« 大野和士/新日本フィル(2013/7/6) | トップページ | ウルフ/読響(2013/7/19) »

2013年7月15日 (月)

プラッソン/東響(2013/7/15)

2013年7月15日(月・祝)14:00
東京オペラシティコンサートホール

指揮:ミシェル・プラッソン
東京交響楽団

(東京オペラシティシリーズ第74回)
ヴァイオリン:成田達輝

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ドビュッシー:海
ショーソン:詩曲
ラヴェル:ツィガーヌ
ラヴェル:ボレロ
ラヴェル:マ・メール・ロア~妖精の国
(アンコール)

いやー、時間的な長さは普通の演奏会ですが、なんだか御馳走をたくさんいただいた気分になりました。
アンコールにマ・メール・ロアまで聴けて、本当に得した気分です。

プラッソンさんは、東フィルに客演した時も聴いた記憶があるので、ヒュー、ヒューという口笛のような人間ウィンド・マシンは存じ上げていました。
しかしそれよりも、プラッソンさんの、決して若くも、俊敏でもない腕の動きに感服いたしました。
要所要所を見事に突いています。
「このおじいさんの動作からどうしてこんな音が鳴るんだろう?」などということは全くなく、オケからこういう音が出る必然性は、素人の私が見ていてもわかります。
腕をひょいと動かすと、オケが俊敏に反応し、うねります。
そういう意味では、東響の反応も上々だったと言うべきでしょう。

基本的に、色彩感のある、油絵のような体感なのですが、主旋律でないところにも、えぐるような動作を打ち込み、オケからは凄みのある音、深みのある音が連発します。
そして白熱し、そして余韻を残して終わります。

海が終わったので、もう演奏がいったん終わったかのような充足感を感じる休憩時間。

休憩後は、成田達輝さんのソロ。
私は成田さんのお名前は不勉強で存じ上げなかったのですが、独奏の音を聴いて度肝を抜かれました。
すごい、この迫力!
会場で会った友人に「入賞歴多数の若手実力者」と伺いました。
音は深みがあり、情熱的でもあります。

これは凄い人がソロで出てきたぞ…なのでうが、そこはプラッソンさん、余裕の体勢で受けて立ち、懐深く、横綱相撲。
オケもプラッソンさんがついていれば怖いもの無し。
結果、非常に聴きごたえのある、白熱した、競争ではない「協奏」になりました。

個人的体調により少々疲れ気味で、特にツィガーヌのスピードに私の精神がついていけず、あれよあれよという間に終わってしまった感もありましたが、それは私の個人的な問題です。
成田さんのお名前と音は、心に刻んでおきたいと思いました。

ボレロは、やっぱり色彩感のある、南欧の太陽を想起させるような音。
(曲自体そうなのですが)最後は、これでもか、これでもか、いやいや、まだまだ、もっといける…と高揚して、有無を言わさず聴き手を興奮させる。
クールではない、熱い、熱いボレロだでした。

たくさんの曲で盛りだくさん、満喫、満喫です。

なお、蛇足ですが、私はこの日が、今シーズン、新コンサートマスターの水谷さんがトップに座る初めての東響の演奏会でした。
そのお姿を拝見し、個人的事情により、何とも言えない個人的感慨がありました。

私事ですが、この前日は、2月に死去した父の新盆法要を行いました。

2月に、父が倒れたという知らせを受けたのは、新幹線が高崎に到着する少し前でした。
私は、群響定期を聴きに、高崎へ向かっていたのです。
結局、高崎駅滞在時間約10分で、東京行きの上り新幹線に乗りました。
その日の群響定期の後、確か、水谷さんの群響コンマス退任の発表があったと記憶しています。
その聴けなかった群響定期を、私は一生忘れないでしょう。
そして、父の新盆法要の翌日に、水谷コンマスを東響のステージで拝見し、なんとも言えない不思議な感覚になったのです。

完全に個人的なこじつけではありますが…。

20130715

|

« 大野和士/新日本フィル(2013/7/6) | トップページ | ウルフ/読響(2013/7/19) »

コメント

私も至福の時間を共有してました。プラッソン爺は前回の東フィルの幻想もですが、気合十分ですが、力ずくでない陶酔させてくれる音楽を聴かせてくれました。マ・メール・ロアなどは不覚にも50男の涙腺をゆるゆるにしてしまいました。

投稿: 野川親爺 | 2013年7月17日 (水) 12時51分

野川親爺さま
感動を共有できて嬉しいです。
おっしゃる通り、強引に引きずり回さなくても、オケが棒に俊敏に反応する様は、上手い!オケも上手い!素晴らしい!と、酔いしれるしかありませんでした。

投稿: 稲毛海岸 | 2013年7月20日 (土) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/57799253

この記事へのトラックバック一覧です: プラッソン/東響(2013/7/15):

« 大野和士/新日本フィル(2013/7/6) | トップページ | ウルフ/読響(2013/7/19) »