« 山田和樹/横浜シンフォニエッタ(2013/9/22) | トップページ | スクロヴァチェフスキ/読響(2013/10/6) »

2013年9月28日 (土)

ブロムシュテット/N響(2013/9/28)

2013年9月28日(土)15:00
NHKホール

指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
NHK交響楽団

(第1762回 定期公演Cプログラム)
ヴァイオリン:フランク・ペーター・ツィンマーマン

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番
    ~プレリュード
(アンコール)
ブラームス:交響曲第4番

「デュトワさん以前」からの生き残り…。
いや、勝ち残りのブロムシュテットさん、勝利の雄叫び!
本気に「させられた」時のN響は凄い…などというレベルをはるかに超越した、感涙ものの演奏です!

私にとっては、涙を飲んで、ツィクルスから1公演だけ選んだ演奏会。
まずはオケの滑らかな音の滑り出し。
美音です。
しかも、ただ美しいだけでなく、何とも言えない味わい深さを内包する音。
艶やかな独奏ヴァイオリンが入ると一応主役は譲りますが、単なる脇役の伴奏では終わりません。
独奏に寄り添う時ですら、ブロムシュテットさんの意思が存分に込められたニュアンス豊か(←語彙枯渇)なオケの音です。
巨大な一つの生命体のようにうごめき、そして跳躍する、絶妙さとスケール感の両立。

ツィンマーマンさんの独奏は、第2、第3楽章の方がさらに良かったようにも感じましたが、これはカデンツァを終え、第1楽章を終えた後に調弦していたことに思考が影響された私の錯覚でしょうか?
いや、第1楽章だって、不満を述べるような演奏では、決してありません。
アンコールも文句なし。

後半の交響曲は、これはもう、味わい深い音で、まさに円熟の極みなのですが、ちっとも枯れていなくて、若さと老成を両立したような、驚嘆の音。
ブロムシュテットさんって、60歳代の頃の良さをほとんど失わずに円熟したと言って良いのではないでしょうか?

色々なことをやっています。
やっていますけど、あれもやりたい、これもやりたい…の印象はなく、どっしりとした大河の流れ(←急流ですが)の中で、自然とうねり、しぶきを上げ、ひねり、歌う。
かつての精緻なサウンド印象も残した上での円熟です。

個人的には、お義理でなく、心底、ブロムシュテットさんのソロカーテンコールをしたい気分でしたが、この日は山口裕之さんのラストステージでもありました。
最後は山口さんへの拍手で散会。
山口裕之さんのラストステージでなかったら、“一般参賀”になったのでしょうか?
それにしても、山口さんをブロムシュテットさんが見送る側になるとは、これまた感涙もの。

サヴァリッシュさん、スウィトナーさん、シュタインさんはすでに世を去り…。
でも、ブロムシュテットさんは、まだまだお元気!
数年前、「N響は名誉指揮者の高齢化が進み、指揮を“できる”のは、ブロムシュテットただ一人」などと書かれていたのを思い出しますが、“できる”どころか…。
また来年の9月もブロムシュテットさんと予告されています。

20世紀はN響定期会員だった私にとっては、演奏も感涙もの、シチュエーションも感涙ものの演奏会。
ブロムシュテットさん、来年9月もお待ちしています。

20130928n

|

« 山田和樹/横浜シンフォニエッタ(2013/9/22) | トップページ | スクロヴァチェフスキ/読響(2013/10/6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/58282933

この記事へのトラックバック一覧です: ブロムシュテット/N響(2013/9/28):

« 山田和樹/横浜シンフォニエッタ(2013/9/22) | トップページ | スクロヴァチェフスキ/読響(2013/10/6) »