« スクロヴァチェフスキ/読響(2013/10/12) | トップページ | 新国立「リゴレット」(2013/10/19) »

2013年10月13日 (日)

ノット/東響(2013/10/13)

2013年10月13日(日)14:00
サントリーホール

指揮:ジョナサン・ノット
東京交響楽団

(第614回定期演奏会)

ソプラノ:クリスティーネ・ブリューワー

R.シュトラウス:4つの最後の歌
R.シュトラウス:アルプス交響曲

トテツモナイ音が鳴ってしまったのでしょうか?
強い音。力強い音。
ただ物理的に大きいだけでなく、意思の力が込められた音。
それが飽和せずに頂点を築く。
かつて東響から聴いたことがない音。
いや、ゲルギエフやマゼールが振った時は、聴いたかもしれないクラスの音。
プレ就任披露としては、正式就任後に大きな期待を抱かせるに十分過ぎるハイグレードの演奏。
描写的と言うよりは純音楽的な方向性の音楽かもしれません。

正直、最初から最後までノット・サウンドのパワー全開ではなく、アルペンが始まって数分してから、おっ、エンジンが温まってきましたね…という気がしました。
でも、それのどこが悪い?
名コンビだって、最初からあうんの呼吸の域にあるわけではありません。
このコンビはまだこれから始まるのですから。

さて、1曲目の「4つの最後の歌」は、私は個人的に苦手曲で、今日は明晰なオケの音とハイボルテージの声によって苦手が払拭されるか…と最初は思ったのですが、やっぱり苦手曲に終わってしまいました。
これは100%、聴き手の私の問題です。
演奏、歌唱について感想を述べる資格無し。
爆睡はしませんでしたが、集中力無く、寝そうになりました。

後半のアルプス交響曲は、やはり明晰な音で始まり、東響にしては艶やかさがあまり感じられない気がしました。
まさかノンビブラート?…のわけはありません。
分離は良いです。
秋山さんが若くて東京文化会館の頃(古くてすみません)の東響を思い出すような?と一瞬思いましたが、徐々に音が溶け合い始め、やがてゴージャスな響きに!

分離が良く、見通しの良い音作りかと思って、…やがて、溶け合い、…でも、溶け合った後も、要所要所、要素要素がくっきりと自己主張する。
そして、そのたくさんの自己主張する個が合わさっての全体が、方向性が定まった上で多弁、雄弁なこと!
まさにハイパワー、全く飽和しません。
就任前でこれなら、就任して噛み合ってきたら、さぞかし…。

ノット様の指揮は、基本的に、細かい。
細かいですが、刻むような指揮ではなく、流麗で、しなやか。
今回は少しだけでしたたが、手の動きを止めて木管のソロを見守る場面も。
さらには、分離して聞こえることも多いサントリーホールのオルガンが、オケと完全に溶け合って美しいこと!

かつて
「東響の次期シェフは大物らしい」(ネット上のうわさ)
「大物って、誰?」(私)
「ジョナサン・ノット」(正式発表)
「ノットさんって、名前は知っているけど、そんなに大物なの?」(私)
…と思ったことを深く反省し、不勉強を謹んでお詫びいたしまして、感想にかえさせていただきます。

201310131

201310132

|

« スクロヴァチェフスキ/読響(2013/10/12) | トップページ | 新国立「リゴレット」(2013/10/19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/58377888

この記事へのトラックバック一覧です: ノット/東響(2013/10/13):

« スクロヴァチェフスキ/読響(2013/10/12) | トップページ | 新国立「リゴレット」(2013/10/19) »