« インバル/都響(2013/12/20) | トップページ | ハウシルト/新日本フィル(2014/1/25) »

2013年12月24日 (火)

インバル/都響(2013/12/24)

2013年12月24日(月)19:00
東京文化会館

指揮:エリアフ・インバル
東京都交響楽団

(都響スペシャル「第九」)
ソプラノ:澤畑恵美
メゾ・ソプラノ:竹本節子
テノール:福井敬
バリトン:福島明也
合唱:二期会合唱団

ベートーヴェン:「エグモント」序曲
ベートーヴェン:交響曲第9番

数年前の前回の演奏を克明に覚えているわけではありませんが、格段に進化&深化した演奏だったのではないでしょうか?
「煽り」に近い「表情付け」の多彩なこと!
前回の演奏が「普通に」良い演奏?だったとすれば、今回は「インバル節」が隅々まで徹底!
初日から凄い!

インバルさまの棒は、ツボ、ツボ、ツボ、直撃。
文化会館の音響のハンディをものともせず、重低音が炸裂し、メロディは歌い、終盤の急加速(?)も崩れずに追従し、スピード感とリズム感と迫力がビシバシと決まります。
快感、至福、感動、そして興奮!

このコンビの「いつもの」レベル…ということは「いつもの」ハイレベル!
表情付けが徹底している…などという域を凌駕し、磨き上げ、徹底した上にライヴならではの揺さぶりと煽りが加味されます。

その煽りと揺さぶりに都響がピタリと追従するのもいつものことではありまするが、何度聴いても、毎回驚嘆せざるを得ません。
最終盤で「もしかして、リハーサルよりかなり速くしたのでは?」というような(?)箇所も、崩れずに一瞬で追従モードになり、棒から離れなかった都響、素晴らしい!

でも、オケがピタリと反応するのは手兵であるからまあ当然のこととしても、さすがはプロの独唱者に、プロのコーラスです。
インバルさまの棒にプロのレベルで反応し、オケと融合したハーモニー。
年末の恒例行事ではない第九の演奏になりました。

インバルさまは、第1楽章が終っても腕を下ろさず、続けて演奏したかった模様です。
オケの皆さんの譜めくりがちょっと手間どり、客席からは咳ばらいがおきてしまいましたが…。

その分(?)、第3楽章の前は大休止。
第2楽章の後、舞台袖に引っ込んだインバルさま。
合唱が入場し、独唱が入場して、拍手をしてよいものやら?…と思っていると、インバルさまも独唱の後について入場。
拍手の中、合唱を起立させ、オケも起立させようとしましたが矢部さん応じず(?)
結局、第3楽章の前に、インバルさまが指揮台上で、客席側を向いて答礼してから第3楽章の演奏へ。
…と、どーでもいいことをすみません。

演奏は、やはりシェフと手兵として積み重ねた年月が物語るのでしょうね。
肩に力が入ることもなく、自然体で舞台に姿をあらわすオケの皆さんと指揮者。
出てくる音は、一朝一夕では出来ない、土台がしっかりして、装飾も施された、動く構造物。
このコンビも、間もなく一区切りです。
ベートーヴェンの第九の後は、8番、9番。
その次は、桂冠指揮者に退いて10番…。

なお、蛇足ですが、大野さんの時は希望の席が買えなくて、この日の席から10メートルくらい離れた場所で聴いたら、音が来ない、来ない。
この日は、私のお気に入りの場所が買えたので、音が来る、来る!
違う日の演奏を比べるのもどうかと思いますが、文化会館の音響はよくわかりません。

|

« インバル/都響(2013/12/20) | トップページ | ハウシルト/新日本フィル(2014/1/25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/58814977

この記事へのトラックバック一覧です: インバル/都響(2013/12/24):

« インバル/都響(2013/12/20) | トップページ | ハウシルト/新日本フィル(2014/1/25) »