさほど多くは聴いていないので、ドビュッシーがどういう音になるのか、事前には全く予想がつきませんでした。
牧神…が始まったとたん、ああ、暖かいなぁ…と。
何となく故フルネさんを思い出すような…。
かぐわしい雰囲気が会場を包む。

ドビュッシーにはいろいろなやり方があり、もっとシャープなサウンドにも出来るでしょうし、もっと透明感を出すことも出来るでしょう。
もっと複雑に絡み合う要素を強調するもことも出来るでしょう。
でも、フルシャさんのドビュッシーは、耳あたりが良く、優しい(←「易しい」ではありません)。

複雑系ではないドビュッシー。
しかしそれは、金太郎飴のような均質化された単純な音ではありません。
複雑ではなくても多彩であり、絶妙のニュアンスに彩られています。
暖色系の色彩感を感じる音。
まさにチェコのドビュッシー…と言ったら先入観を持ち過ぎでしょうか…。

もっとも、ネット上の感想を拝見すると、私とだいぶ違う印象を持たれた方が多いようで、もしかしたらこの私の感じたことは、私の座った席の音響の解像度によるものかもしれません。

その暖色系のオケの音の中に清涼感を注入したのが吉野直子さん。
透明感のある音に込められた絶妙の音のニュアンス(語彙枯渇、すみません)。
本編ももちろん素晴らしかったですが、アンコールの「月の光」が、それはもう、何時間でも聴いていたいくらいの美しさ!

前半の「映像」で、あのブラボーで眠気が飛ぶまで睡魔に襲われながら聴いていたのに、偉そうに感想を述べてすみません。

20160630

|

« バーゼル歌劇場「フィガロの結婚」(2013/6/28) | トップページ | 大野和士/新日本フィル(2013/7/6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/57697929

この記事へのトラックバック一覧です: フルシャ/都響(2013/6/30):

« バーゼル歌劇場「フィガロの結婚」(2013/6/28) | トップページ | 大野和士/新日本フィル(2013/7/6) »