« ソヒエフ/N響(2013/11/24) | トップページ | ウルバンスキ/東響(2013/12/15) »

2013年11月30日 (土)

パーヴォ・ヤルヴィ/ドイツ・カンマーフィル(2013/11/30)

2013年11月30日(土)15:00
横浜みなとみらいホール

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団

フロレスタン:ブルクハルト・フリッツ
レオノーレ:エミリー・マギー
ロッコ:ディミトリー・イヴァシュチェンコ
マルツェリーネ:ゴルダ・シュルツ
ヤッキーノ:ユリアン・プレガルディエン
ドン・ピツァロ:トム・フォックス
ドン・フェルナンド:デトレフ・ロート
語り;ヴォルフ・カーラー
合唱:東京音楽大学合唱団

ベートーヴェン:フィデリオ(演奏会形式)

快感!
このクラスのオケの音、このクラスの歌手によるオペラ、久しく聴いていないかも…と思いました。
歯切れ良く快速な進行も、粗雑でも暴力的でもなく、ただただ、音楽的でした。

この日は私は疲労感が強く、第1幕中盤くらいまでは眠気との戦いでした。
しかし、パーヴォさんの音楽にエネルギーをもらって体調が持ち直し、その後は第2幕の終わりまで集中して鑑賞できました。
音楽の浄化作用を体感したのは今回が初めてではありませんが、音楽の力は偉大です。

…というわけで、歌手がどうの、合唱がどうの…と感想を述べる立場にないのですが、合唱の皆さん、音大コーラスとは思えない(偉そうにすみません)高いレベルにまで音が鍛え上げられていたような…。

私の席は、今回初めて座ったエリアだったので断言は出来ませんが、比較的残響が多いエリアなのでしょうか。
割と、まろやかな音に聴こえたが、よく座るP席で聴いたらどうだったのでしょうか?
それでも、スリリングな音のスピード感は十分。

演奏会形式の場合、演出は良し悪しで、下手にわけのわからない演出がつくなら、何もない方がいい…と思うことが結構あります。
今回はスクリーンへの映像の映写などはなかったのですが、語り手が挿入されていて、個人的好みとしてはちょっと冗長なような、流れを阻害しているような印象を受けました。

語り手の挿入は、プログラム冊子によれば、ドイツ・カンマーフィル版のようで、現地でも登壇した方を起用。
でも、台本片手での声の張り上げ。
私としては、オケと歌手と合唱が素晴らしいだけに、語りに切り替わると違和感が…。
(好みの問題だと思いますが。)

それでも、パーヴォさんの引っ張る音楽は、語りなど必要ないくらいに、エネルギーに満ちています。
(暴言失礼)
歌手も実力者揃いだったのでしょうが、やっぱりパーヴォさんクラスの指揮者の力は偉大です。
それにしても、ドイツ・カンマーフィルも、こんなに凄いとは…。
(またまた暴言ですが、前年にパーヴォさんの指揮で聴いたオケよりも、好印象でした。)

オペラ上演でも、動きが止まって声楽付きの交響曲のようになってしまうことがある終結部のたたみかけは快感、快感。
音楽の方向性は違いますが、小澤さんが振ったウィーン国立歌劇場来日公演のフィデリオにも、コンサートっぽいという意味で通じるものが…。(←ほめてます)

個人的には体調が十分でなくて行こうか迷った公演。
途中、第1幕が終ったら帰ろうかと思ったくらいでしたが、パーヴォさんにエネルギーをもらって、最後は目を輝かせて感激。
勧善懲悪、水戸黄門の快感、めでたし、めでたし。

20131130

|

« ソヒエフ/N響(2013/11/24) | トップページ | ウルバンスキ/東響(2013/12/15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/58672277

この記事へのトラックバック一覧です: パーヴォ・ヤルヴィ/ドイツ・カンマーフィル(2013/11/30):

« ソヒエフ/N響(2013/11/24) | トップページ | ウルバンスキ/東響(2013/12/15) »