« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の6件の記事

2013年10月27日 (日)

ラザレフ/日フィル(2013/10/27)

2013年10月27日(日)14:30
東京芸術劇場

指揮:アレクサンドル・ラザレフ
日本フィルハーモニー交響楽団

(第207回サンデーコンサート)
チェロ:横坂源

チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲
マーラー:交響曲第9番

毎回こんなに鼓舞され、引きずり回されたら、身体が持たないでしょ、日フィルの皆さん…って、前夜も演奏したんですよね、これ。
もう、大騒ぎ!
一つ間違えば“空騒ぎ”になりかねない豪快な“大騒ぎ”!
最後までポジティブ!
「英雄の生涯」のような?マーラーの9番??

例によって剛腕でキュー出しまくりのラザレフさん。
そのキューに、よくぞここまで食らいついて行った日フィルのメンバー!
それも、荒々しいだけではなくて、細部の音の磨き上げも十分!

この、諦観のイメージのある曲を、ラザレフさんは、最初から最後までポジティブ!
最後まで負けない!
戦う男、戦い続ける男、ラザレフさん!
こんなに、寂しさもない、諦めもない、むしろ明るいこの曲の演奏を聴いたのは、私は初めてかもしれません。
体感的には、本当に「英雄の生涯」を聴いているかのような気分になってしまったのです、私は。

それにしても、ここまでついて行った日フィルも凄い!と言うべきか、ここまで日フィルの音を磨き上げ、その上で舞台上で引きずり回したラザレフさんが凄い!と言うべきか…。
最後の最後の微弱音の美しさも、明るい表情の音だけに、比類がない美しさです。

最後の最後の微弱音から会場ノイズ(咳)が散見され、ラザレフさんが無音の空間を、手の動きを止めずに指揮し続ける間も、そのノイズが多少あったのは残念でしたが、それによって集中力が切れなかった会場全体の空気。
日フィルの歴史に残る(と偉そうに言うほど多く聴いてませんが)演奏だったのではないでしょうか。

マーラーの演奏を聴いてしまった後では印象が飛んでしまう損な役回りの前半。
十分に良かったとは思いますが、この豪快なマラ9の凄まじい演奏と組み合わせるのが良かったのかなぁ…という思いも少々…。
ソリストはもちろんのこと、オケも手抜きなしの美しさ。
決して「前座」のレベルの演奏ではなかったと思いますが、なにしろ、比べる相手が悪い。

あと、私の個人的な体調の問題ですが、疲れ気味だったこともあって、鑑賞のペース配分が少々難しかったです。
マーラーの第3楽章あたりで、ちょっと疲労感を感じてしまったり…。
最初から気合いを入れて聴き過ぎて、すぐに休憩になって…。

私の個人的体調と、ペース配分のミスは横に置いて、まさに体験出来て良かった!という演奏会、忙中に閑を無理やり作って足を運んだ甲斐がありました。

なお、蛇足ですが、第3楽章あたりで疲労感を覚え、眠気に襲われそうになった私の集中力を呼び戻してくれたのは、近くの席の年配の女性がバッグを開け、飴の包みをガサゴソやる音。
「なんで、ここで飴を取り出さなきゃいけないいんだよ!」
と普段なら怒るかがっかりするところで、そういう精神状態になりかけましたが、でも私も、疲労感でチョコレートか何かで糖分補給をしたい気分もしてきました。
なぜ演奏中に飴の包みをいじる人が後をたたないのか、わかったような気も…(おいおい)。
決して、演奏中の飴の包み紙のガサゴソ音を肯定する派に転じたわけではありませんが、ものの見方をちょっと変えると、視野が広がるものですね。
(でも、やるなら、せめて楽章間にしてほしいですけどね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

ノリントン/N響(2013/10/26)

2013年10月26日(土)15:00
NHKホール

指揮:ロジャー・ノリントン
NHK交響楽団

(第1765回定期公演Cプログラム)
ピアノ:ラルス・フォークト

ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第3番
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番
ショパン:夜想曲第20番
(アンコール)
ベートーヴェン:交響曲第5番

もし、サヴァリッシュさんが居合わせたら、白目をむいて絶句したかもしれないN響の従順ぶり!
しかし、N響伝統の培われた重厚なサウンドも健在!
疾走し、急カーブを曲がり、急ブレーキ、急加速をしても、決して、軽くて薄っぺらなベートーヴェンではありません。
軽自動車でスピードを出しているのではない、ドイツのコンパクトカーのような性能を兼ね備えたスピード感です。

ノリ様のベートーヴェン、かつてほど「変なことをやっている!」と思わなくなったのは、鑑賞(体験…と言った方が良いですかね)の回数を重ねてきたせいでしょうか?
いや、変わったことをしているということは十分に認識していますが、それを「異様!」と思わなくなって久しいような気がします。

元々、耳慣れないフレージングをしていても、そのように演奏する意味(私のような者のレベルでは、効果…と言った方が良いかもしれません)は、十分に納得する経験を重ねてきましたし、今回もそれを再体験したわけですが、「またか!いつもの…」とは思わせないところがさすが!
いじくり回した音の羅列の「発表会」ではなく、ノリ様の、まさにライヴ!ライヴ!ライヴ!
デモンストレーションでも、プレゼンテーションでもない、まさにライヴの醍醐味!
煽る、煽る、煽りながら客席を振り返る余裕!

20世紀後半に、今はすでに故人となった名誉指揮者の皆様の指揮するN響のベートーヴェンを聴いてきた身にとっては、驚くほどのN響の変貌ぶり、従順ぶりですが、この二律背反の両立が、今のグローバル・スタンダードでもあります。
誠に、慶賀の至りです。

ノリ様のライヴが聴ける幸せ!
そして、N響との組み合わせだから聴ける「ノリントン様×N響」の音。
組み合わせの妙味!
楽しい、楽しい、音が楽しい!

ピアノ協奏曲でのフォークトさんのピアノは、多少ノリントン様寄りの演奏をしたのでしょうか?
時折、フォルテピアノっぽい(違いますけど)音に感じる場面もあったような気もしますが…。
アンコールのショパンで、急にピアノの音は艶やかさを増したような…??
ショパンだけ、異質、異次元のサウンド…かな?

個人的には、オーチャードも含めて全演目聴きたかったくらいのところを一つだけに絞ったノリ様の演奏会。
それが「もしかして、台風で行けないかも!」と思っただけに、行けて幸せ、聴けて幸せ。
ノリントン様、来年10月もお待ちしております!

20131026n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

新国立「リゴレット」(2013/10/19)

2013年10月19日(土)14:00
新国立劇場

ヴェルディ:リゴレット

どうも、最後までしっくり来なくて、終わりに近づくほど違和感が強くなってしまったのは、私の個人的体調と嗜好のせいでしょうか?
演出の着想は良いと思いますけど、必然性が私には最後までわかりませんでした。
それと、音響効果が…??

開演前にプログラム冊子の演出家の談話を読んだときは、かなり期待したのです。
いや、幕が上がった直後も、視覚的に面白くて嬉しくなったのですが…。
そのままの装置で群衆が減り、だんだん動きが少ない殺風景な舞台になり、休憩を挟んで第2幕までそのまま…。

第2幕から第3幕へは休憩無しで続きましたが、ここで、これまでのホテルの内部から舞台設定が一変し、ホテルの屋上へ。
それ自体は視覚的に面白いのですが、私にはその必然性がよくわかりません。
ホテル内部とは別世界の荒んだ場所という意味なら、なぜ公爵がここへ?

私は個人的に、このオペラは陰惨な筋なのに音楽が美し過ぎて、作品そのものに元々多少の違和感があったですだが、演出家の談話が「醜い部分に光をあてる」というようなことを書いてあって、まさに我が意を得たりと期待したのですが、そのひとつがこれ?

作品の醜い側面を強調したのは、演出ではなく、むしろピットのオケの方だったような気がします。
「オテロの嵐か?」と思うような凄まじい音の暗転。
東フィルも最終日に近いだけあって(暴言失礼!)音が綺麗に整っています。
でも、私には、この音にも、なにか違和感が…。
音響に違和感を感じたのは私だけでしょうか?
まさか新国立のキャパで…とは思いますが、妙に音のバランスが整い過ぎていて、音が綺麗過ぎて、個々の音の分離が悪いように感じたのは私だけ?
4階席の音はもう少し生々しい音だったような…。

いろいろ違和感を感じたのは、きっと私が疲れていたせいでしょう。
私の気のせいです、おそらく。
会場は…。
第2幕までの反応は、かなり大人しかったと思いますけど、最後の拍手は盛り上がった…と言っても良い…でしょうか?
ブラボーを連呼している方も…。
でも、本当に盛り上がった時の新国立の客席は、もう少し長くカーテンコールが続いたような気も…。
この日は私にしては珍しく「今日は疲れているし、最後まで拍手しないで帰ろう」と思って立ち上がったら、会場の拍手も終わってしまって…。

ネガティブな感想で、大変失礼いたしました。
きっと私の個人的な体調(と精神状態)のせいです。

スタッフ
【指揮】ピエトロ・リッツォ
【演出】アンドレアス・クリーゲンブルク
【美術】ハラルド・トアー
【衣裳】ターニャ・ホフマン
【照明】シュテファン・ボリガー

キャスト
【リゴレット】マルコ・ヴラトーニャ
【ジルダ】エレナ・ゴルシュノヴァ
【マントヴァ公爵】ウーキュン・キム
【スパラフチーレ】妻屋秀和
【マッダレーナ】山下牧子
【モンテローネ伯爵】谷 友博
【ジョヴァンナ】与田朝子
【マルッロ】成田博之
【ボルサ】加茂下 稔
【チェプラーノ伯爵】小林由樹

【合唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団


20131019

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

ノット/東響(2013/10/13)

2013年10月13日(日)14:00
サントリーホール

指揮:ジョナサン・ノット
東京交響楽団

(第614回定期演奏会)

ソプラノ:クリスティーネ・ブリューワー

R.シュトラウス:4つの最後の歌
R.シュトラウス:アルプス交響曲

トテツモナイ音が鳴ってしまったのでしょうか?
強い音。力強い音。
ただ物理的に大きいだけでなく、意思の力が込められた音。
それが飽和せずに頂点を築く。
かつて東響から聴いたことがない音。
いや、ゲルギエフやマゼールが振った時は、聴いたかもしれないクラスの音。
プレ就任披露としては、正式就任後に大きな期待を抱かせるに十分過ぎるハイグレードの演奏。
描写的と言うよりは純音楽的な方向性の音楽かもしれません。

正直、最初から最後までノット・サウンドのパワー全開ではなく、アルペンが始まって数分してから、おっ、エンジンが温まってきましたね…という気がしました。
でも、それのどこが悪い?
名コンビだって、最初からあうんの呼吸の域にあるわけではありません。
このコンビはまだこれから始まるのですから。

さて、1曲目の「4つの最後の歌」は、私は個人的に苦手曲で、今日は明晰なオケの音とハイボルテージの声によって苦手が払拭されるか…と最初は思ったのですが、やっぱり苦手曲に終わってしまいました。
これは100%、聴き手の私の問題です。
演奏、歌唱について感想を述べる資格無し。
爆睡はしませんでしたが、集中力無く、寝そうになりました。

後半のアルプス交響曲は、やはり明晰な音で始まり、東響にしては艶やかさがあまり感じられない気がしました。
まさかノンビブラート?…のわけはありません。
分離は良いです。
秋山さんが若くて東京文化会館の頃(古くてすみません)の東響を思い出すような?と一瞬思いましたが、徐々に音が溶け合い始め、やがてゴージャスな響きに!

分離が良く、見通しの良い音作りかと思って、…やがて、溶け合い、…でも、溶け合った後も、要所要所、要素要素がくっきりと自己主張する。
そして、そのたくさんの自己主張する個が合わさっての全体が、方向性が定まった上で多弁、雄弁なこと!
まさにハイパワー、全く飽和しません。
就任前でこれなら、就任して噛み合ってきたら、さぞかし…。

ノット様の指揮は、基本的に、細かい。
細かいですが、刻むような指揮ではなく、流麗で、しなやか。
今回は少しだけでしたたが、手の動きを止めて木管のソロを見守る場面も。
さらには、分離して聞こえることも多いサントリーホールのオルガンが、オケと完全に溶け合って美しいこと!

かつて
「東響の次期シェフは大物らしい」(ネット上のうわさ)
「大物って、誰?」(私)
「ジョナサン・ノット」(正式発表)
「ノットさんって、名前は知っているけど、そんなに大物なの?」(私)
…と思ったことを深く反省し、不勉強を謹んでお詫びいたしまして、感想にかえさせていただきます。

201310131

201310132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

スクロヴァチェフスキ/読響(2013/10/12)

2013年10月12日(土)18:00
サントリーホール

指揮:スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
読売日本交響楽団

(第530回定期演奏会)

スクロヴァチェフスキ:パッサカリア・イマジナリア
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」

到達点と思った2~3年前を凌駕する、生きる喜び!
ミスターSは120歳くらいを視野に入れて90代を踏み出したのではないでしょうか!

まずは1曲目の自作。
ミスターSの自作自演は結構聴いていると思いますが、緊迫感のあるこの曲が一番面白く、集中して聴けたかもしれません。
難解な前衛さは、無いのか、覆い隠されているのか…。
でも、古臭くもない刺激も、十分に感じられます。

読響のメンバーは、人生で3回以上演奏するかどうかわからない曲を、献身的…どころか真剣勝負の気合いで熱演。
舞台上に漂う…いや、みなぎる!ミスターSへの敬意、敬意、敬意…。
幸せ、幸せ、楽団員も、聴衆も、指揮者&作曲家も。

今の時代、作曲家の自作自演を聴ける機会は、結構あるよういて、実は演奏会全体に占める割合は、意外と少ないように思います。
それだけでも、ありがたや、ありがたや。

例によってミスターSは、自作は譜面を見ながら、ブルックナーは(ブルックナーに限りませんが)暗譜で指揮。
一点の迷いもなく、随所で、的確な、煽り!

あの、最終到達点と思っていた常任時代のブルックナーを凌駕する演奏、さらに踏み出した演奏のように感じたのは私だけでしょうか?
鋭いリズム、スピード感、それだけでなく、生き生きと歌う旋律の喜び!

1~2年前には「信者の集会」の「教祖様」に感じたミスターS、今宵はまるで、ポピュラー音楽のスーパースターのようにすら感じました。
熱狂、興奮、それも、中身の充実を伴った、下品でない興奮。
一種のマインドコントロール…。
(もちろん、マインドコントロールされたくてチケットを買っているのです。)

読響が隅から隅までパーフェクトだったとは言えないかもしれませんが、これ以上望んだらバチが当たります。
常任時代よりグレードアップした読響の音。
カンブルラン様の就任とか、(この日は小森谷さんでしたが)コンマスの陣容の変化とか、世代交代とか、色々な要因があるにせよ、まずはめでたい限りです。

最後の音が消えていった後、静寂、静寂、指揮棒を譜面台に置く音、静寂、静寂。
5秒?10秒?15秒?
最初に拍手を始めた勇気のある方、偉い!
でも、私は「拍手モード」に移行してしまうのが名残惜しくて…。
いつまでもミスターSのブルックナーの世界に浸っていたかった…。
永遠に、終わってほしくなかった…。
おそらく会場で静寂を保った皆さん、同じ気分だったのではないでしょうか

小森谷コンマスの手を取って引き上げるマエストロ、その後は、義理ではない、心からの一般参賀。
マエストロが出てきたとき、木管奏者の皆さんがまだ舞台袖に居たので、客席と一緒に拍手を贈る感動的な場面。

それにしても90歳のマエストロから、衰えない切れ味だけでなく、春の息吹のような、生きる喜びに満ちたエネルギーをもらうとは…。
本当に、生きていて良かった!(←自分のことです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

スクロヴァチェフスキ/読響(2013/10/6)

2013年10月6日(日)14:00
横浜みなとみらいホール

指揮:スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
読売日本交響楽団

(第67回みなとみらいホリデー名曲シリーズ)

ベルリオーズ:劇的交響曲「ロミオとジュリエット」(抜粋)
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

のけぞるような音!
足元が微妙に弱ったかと思っただけに、衰えぬこの音のパワーには唖然とするしかありません。
90歳の老人にパワーをもらって帰る不思議な体験!
老齢だからねぇ、来日しないかもねぇ…などと思ったのは、例年通りに杞憂に終わりました。
期待通り、想定内…ということは、稀有!の、エキサイティングな体験!

まず、ベルリオーズ。
個人的に公私ともに忙殺されており、しかも開演間際に到着したので、プロコフィエフと思い込んでいまして…(汗)。
…にしても、ベルリオーズは、結構斬新な音を書いていたものですね。
プロコフィエフにしてはマイルドな…と思ったくらいです(汗)。

それにしても、ミスターSの音の若々しいこと!(←毎年、毎回、同じことを言っているような気もしますが…)
切れ味はなまっていないどころか、下手な若手指揮者など凌駕するほどのスピード感。

もちろん、プロコフィエフではなくてベルリオーズであるからして、甘美的な場面も多数。
でも、なぜか、ロシア的…と言って言い過ぎなら、スラヴ的な印象を受けたのは私だけでしょうか?

読響の音は、日下コンミス効果と言いたくなる(←これまた、毎回、同じことを言っているような気もしますが…)なんともみずみずしく、艶やかな音が、弦だけでなく、管楽器の音色にまで宿る。
日下コンミス効果は、後半のショスタコーヴィチ、中でも、ソロのある第2楽章で顕著に出ました。
弦楽合奏の音、コンミスのソロの音、木管の音…。
みんな日下コンミスの音色に染まっています。
この美しい音をベースに、ミスターSのスピード感ある音が…!

もちろん、低弦のえぐるような、鋭く重い音はミスターSならでは。
時折、オケが音を飛ばしたかと思うようなひねりが入ったり…。
例によって暗譜で振り通すミスターS。
枯れてはいませんが、もう、人間国宝の域なんでしょうね。

終楽章の圧倒的な音響の中で、何かが起こったような気もしますが、分析的に聴く余裕は私にはなく、ただただ、音を受け止めるのが精一杯。
これだけエキサイティングな要素を散りばめながら、粗雑なうるさい音は皆無。

かつて、ミスターSが読響の常任に就任した時は、喜ぶと同時に、当時ですら高齢で多少の不安を感じたものですが、無事に…どころか、任期を1年延長し、さらに名誉職に退いた後も、こうして来演して下さる。
当時の読響のオファーは、大当たり!でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »