« 広上淳一/読響(2013/8/17) | トップページ | 小林研一郎/東響(2013/9/1) »

2013年8月24日 (土)

リュウ・シャオチャ/都響(2013/8/24)

2013年8月24日(土)14:00
東京芸術劇場

指揮:リュウ・シャオチャ
東京都交響楽団

「作曲家の肖像」シリーズVol.93《チャイコフスキー》
ヴァイオリン:コリヤ・ブラッハー

チャイコフスキー:歌劇「エフゲニー・オネーギン」
           より〈ポロネーズ〉
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番
       ~ガヴォット
(アンコール)
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー:組曲第3番

前半は私の嗜好とあまり合わず、「うーん、今日は相性が良くないかな」と思ったのですが、後半は、作為をも含めて、肯定的に楽しめて、終わり良ければすべて良し。

本当はどうなんでしょうねぇ?
いや、指揮者に画一的なレッテルを貼ろうとすること自体、一聴衆の思い上がりでしょうかねぇ?

「エフゲニー・オネーギン」ポロネーズ、冒頭でいきなり暴投!
(つまらなくて、すみません。)
いや、どでかい音が出てちょっと驚きます。
爆演系ですか?
いや、そうでもないような…。
音が多彩なニュアンスを内包せず、平板?
でも、この煽り方…いや、盛り上げ方は非凡?…???

爆演系なのかどうか、最後までわかりませんでしたが、ヘボ指揮者だったら、いきなりあの音は鳴らせないよな、と、一応、感心しました。
(↑ほめてます。)

よくわからないうちに終わってしまった短い一曲目に続き、ブラッハーさんの独奏で、チヴァイオリン協奏曲。
太筆書きのソロ?
少々粘っこい?
私の好みとは違うような…。
でも、こういうスタイルなんでしょうね。良い悪いではなく、好きかどうかの問題なのでしょう。
第2楽章や、第3楽章での都響木管陣のソロが絶妙。
私はヴァイオリンのソロよりも、そっちに耳が行ってしまうことがしばしば。
アンコールのバッハの無伴奏でも私の印象はあまり変わらず、これはもう、好みの問題ですかね。

手放しで喜べない休憩時間を過ごした後の組曲第3番。
これが鮮烈で、かなり印象が良くて意外。
ニュアンス不足か?と思っていたネガティブな印象もあまり感じられなくなり、これは後半になって演奏がさらに良くなったのか、私の耳が慣れたのか?

意地の悪い見方をすれば、もう少し気品が欲しいとか、個人的な好みを述べることは出来ますが、それをマイナス思考で捉えるよりも、この勢い…スピード感とパワー、を楽しんだ方が精神衛生上、はるかに好ましいことは言うまでもないです。

正直、この一回の体験で、リュウ・シャオチャさんという指揮者が、こういう指揮者だ…と私の中でイメージが固まったわけではなく、まだ捉えどころがよくわからないです。
わからないのですが、もう一回、一回券を買ってでも聴きたいか?と問われると、即座に「はい」とは答えられないような…。

それでも、エンディングは、仕掛けているのがわかっていても興奮させられましたし、さすがは都響クオリティ。
もっと微細なニュアンスを表現したときの都響の音も知っていますが、指揮者の色に染まれることも、さすがは都響!と言うべきでしょうか。

とりあえず、終わり良ければすべて良しだったので、足を運んで良かったです。

20130824

|

« 広上淳一/読響(2013/8/17) | トップページ | 小林研一郎/東響(2013/9/1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/58056631

この記事へのトラックバック一覧です: リュウ・シャオチャ/都響(2013/8/24):

« 広上淳一/読響(2013/8/17) | トップページ | 小林研一郎/東響(2013/9/1) »