« スダーン/東響(2013/7/28) | トップページ | アルミンク/新日本フィル(2013/8/3) »

2013年7月29日 (月)

アルミンク/新日本フィル(2013/7/30)

2013年7月29日(月)19:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2013
指揮:クリスティアン・アルミンク
新日本フィルハーモニー交響楽団

ヴァイオリン:豊嶋泰嗣

三善晃:ヴァイオリン協奏曲(1965)
ストラヴィンスキー:バレエ組曲「プルチネッラ」
メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」

これぞ、かつてのこのコンビの鉄壁の呼吸。
最後の最後にようやく…。
終わってほしくない…。

NJPのアンサンブル、ソロの音色、音の溶け合い、かつて東條先生に、スダーン/東響、アルブレヒト(の頃でしたっけ?)/読響と、「ベスト3」と並び称されたコンビの音が蘇りました。
この音色、ミューザの空間のせいだけではないと思います。
このコンビが間もなく聴けなくなるのは本当に残念です。

まずは、豊嶋泰嗣さんのソロで、三善晃さんのヴァイオリン協奏曲。
豊嶋コンマス、渾身の力演。
平日の夜のミューザの空席だらけの客席。
しかし、そこに集った聴衆は、おそらく本当に聴きたくて来場した人々です。
集中力を持って受け止め、演奏には大喝采!
お義理の拍手ではなく、カーテンコールも何回も。

続く「プルチネッラ」では、NJPの首席級の皆さんのソロが冴えること!
そうなんです、NJPは名手揃いなんです、元々は…。
3.11以降、しばしば、ちぐはぐ、凡ミスを聴いてきましたが、3.11より前のNJPはこうでしたよ、確かに。
オーボエが突出しつつも突出せず(←論理的に意味不明は御容赦を!)、美しい音色で全体と溶け合います。
コントラバスが苦労の痕跡を全く見せずに超絶技巧を凝らします。
そして金管は…、今日は…、情けない音は出さない(失礼!)。

そうだよ、そうだよ、NJPの音はこうだったよ、3.11より前は。
何度も、何度も、目頭が熱くなるほど、愛おしい、懐かしい音。
間もなく終わりを告げるはずのこのコンビの、ようやく蘇った、あうんの呼吸。

そう、前日に聴いた、スダーン/東響のあうんの呼吸に匹敵するコンビだったんです、このコンビは。

休憩後のメンデルスゾーンの「イタリア」も、アルミンクさんらしい「爽やかさ」と「君子豹変」が交錯する、「疾走」と「畳み掛け」の演奏。
この演奏を、軽いとか、音のパレットが多彩でないとか、評することも出来るでしょう。
でも、私は、この音が好きです。
現代的でスタイリッシュでありながら、やっぱりアルンミンクさんは、オーストリアの指揮者なんですよね。
こういう演奏、特に最後のたたきつけるような渾身の指揮と演奏を聴くと、アルミンクさんが「指揮もする」プロデューサー…などの域ではないことを、嫌でも思い知らされます。
かつての力演がいくつも思い浮かびます。

1曲目でソロを弾いた豊嶋コンマスが最後列で弾いていたのは、カーテンコールでアルミンクさんが駆け寄って、私は初めて気がつきました。
カーテンコールで、NJPのメンバーが、アルミンクさんにこんなに素直に拍手を贈るのを見たのは、いつ以来でしょう?

もしもあの時、アルミンクさんが新国立のピットに入って「ばらの騎士」を振っていたら…と、この2年間、何度も思いました。
言っても仕方ないことなのですが…。
そして、間もなく、ひとつの歴史が終わります。
終わり良ければすべて良し…になるでしょう、たぶん。

|

« スダーン/東響(2013/7/28) | トップページ | アルミンク/新日本フィル(2013/8/3) »

コメント

颯爽と清々しいメンデルスゾーンに、「そう、この音!」と久しぶりに嬉しくなりました。マラ3に行けなかったので、この組み合わせで聴くことができる次の機会は一体いつ? アルミンクさんは来年3月に日本センチュリー響を振るようですが、錦糸町には来ないようですし。・・・10年も連れ添ったのだから、これから別々の道を歩んでも、せめて友だちのような関係ではいてほしいと、切望しておりますが、マラ3のブログを拝見すると、どうやら大団円であったようですね。

投稿: 黒猫 | 2013年8月 4日 (日) 23時13分

黒猫さま
居るのが当たり前…の人がいなくなった後のことは、どうなるかわかりませんが、やっぱり、時々は帰って来てほしいですね。
もしかして年末の第九は…と期待していたのですが、違いましたので、主催公演は当分なさそうではありますが。

投稿: 稲毛海岸 | 2013年8月10日 (土) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/57895612

この記事へのトラックバック一覧です: アルミンク/新日本フィル(2013/7/30):

« スダーン/東響(2013/7/28) | トップページ | アルミンク/新日本フィル(2013/8/3) »