« 上岡敏之/新日本フィル(2014/4/19) | トップページ | 山田和樹/日本フィル(2014/4/25) »

2014年4月20日 (日)

ノット/東響(2014/4/20)

2014年04月20日(日)14:00
サントリーホール

指揮:ジョナサン・ノット
東京交響楽団

(第619回定期演奏会)
笙:宮田まゆみ

武満徹:セレモニアル -秋の歌-
マーラー:交響曲第9番

東響が逆転満塁ホームランで、いきなり在京オーケストラ・リーグ首位に立ったかのような凄演。
都響が順当に3月を首位で通過したと思ったら、そのインバル様の退任を待っていたかのように、カンブルラン様と読響が4番を繰り出して0.5ゲーム差の首位に立ち、さらにノット様と東響が9番を起用して逆転満塁ホームランで1ゲーム差の首位に立つという混戦。

…とバカなことを言っておりますが、就任披露で、ここまで手足としてオケを従えて鳴らせば、今後10年の輝かしい日々は約束されたも同然?

あえて都響のツィクルス終了にぶつけたのか!というような気合いの入った演奏。
客席は皆、金縛り状態で聴き入るしかない音のパワー。
元々ポテンシャルの高い東響だから、あの“理性的な半狂乱”(意味不明)の指揮を、受け止めて音に出来たのでしょうか。

ノット様の指揮の細かいこと!
秋山さんより細かいのでは?(←素人目には)。
しかし、その細かさは、刻むのではなく、流麗でパワフルな動きの中でのキューの連発です。
それが空回りせずに音に変換される快感、東響、本当に素晴らしい!

第4楽章が消えて行って、ブライングのブラボーどころか、指揮者が最初にオケを立たせて客席側を向いたときには、客席は圧倒された後遺症で、ブラボーの声もほとんどかからなかったような…。
もちろん、カーテンコール一回目以降は盛大なブラボーの声。

一曲目の武満さんの曲とマーラーを「続けて演奏する」と聞いて、拍手も無し?と思った早とちりは私だけ?
確かに、マーラーの9番の前に持ってくるとしっくり来ますね。
ミニ・パイプオルガンのような笙の音色も秀逸でした。

スダーン監督が「10年で終わり」と宣言して、“ポスト・スダーン”に大いなる不安を抱いたのがウソのような本日の幸福感。
これが「当然」と思ってはいけません。
ノット様は、おそらく、いま、まさに“働き盛り”の指揮者。
こういうタイミングで音楽監督に迎えることが出来た東響は、いや、わが国日本は(←大げさですね)まさしく幸運。
ギャラ(←額は存じ上げませんが)を払って下さるスポンサー様にも感謝!

今日は首の凝りがひどくて、東響定期が終わったらマッサージに寄ってから帰ろうと思っていたのですが、いざ東響定期が終わってみると、演奏のパワーで血流が良くなったのか、凝りが解消されていたので、まっすぐ帰宅しました。

インバル様カンブルラン様、ノット様と、ずいぶん異なるスタイルのマーラー演奏に対して、どれも素晴らしいと思う私は精神分裂気味かもしれませんが、こんな聴き比べが出来ることは恵まれているとしか言いようがありません。
どれが熱いかと言うと、視覚的にはノット様だと思いますが、音楽は視覚だけではないので面白い。

すみません、支離滅裂の文章、演奏のことをちっとも書かず…。
いや、あの演奏の前には、それを描写したりする言葉は出てまいりません。

|

« 上岡敏之/新日本フィル(2014/4/19) | トップページ | 山田和樹/日本フィル(2014/4/25) »

コメント

私は19日ミューザ川崎で聴きました。ホント満塁ホームランでノックアウト。東響もあの指揮に完全についていってましたね。超一流オケですね。
ホルンセクション拍手!

投稿: 明田重樹 | 2014年4月21日 (月) 21時35分

明田重樹さま
感動と興奮を共有できて嬉しいです。
ミューザの音響で聴いたら、また違った興奮だったのではないかと想像いたします。
かなり期待して出かけたのに、その期待をはるかに上回る演奏で、本当に体験できて幸せでした。

投稿: 稲毛海岸 | 2014年4月21日 (月) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/59501535

この記事へのトラックバック一覧です: ノット/東響(2014/4/20):

« 上岡敏之/新日本フィル(2014/4/19) | トップページ | 山田和樹/日本フィル(2014/4/25) »