« メッツマッハー/新日本フィル(2014/7/19) | トップページ | ミンコフスキ/都響(2014/8/3) »

2014年7月21日 (月)

インバル/都響(2014/7/21)

2014年7月21日(月・祝)14:00
サントリーホール

指揮:エリアフ・インバル
東京都交響楽団

(都響スペシャル)

マーラー:交響曲第10番(クック版)

徹頭徹尾、完璧かどうかはともかく、これはやはり稀有の体験と言うべきでしょう。
心底感動している自分と、“体験をさせてくれたこと”に(理性的に)感謝している自分とが同居しているような精神分裂気味の感情でしたが、その半分の“心底感動”だけでも凄い。
個人的に体調がいまひとつだったことを考慮すると、本当に凄い。

マーラーがこの後も書き続けたら、第15番はどんな奇怪な曲になったのでしょう?…と、あらぬ想像を…。
第9番にも、第7番にさえも、その片鱗や前兆は出ているのかもしれませんが…。

第9番までのインバルさんと都響の演奏とは少々違うかな?
それとも、あの第7番で、あれだけ調和感のある演奏をしたこのコンビだから、この曲でもこのスタイルに“収まった”と言うべきなのでしょうか?
そもそもこの曲、演奏回数(経験)が第9番までとは異なるのかな。
都響だからこういう演奏にまとまったと言うべきかな?
まとまった“だけ”の演奏では、決してありませんが。

プログラム冊子のインバルさんの言葉「彼は全ての小節を書き、全曲を通して欠落は無かった」。
モーツァルトのレクイエムを聴かないことはないのと同様に、この曲も聴かないわけにはいきませんね。

モーツァルトのレクイエムについて「ジェスマイヤーが書いた部分は明らかに劣る」という評論家や学者の先生の文章はよく見ますが、ある時「そうは言っても、モーツァルトの指示なしにジェスマイヤー単独でこの音楽を書けたとは思えない」という文章を見たことがありました。
今日はなぜかそれを思い出しました。

インバルさんが都響とのツィクルスの続編として振ってくれたことに感謝!
インバルさん自身は“続編”ではなく、“完結編”の意気込みだったそうですが、終演後の熱狂的なソロカーテンゴール2回、本当に嬉しかったことでしょう。

|

« メッツマッハー/新日本フィル(2014/7/19) | トップページ | ミンコフスキ/都響(2014/8/3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/60021327

この記事へのトラックバック一覧です: インバル/都響(2014/7/21):

« メッツマッハー/新日本フィル(2014/7/19) | トップページ | ミンコフスキ/都響(2014/8/3) »