« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の7件の記事

2014年11月30日 (日)

秋山和慶/東響(2014/11/30)

2014年11月30日(日)14:00
東響オペラシティコンサートホール

指揮:秋山和慶
東京交響楽団

(東京オペラシティシリーズ第83回)
トランペット:澤田真人

ショスタコーヴィチ:バレエ組曲「黄金時代」(遅れていったため未聴)
アルチュニアン:トランペット協奏曲
チャイコフスキー:交響曲第1番「冬の日の幻想」
スーク:弦楽セレナーデ~第1楽章
(アンコール)

遅れて行ったので2曲目からの鑑賞です。

アルチュニアンのトランペット協奏曲は曲は初めて聴いたはずなので、曲に対してどうこう言う資格はありませんが、中間部で弱音器を付けて吹く場面が夜の雰囲気のようにしっとりと耽美的に酔わせるとともに、両端の輝かしい音の連続、連射を際立たせているような印象でした。

東響の首席の方がソロを吹く協奏曲でいつも思うことですが、今回も、ああ、あの艶やかな東響サウンドは、このお方が作っているんだなーと。
(もちろん皆さんが集まって作っているのですが…。)
呆れるほどうまい。
うまいというのは技巧だけの話しではなく、音楽的に…。
そりゃ、こういう方々が集まれば…。
在京オケの首席、在京オケのメンバー、狭き門。
考えてみれば当たり前なのですが…。

秋山さんのチャイコフスキーは、待ち焦がれていました。
このコンビのチャイコフスキーは、緻密、豪快、感傷、等々を兼ね備えた素晴らしい演奏になるのですが、私は数十年で片手で数えられるくらいしか聴いたことがありません。
ましてや「冬の日に幻想」は、次回聴く機会があるかどうか…。

それにしても各パートが、歌うこと、力を入れ込むこと。
管のソロだけでなく、弦楽パートの合奏部分ですら、力が入る、歌う、歌う…。
それが集まった時のクライマックスは言うに及ばず。
秋山さんと東響の名コンビは、スダーン監督の10年を経て、ノット監督の時代になっても不滅なり。

近年のこのコンビの演奏は、サントリーホールでの定期「第九と四季」などでは、かつてのカチッとした演奏のイメージとは違って、丸みが出てきたかな?という印象の時が多いのですが、この日はホールの音響プラス私の席の音響の影響か、かつてのこのコンビ音に近い印象場面も。

それでも、秋山さんの、年齢を重ねるにつれての円熟は明らか。
それによって、かつてのカチッ、カチッというエッジが立った音の印象は薄まった感もありますが、片鱗は十二分に残っていますし、今の方がはるかに好ましい。
数十年前と比較できないほど東響のレベルが上がったことにもよりますけど。

20141130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

カンブルラン/読響(2014/11/29)

2014年11月29日(土)14:00
横浜みなとみらいホール

指揮:シルヴァン・カンブルラン
読売日本交響楽団

(第76回みなとみらいホリデー名曲シリーズ)

スタイリッシュな演奏でありながら、形だけではありません。
このコンビ、常にカンブルラン様の求めるレベルまで読響がついていけない時もあるかもしれないが、この日はかなりのレベルに到達していたのではないでしょうか。

この日は車でみなとみらいホールへ向かいましたが、渋滞と駐車場待ちでギリギリに。
「魔笛」序曲は立ち聞きでしたが、これが冒頭の一撃から素晴らしい!
諦めなくて良かった!
通常、こういう場合、ギリギリ間に合っても、すぐに演奏会鑑賞モードになれず、集中できなかったりするのですが、この演奏(会)は違いました。
いきなり、心をわしづかみにされた感じ。
カンブルラン様って、これまでにも読響で、モーツァルトは振ったと思いますが、この演奏ほど鮮烈ではなかったような記憶が…。

拍手もそこそこに自席に向かい、着席して、すぐに2曲目、「ライン」。
「魔笛」序曲に比べて、マイルドな印象もありましたが、聴いた位置が違うので、おそらく席の音響の違いの方が大きかったのでしょう。
ホルン、朗々と鳴り響く様に酔いしれました。

そして、休憩をはさんで「英雄」。
こういう演奏を聴くと、就任前後のベートーヴェン演奏や、あの第九ですら、カンブルラン様、まだ猫をかぶっていたのか?と感じる爽快かつ刺激的な演奏。
たたみかけるスピードは快感!
それでいて、せかせかと急ぐ印象は無く、十分に音の要素を吟味して並べた上でのスピード感。

それにしても、カンブルラン様、メッツマッハー様(今季限りですけど)と、もしかして私たちは、いまヨーロッパのベートーヴェン演奏で起こっていることを、完全にとは言いませんが、疑似体験くらいは出来ているのではないか?と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

レヴィン/都響(2014/11/15)

2014年11月15日(土)14:00
東京芸術劇場

指揮・ピアノ:ロバート・レヴィン
東京都交響楽団

「作曲家の肖像」シリーズVol.99《モーツァルト》

モーツァルト:歌劇「皇帝ティートの慈悲」序曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番
モーツァルト:ピアノ・ソナタK.576第2楽章
(アンコール)
モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」

協奏曲が白眉。
序曲から協奏曲への「調性の橋渡し」のピアノ即興からオケに受け継がれて始まった協奏曲。
次第にピアノ独奏が熱を帯び、圧倒的スケール感の陶酔へ。
レヴィンさん、CDしか聴いたことなかったのですが、生演奏がこんなに凄いとは…。

ホグウッドさんの降板で指揮もすることになったので、即興演奏は取りやめます…ではなかったのでしたっけ?
取りやめてないではないですか。
十分ですよ。
トークまでしてくれて感謝、感謝。
後半も別の協奏曲を聴きたいくらいでした。

オケの配置は、左(下手)から第1ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、第2ヴァイオリン、コントラバスは右(上手)。
ピアノは、奏者が客席側を向くように配置。
確かに、コンサートマスターとアイコンタクトをしやすそうです。

序曲の後の配置転換の時に、レヴィンさん、通訳を伴って登場し、トーク(と言うよりレクチャー)。
「このピアノの配置はモーツァルト自身が弾く時も好んだものです。」
「モーツァルトの時代は、調性が遠い曲同士は並べない慣習でした。並べる時は、モーツァルトは即興演奏で調整の橋渡しをしました。今日は私が即興でコンマスの山本さんにつなぎます。」
などなど。

後半の交響曲は、協奏曲ほどやりたい放題ではなかったように感じましたが、それでも推進力は半端ではありません。
至福のひととき…と言うよりは、ワクワク感満載のひととき。

今回は急ではないにせよ代役だったので、リハーサル日数は規定通り取れたのかな?
都響はピリオド系?の指揮者が意外と継続しないので(トゥルコヴィチさんとか)、ぜひ次は定期へ招聘してほしい指揮者です。

そうそう、指揮者と書きましたが、ホグウッドさん降板で指揮もレヴィンさんに…と聞いた時、ふーん、レヴィンさんって指揮もやるの?と思った自分が恥ずかしい(勉強不足ですみません)。
ホール(と私の席)の音響のせいか、あまりスリムな響きには聴こえませんでしたが、他のホールで聴いたら、どうなんでしょうね。

ちなみにこの日は、演奏中の芸劇の空間に響くドタンバタンという音がして、あれは何だったのでしょう?最初は誰かが演奏中に出て行った扉の音かと思いましたが、工事か搬入でもしていたのでしょうか?

その昔、80年代か90年代のサヴァリッシュさん指揮のN響定期Cプロ2日目で、演奏中にNHKホールの外装工事という失態がありました。
その時は、演奏中にホール内にカンカンカンという音が響き、休憩時間に「こら、NHK!」とホール中に響き渡る声で怒鳴った人がいて、休憩時間終了後に責任者?の人が舞台上に出てきて陳謝しました。
なのに後半でも少しだけ音がしたりして…。
その時の私は、足を運んだ聴衆の一人としてかなり怒っていて、演奏のことはすっかり忘れてしまいました。

でも、私も歳をとったのか、この日のレヴィンさんと都響の演奏が素晴らし過ぎたのか、騒音は騒音として、それなりに楽しんで帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

インキネン/日フィル(2014/11/14)

2014年11月14日(金)19:00
サントリーホール


指揮:ピエタリ・インキネン
日本フィルハーモニー交響楽団

(第665回東京定期演奏会)

【マーラー撰集Vol.5】
シベリウス:交響詩「大洋の女神」
マーラー:交響曲第7番「夜の歌」

シベリウスの交響詩が10分強の曲ですが「前座」じゃなくて「前半」の気分の休憩時間。
日フィルの音、充実しています。
インキネン様が振る時はオケの音が微細、繊細、極上のニュアンスになるのは存じ上げていますが、この日も…。
繊細さと、それが重なり合って音量が上がった時も、音が濁らず、飽和せず。

本編…いや、後半のマーラーも素晴らしい。
第1楽章終了時に既に拍手をしたくなったのは私だけでしょうか?
それくらい、最初から飛ばして、白熱した演奏でした。
複雑多様な要素を、要約などせずに、ありのままに鳴らしながら調和をもたらす名人芸の指揮。
その上での高揚感だから凄いのなんの。
インキネン様の指揮の動作は、決して千手観音のような指揮ではないのですが…。

二律背反ならぬ“多”律背反の集合体の調和…と思って聴いていて、それは最後までその印象でしたが、後の方の楽章になるにつれて調和感が増していったような気もするので、2日目はどうなるでしょう?
私は確かめることは出来ませんが…。

2年か3年前、もしかして日フィルには(豪腕の)ラザレフ様よりも、無理をさせずに美しい音を紡ぎ出すインキネン様の方が合っているのでは?…と早合点していた時期もありました。
最近はラザレフ様が振っても(特に木管首席陣の皆さん)気負わずに美しい音を鳴らすようになってきました。
そして、その上でインキネン様の指揮だから…。
いや、インキネン様の時でも、(美しい音を保ったまま)もの凄く力強い音が出るようになって…。
月並みな言葉ですが、相乗効果ですかね。

2年か3年前、2日目のために体力を温存をはかるオケと、そうはさせまいとするラザレフ様のせめぎあい、結局はラザレフ様の寄り切りの勝ち…みたいな時もあったような気がしますが、最近はラザレフ様だろうとインキネン様だろうと、そういう気配は少ないような…。
それでも2日目が、さらに良くなりそうな気配はゼロではありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

マリオ・ブルネロ(Vc)&児玉桃(P)(2014/11/9)

2014年11月9日(日)15:00
茅ヶ崎市民文化会館大ホール

マリオ・ブルネロ(Vc)&児玉桃(P)デュオ・コンサート

ベートーヴェン:「魔笛」の「恋を知る男たちは」
        の主題による7つの変奏曲
ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第3番
ショパン:スケルツォ第2番
(ピアノ・ソロ)
ショパン:チェロ・ソナタ
ベートーヴェン:ゲーテの氏による3つの歌より
        第3曲「彩られたリボンもて」
(アンコール)
J. S. バッハ:「主イエスキリスト、われ汝を呼ぶ」(アンコール)

桃さんがポーカーフェースなのはよく存じ上げておりますが、ブルネロさんもポーカーフェースですかね。
あまり表情に出さずに、平然とした表情で、気合いの入った音を鳴らす。
このお二人、演奏スタイルも合っているのでしょうか。

演奏会冒頭は“偉大なる中庸”みたいな、あまり気合いを入れずに、でも情感たっぷりの音。
これはこれで素晴らしい…と思っていたら、ベートーヴェンのソナタの第2楽章から“スイッチ”が入り、お二人の丁々発止へ!
丁々発止だけど、下品にならず、節度ある丁々発止になるところは、このお二人の懐の深さ。
このお二人のお名前からして、平凡な演奏になるはずもありませんが、「ああ、ベートーヴェンがこの曲を残してくれて、本当に良かった!」としみじみと思う、極上のベートーヴェンです。

休憩後は、桃さんのソロから。

その前に、休憩時間に、ピアノは入念に調律されていました。

そうなんです。
近郊の都市のホールのピアノって、都心のホールのピアノに比べて、コンディションがちょっと…と感じることがあります。
この日も、演奏会冒頭の音は「もしや」と思ったのですが、さすがは桃さん、あっという間に指先を調整したのでしょうか?
1曲目の変奏曲の途中からは、聴いていて違和感がなくなりました。

それでも、休憩時間に入念な調律。

休憩後のソロは、LFJの小ホール公演で聴いた時と同様の、するどい音、ほとばしる気合い、ポーカーフェースで。

そして、再びデュオで、ショパンのソナタ。
興が乗った…という月並みな言葉しか思い浮かばない極上のひと時。

お客様の数、あまり多くなかったですけど、そういうときによくある「本当に聴きたい人達だけが集った演奏会」で、客席の集中力高し。
雰囲気良し。
おそらく、演奏者にも伝わったのではないでしょうか。

なお、茅ヶ崎市民文化会館は、典型的な多目的ホールですが、多目的ホールにしては(あくまでも「多目的ホールにしては」ですが)クラシック系が潤いのある音で鳴るホールです。
個人的には鎌倉芸術館よりも好ましく思うくらい。
(ローカルネタですみません。)
まだサントリーホールが無かった頃、地元で「こんど茅ヶ崎に出来たホールは音響がいい」と言っていた記憶があります。

20141109vcp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

ハーディング/新日本フィル(2014/11/08)

2014年11月8日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:ダニエル・ハーディング
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第533回定期演奏会)

ブルックナー:交響曲第5番

(前夜の演奏は聴いていないので比較出来ませんが)
ハーディング様、結構、煽る、煽る、ここまでやるか。
それでも爆演にならずに運動エネルギーが音に変換されて高揚。
完璧でない箇所は散見されたとは言え、私がこれまでに聴いたこのコンビの演奏の中でも、かなり上位にランクしたくなる演奏。
前日の演奏が、ネット上にネガティブな感想があふれていたので心配しましたが、良かった、良かった。

でも、開演前、空席が結構多いのにたじろきます。
特に2階正面、3階正面の前方。
オケの皆さんの表情も固く感じられたのは、私の先入観のせいでしょうか?
登場したハーディング様の表情も、思いつめているように固く感じられたのは先入観のせいでしょうか?

細かいことを言えば、それなりに色々ありました。
弦楽器奏者の一人?が飛び出しかけたりしてません?
管楽器陣の音の入りで、アンサンブルが微妙に乱れたりしてません?
でも、それは「部分のこと」と受け流せるくらい、全般的には満足度高し。

もしかしてハーディング様、相当の危機感を持って今日の演奏会に臨んだ?
思いつめたような表情で激しく振る指揮にオケも反応、弱音(微弱音とはあまり感じませんでした)のニュアンスも申し分なく美しく、咆哮する高揚も、飽和や混濁無し。

分厚いところ皆無のスリムな音の印象ブルックナーは、ハーディング様らしい響き、音作りと言って良いのでしょうか?
そういう意味では、指揮者の求めている音を、NJPがかなりの域まで鳴らしていたと言うべきなのかな。

私の印象は、最近は、一時期の「ハーディング様の求める音をNJPが出し切れていない」という印象が徐々に払拭されつつあるのですが、前夜は未聴なので、定かではありません。
オケの皆さん、終演後も表情固めですし。
正直、この日の演奏だったら(メッツマッハーさんの好演の時のように)指揮者が最初に引っ込んだ瞬間、オケの皆さん、大いに笑顔が弾けても良かったくらいに感じましたが…。
(もっとも、管楽器の皆さん、控えめに弾けてはいました。)

なお、この日(正確には前日)会場で発表になった、メッツマッハーさんが今季限りで退任!というのは、個人的には、(恐れていたこととは言え)やはりかなり残念(ショックに近い)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

ハーディング/新日本フィル(2014/11/2)

2014年11月2日(日)14:00
サントリーホール

指揮:ダニエル・ハーディング
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第532回定期演奏会)
テノール:アンドリュー・ステイプルズ
ソプラノ:森麻季

マーラー:「子供の魔法の角笛」より
  骨折り損のくたびれ儲け(むだな骨折り)
  美しくラッパの鳴り響くところ
  ラインの伝説
  この世の生活(浮き世の生活)
  お高い良識 褒める歌(高い知性への賛美)
マーラー:交響曲第4番

このコンビで時折感じる「ハーディング様の要求にNJPが応じ切れていないかも」というもどかしさがあまり無かった印象。
(「全く」とは申しませんが。)
そういう意味では、素直に良かった!と言うべきですかね。

ついつい、斜に構えた感想を述べてしまうのは、この日のゲスト奏者の多さも…。
他の日と比べたわけではありませんが、プログラム冊子にはさまれたメンバー配置図に★印がついているので、ついつい数えてしまいます。
その上で、「ゲストで補強するならあの楽器のパートでしょ!」と言いたくなるところはゲスト奏者無し。
(偉そうにすみません。)

まあ、それはともかく、演奏自体は、一部のパート(いつものことですが)も、(さらに上のレベルを求めたいにせよ)大きな破綻はなく、全般的には満足のいくものでした。

交響曲の第1、第2楽章と、第3、第4楽章で、ガラリと変わったように感じたのは、私だけでしょうか?
第1、第2楽章は、分析的というか、構築美というか。
グロテスクな面は封印し、ひたすら美しい音の要素を積み上げる。
第3楽章からは、融和、調和。
こちらは、第2楽章までとは全く様相の異なる美しさ。
ハーディング様が第2楽章終了後にスコアを伏せて、第3楽章から暗譜で指揮したの、何か意味があったのでしょうか?

「興奮した」と言うよりは、「浸った」と言うような体感。
それはそれで、魂を浄化されるような体験でありました。

ちなみに、声に関しては、私の席は、ほぼ“反対側”だったので、(ネット上では諸々の反応がありますが)感想を述べる資格はなく、可も無く、不可も無し。
ソリスト急病を代役2人で乗り切ったNJPの事務局の皆さん、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »