« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月の8件の記事

2015年2月28日 (土)

ワイケルト/新日フィル(2015/02/28)

2015年2月28日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:ラルフ・ワイケルト
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第536回定期演奏会)

ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」序曲
ヒンデミット:ウェーバーの主題による交響的変容
ブラームス:交響曲第1番

開演前、1曲目終了後、2曲目終了後、そして休憩後の演奏前、終演後と、会場の拍手が、徐々に指揮者に好意的になり、最後は熱くなる様は、まさに変容!
私も会場の皆さんと同じ気分でした。

前半から、芯のあるいい音を出しています。
新日本フィルとの相性、かなり良いのではないでしょうか?
奇をてらったところのない実直な指揮に、オケも安心して気合いを入れて音を出しているような印象。
オケの鳴りが良いのは、聴衆が少なめでホール内の吸音が少なめのため…ではないでしょう。
(残念ながら、かなり空席が目立ちましたが…。)
俊敏性や緻密さよりも、音の立ち上がりと重量感を指向したような音に感じましたが、ヒンデミットでも、こういう演奏はアリだと思います。

後半のブラームスも安定感抜群、聴き応えがありました。
「本番でのサプライズなんて出さないから、安心して、私を見て、思いっきり演奏したまえ」が最大限良い方向に作用したような演奏(←事実でも、推測でもなく、形容として書いてます)。
聴衆も安心して気分を高揚できる正攻法の演奏。
ある意味、おもしろみのない真面目な演奏ですが、そのおもしろみの無さが魅力的という逆説的なおもしろさ(←わけわからないこと書いてすみません)。

正直、ここまでオケが良く鳴るとは期待していなかったので、意外や意外。
ワイケルトさんに関して、勉強不足ですみません。
NJPにはこういう実直で堅実なマエストロが必要なのではないでしょうか?

個人的に、少々疲れ気味だったので、ヒンデミットの交響的変容が演目に無かったら、行くのを自粛していたかもしれませんが、このブラームスが聴けて良かったです。

以下は蛇足です。

この演奏会の前は、私は個人的にちょっとタイトな日程でした。
前週の土曜日に、父の三回忌法要(没後二年)を執り行いました。
とりあえず、一区切りです。
その翌日は名古屋への出張の移動日(前泊)。
“忙中”に“閑”を無理矢理作って、名古屋でパーヴォ・ヤルヴィ/N響を聴きました。
その後、名古屋に連続5泊し、金曜日に戻ってきました。
当初は「名フィルの演奏会が全くない期間の名古屋5泊とは(巡り合わせが悪い)!」と嘆いていましたが、滞在期間中はそれなりに大変だったので(出張だから当たり前ですね)、かえって無くて良かったのかもしれません。
というわけで、ちょっとお疲れモードの中での鑑賞でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

パーヴォ・ヤルヴィ/N響(2015/02/22)

2015年2月22日(日)15:00
愛知県芸術劇場コンサートホール

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
NHK交響楽団

ピアノ:ピョートル・アンデルジェフスキ

R. シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
モーツァルト:ピアノ協奏曲第25番
R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」

「英雄の生涯」で、そうか、パーヴォさん、分厚いR. シュトラウスの響きではなく、スリムでシャープな音を織り、重ねて、見通しの良い流れを作っているんだ!と悟ってから、俄然面白く感じるようになりました。
スリムな音の多層構造のR. シュトラウス。
その方向では、最上の演奏に近いかもしれません。
一曲目の「ドン・ファン」をもう一回聴いたら、最初の感想が覆るかも…と思ったくらいです。

そう、「ドン・ファン」では、ちょっと戸惑いました。
冒頭の速い部分の切れ味はさすがです。
全般的には好印象です。
しかし、中間のゆったりとしたところの音色は、もう少しニュアンスが欲しい気もしました。
私の席の音響のせいかもしれませんが…。 
初めて鑑賞するホールなので、一回聴いただけでうかつなことは言えませんが、木管の音がややメタリックに聞こえたのは私の席の音響のせい? 

協奏曲はモーツァルトなので、さすがに自由奔放というほどではありませんが、それでも音の粒の色を駆使して奏でたアンデルジェフスキさんはさすが。
N響も小編成で今度は音色も好印象。
まろさんが何度も促したのですが、アンコールは弾きませんでした。
最初に引っ込んだ後、舞台袖でパーヴォさんとかなり長いこと(15-20秒くらい??)話してから出てきました。

「英雄の生涯」の演奏終了後のカーテンコール中、N響の楽団員の皆さんが舞台上でこんなにはじけちゃっているのは、私は初めて見たかもしれません。
終わり良ければ全て良し。

私の座った席では前半、木管の音がメタリックに感じられ、後半も木管の音が相対的に強めに感じられたので「そういう音響の席なのか」と思いましたが、最後の方では無問題の音響バランスに聴こえたので、よくわからず。
終わり良ければ全て良し。 

Twitterで教えていただきましたが、この日は満席のためか、日頃のこのホールよりは残響が少なめだったそうです。
ステージも近く感じられ、またぜひ聴きに来たいホールです。
残念ながら、今回の出張での名古屋滞在期間中、もうコンサートはありません。

20150222n1

20150222n2

20150222n3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

スピノジ/新日本フィル(2015/2/20)

2015年2月20日(金)19:15
サントリーホール

指揮:ジャン=クリストフ・スピノジ
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第535回定期演奏会)
オルガン:松居直美

ロッシーニ:歌劇「チェネレントラ」序曲
シューベルト:交響曲第3番
サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」

私としては、シューベルトが一番だったかな。
弾むような楽しさ。
特に、素晴らしく反応したのは木管陣と言って良いでしょう。
興が乗った遊び心のある演奏は、指揮者の求めるものだったのでは?

ロッシーニも、NJPのシャープ目のサウンドもあいまって、ワクワクするほど楽しかったのですが、オケの方に微妙に手探り感があったような気も少々。

前半、部分、部分で、指揮者の求める楽しさのレベルはもっと上があるような気もしましたが、それでもこれで文句を言ったら叱られそうな楽しさでした。

スピノジさん、暗譜かと思ったら、指揮者用の譜面台ではなく、奏者用の譜面台?を遠目に置いて振っていました。

休憩後のサン=サーンスは、第1楽章後半のしっとりとした美しさが絶品。
弦もゆったりとしたところでニュアンス豊か、オルガンが加わり、絶妙の音。
第2楽章後半の高らかな高揚も素晴らしかったですが、頑張ってるけど音の仕上がりが「んん?」という場面も多々あったような…。
「終わりよければ全てよし」と言うには少々…。
第1楽章前半など、他のイケイケのところは少し荒削りの合奏だったような印象も。

オルガンの音色は、奏者の操作で結構変わるのですかね?
サントリーホールのオルガンは、私は少し騒々しい(排気量の小さな車で速度を出した時のような?)印象を受けたこともあったのですが、今宵はそのようなことは無し。
しっとりと美しい音色でした。
1回目のカーテンコールで、スピノジさんは、わざわざ狭い所を通って松居さんを迎えに行き、ステージ前方に引っ張り出して、以降は、ソリスト扱いでカーテンコール。
この日は松居さんを取り上げるテレビ番組のためにカメラが入っていましたが、そのカメラのためのサービスでは無く、本当に良かったのだと思います。

…というわけで、ちょっと現在の新日本フィルの課題を見てしまった感もありますが、
(新日本フィルの木管、ほんと、名手揃いですよ。この日、乗っていなかった方々も含めて。だけど、オケ全体での音作りとなると、難しいですね。)
スピノジさんを聴く楽しみは十分。
スピノジさんは、これまでも、2年に一回のペースでしたっけ?
来季のラインナップに名前はありませんが、その次のシーズンには、また振ってほしい指揮者です。
今季も「え?サントリー1公演だけ?」と思いましたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

パーヴォ・ヤルヴィ/N響(2015/2/14)

2015年2月14日(土)15:00
NHKホール

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
NHK交響楽団

(第1803回定期公演 Cプログラム)
ヴァイオリン:庄司紗矢香

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
シベリウス:水滴
(アンコール)
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

パーヴォさん、おそらく冷静に、全てをコントロール下に置いて、圧倒的音響を構築し、結果として圧倒的高揚に至る。
どこか冷静なところのあるこの興奮は、もしかしてN響にものすごーーく合っていたりして。

先日のエルガーでも思ったのですが、これだけオケを雄弁に慣らしておいて、ソロの音をかき消すようなことはなく、独奏付きの交響曲ではなく、ちゃんと「協奏曲」になっているパーヴォさんのバランス感覚!

やっぱり私は、先日聴いた神尾さんの演奏スタイルより、庄司さんのややスリムで歯切れの良い、かつ旋律美もそれなりに歌わせるスタイルの方が、はるかに好きです。
好みの問題です。
どちらが良い、悪いの問題ではありません。
庄司さんの、あまり豪腕に感じさせないけど、しっかり鳴っている音。
後述するパーヴォさんの音作りに通じるところがあったかもしれません。
少し物足りないとか、大人しいとかいう感想もありだと思います。
でも、私は、この均衡を保った構築美の演奏を、非常に好ましく聴きました。
「味わった」と言った方が良いくらいです。

アンコールはピツィカートだけの曲。
ヴァイオリンを通常の構えではなく、ギターかマンドリンのように(と言うほど下の方に下げてはいませんが)抱えての演奏でした。

休憩後のショスタコーヴィチも、N響からこんな音が出てしまった!というような演奏です。
先日のマーラーも含めて、会場は大興奮でしたけど、どこか冷静に構築された高揚に感じたのは私だけ?
それが悪いというわけではなく、比類のない音響は超快感ですが…。

指揮、演奏が本当に冷静な高揚だったかどうかは定かではありませんが、私は比較的冷静に聴いていて、そのせいか「あ、凄い凄い」「あ、ここも凄い」「次も凄いはず。あ、やっぱりパーヴォさん、大きくえぐった!」と、冷静に楽しみました。
これはこれで超楽しい。

ともあれ、こんな音が鳴るなら、普段N響をあまり聴かない私でも、NHKホールに足を運ぶ回数は増えるかもしれません。
N響にはいろいろな思いがありますが、チケット代が「パーヴォさん特別料金」にならないところは本当にありがたいです。

なお、この日は、コンサートマスターの堀さん、第2ヴァイオリン首席の永峰さんの退団前のラストステージでした。
普段、N響をあまり聴かない私なのに、なぜか、徳永さん(指揮はラザレフさん)、山口さん(指揮はブロムシュテットさん)、堀さんのラストステージの日全てに、NHKホールに居ることになるとは…。

20150214n1

20150214n2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

カンブルラン/読響(2015/2/13)

2015年2月13日(金)19:00
サントリーホール

指揮:シルヴァン・カンブルラン
読売日本交響楽団

(第545回定期演奏会)
ヴィオラ:ニルス・メンケマイヤー

武満徹:鳥は星形の庭に降りる
バルトーク:ヴィオラ協奏曲
J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番~サラバンド
(ヴィオラ版)(アンコール)
アイヴズ:答えのない質問
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界から」
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第10番
(Op.72-2)(アンコール)

カンブルラン様は、有名曲だと思って斜に構えて聴きに行くと、とんでもない凄い演奏で、深く反省させられることがありますが、この日もまさにそれ。
「恐れ入りました。」
「なめていて、申しわけありませんでした。」

休憩後のアイヴズから、「新世界から」へ、間合いを置かずに続けて演奏するという趣向は、それはそれで面白い体験でした。
しかし、そんな趣向は無くても、この比類のない「新世界より」は、筆舌に尽くしがたい、新感覚の体感です。

「新世界から」の、いきなりのハイテンションの音に仰天しますが、よく聴くと強気一点張りの演奏ではなく、主旋律でないところの、もやもやもや…というニュアンスの絶妙なこと!
まるでドビュッシー(乱暴なたとえですみません)。
高らかに鳴らすところの美しい金管の音は、まるでラヴェル(乱暴なたとえですみません)。
まるでドビュッシーとラヴェルを混ぜたかのような、フランス音楽のようなドヴォルザーク(乱暴なたとえですみません)。

ハイテンションと絶妙のニュアンスの高度な融合!

「新世界から」の凄演が終わったのに、読響の皆さん、いつものようにはじけないなーと思っていたら、アンコールがあったのでした。

あの「新世界から」の凄演のあとには、普通「アンコールは要らないよ」となるところですが、このスラヴ舞曲の演奏は、本編にも劣らないほど、美しく、ワクワク。

武満さんの作品を「アメリカで初演」とすれば、バルトーク、アイヴズ、「新世界から」と「アメリカ・プロ」なのかなぁ…と開演前は思っていましたが、そんな思いはどこかへ飛んでしまいました。
アンコールにスラヴ舞曲まで演奏しましたしね。

前半も良かったのですが、後半が良すぎて、飛んでしまいました。
武満徹さん、バルトークと、和風も、和洋折衷も、東欧もない、スタイリッシュなカンブルラン・サウンド。
それはそれで快感、爽快。
果敢に攻めながらも美音を失わないヴィオラ独奏も快感、爽快でした(語彙枯渇、御容赦を)。

カンブルラン様、軽々しくレッテルを貼れませんね。
引き出しは無限にあるのでしょうね。

20150213

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

秋山和慶/東響(2015/2/11)

2015年02月11日(水)15:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

秋山和慶 指揮者生活50周年記念演奏会
指揮:秋山和慶
東京交響楽団

ヴァイオリン:神尾真由子

ブラームス:交響曲第2番
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲
スメタナ:歌劇「売られた花嫁」~道化師の踊り
(アンコール)

50周年に!身構えているのは聴衆の私のだけで、秋山さん、気負いなし、自然体。
いつもの通りに登場し、いつものように、まず聴衆に答礼してからコンサートマスターと握手。

ブラームスは、ふわっと始まり、淡々と進むようでして、音には豊かなニュアンスが宿る。
第4楽章ではオケの皆さん、体を揺らしての熱演なのに、音には気負いは現れずに、あくまでも自然に高揚。
秋山さんが東響以外の在京オケを振ると、音がシャープ気味に出るような気もしますが(東響が今みたいにうまくなる前の80年代とかもそうでしたが)、近年の東響との演奏に多いように、ミューザの分官能の高い音響でも、柔らかくで美しい「東響定期で聴ける秋山さんの音」。

休憩後のチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲での神尾真由子さんは、第1楽章は情感たっぷり。
その分、テンポやリズム感は後退した感もありますが、おそらく意図的な演奏スタイルでしょう。
ただ、私の好みとは少し違うので、正直、オケだけの場面になるとホッとした気分になったことは否めません。
(それでも、強烈な個性として認めるべきでしょうね。)
第2楽章はその「情感たっぷり」がプラスの印象(←あくまでも私の好みに対して、です)に転じました。
第3楽章の印象はそれまでとは結構違っていて、果敢に攻めてリズム感も前面に。
徐々に私の好みのスタイルになっていったのか、私の耳が慣れていったのかは不明。

そして、「ダフニスとクロエ」になったとたん、オケの音モノラルからハイレゾになったような視野の広がりっぷり。
(モノラルから5.1チャンネル、あるいは、SPからハイレゾと例える方が、適切に比較しているかな?)
やっぱり秋山さんの近代ものにおけるバトンテクニックは健在。
あらゆる音が、多層的、多次元的に並立し、背反しながら調和する。
ホールの空間に身を置くことの幸せを体感する音響。

サントリーホールの音響だったら、もう少し違う音色になったかもしれませんが、この日の音響の方が、往時の東京文化会館での聴感に近いかもしれません。

終結の音は微妙にずれそうになった感もありましたが、この音の「要素」の「集合体」の見通しの良さと統一感は、やっぱり秋山さん。
数年前の東響定期でのスクリャービンの体感にも通じる快感です。

アンコールのスメタナも、踊りというよりは突進の印象でしたが、もっと後年の作曲家の音楽か?と思ったくらいの音の多様性。

盛りだくさんの演奏会でしたが、秋山さんにとっては区切りと言うよりは通過点なのではないでしょうか。

なお、私が秋山さんと東京の演奏を初めて聴いたのは、1981年3月11日。
あの日の演奏に出会ったから、今の私のライフスタイルがあると言っても良いくらいの、鮮烈な演奏でした。

2015021101

2015021102

2015021103

2015021107

2015021109

2015021110

2015021109_2

2015021111

2015021104

2015021105

2015021106_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

パーヴォ・ヤルヴィ/N響(2015/2/8)

2015年2月8日(日)15:00
NHKホール

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
NHK交響楽団

(第1802回定期公演Aプログラム)
チェロ:アリサ・ワイラースタイン

エルガー:チェロ協奏曲
バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番から「サラバンド」
(アンコール)
マーラー:交響曲第1番「巨人」

N響の輝かしい未来を想起する賛歌!

N響のチケットの輝かしい売れ行きも確信!

こうして、「NHKホールでいいじゃん、お客さん、いっぱい来るし」と、NHKホールでの定期演奏会がずっと続く?(ひねくれていてすみません。)

エルガーのチェロ協奏曲、本当に素晴らしい。
後半の大興奮の後でも、前半のオケの音が思い出されます。
普段あまりN響を聴かないので「N響からこんなに深い深い音が出るとは!」などと言う資格は私にはないのですが、それでも言いたくなります。
節度ある美音、節度ある小爆発。
これだけオケがハイテンション(爆演とは違います)で鳴っていても、“独奏付きの交響曲”のようにならないバランス感覚も素晴らしい。

休憩後のマーラーも、これ以上ない微細な音で始まります。
第1、第2楽章あたりは「屈折した面の無い、明るくポジティブなマーラー?」と感じましたが、第3楽章の後半や、特に第4楽章は、結構揺さぶっていて、その「ため」や、「ため」の後の爆発など、かなり表情付けがされていました。
最後は、N響の輝かしい未来を想起させる賛歌のよう。

それまで鉄壁だったN響のアンサンブルが、第3楽章の最初の方で、微かに乱れかけたように感じたのは、私の気のせい?
パーヴォさんの揺さぶりは、もしかしてそれに対するカンフル剤?とも思いましたが、前夜の演奏は聴いていないので、わかりません。

個人的に少し疲れ気味の体調だったので比較的冷静に鑑賞したが、前述のように、N響の輝かしい未来(まだ上はあるはず)を確信させられる演奏会でした。

20150208n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

フルシャ/プラハ・フィル(2015/2/7)

2015年2月7日(土)15:00
鎌倉芸術館

指揮:ヤクブ・フルシャ
プラハ・フィルハーモニア管弦楽団

ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」
ドヴォルザーク:スラヴ狂詩曲第3番
(Op.45-3)
スメタナ:交響詩「モルダウ」
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第15番
(Op.27-7)(アンコール)

お客さんの拍手、正直です。
「モルダウ」と「新世界より」が有名曲だから、ではありません。
演奏も、この2曲が、より練り上げられて素晴らしい。

一曲目の序曲「謝肉祭」が始まったときは「あれれ?」と思いました。
「これが、都響で聴いているフルシャ様々の音楽ですか?」
「瞬発力と機動力はあるけれど、響の薄いオケ??」
しかし、曲が終わる頃にはそういうネガティヴな印象は薄れていったので、演奏しながら修正したのか、ホールの響きに慣れていなかったのか…。

2曲目のスラヴ狂詩曲では、ハーモニーもきれいになりましたが、ああ無情!
曲の終わりの方の静かなところで、おそらく補聴器のハウリングと思われる音が、耳に付く音で混ざりました。

「モルダウ」の演奏の前にフルシャ様が登場した時、憮然とした表情に感じたのは私の気のせい?
2曲とも、曲間の拍手がカーテンコールなしだったから?
それとも補聴器のハウリングと思われる音のせい?

しかし、「モルダウ」は、前半の最後を飾るにふさわしい完成度。
音の溶け合い、音圧、スケール感。
ああ、「ブラニーク」も聴きたい!
いや、一曲だけでも、聴けて幸せ!
の混じる感情。

会場の拍手も(前半の最後の曲だからではないですよ)ひときわ大きくなり、カーテンコール2回。

休憩後の「新世界より」は、さらに素晴らしい。

前半を遥かに凌駕する気合と絶妙なニュアンスの凄演!
「チェコの団体の来日演奏会は新世界ばかりで…」と思っているのはおそらく私達だけで、演奏するプロの皆様はそんなこと思っていないのではないでしょうか。
この曲、有名曲ですけど、やさしい曲ではありません、少なくとも聴衆にとって。
複雑に絡まり合う旋律に、次々と変化する構成も複雑。

それを、フルシャ様とプラハ・フィルの皆さんは、真剣勝負。
“出稼ぎ用”の通り一遍の演奏などでは決してありません。
弦の微細なニュアンス、管楽器の(良い意味での)ちょっとくすんだ響き。
聴いていてこんなに心にしみた第2楽章は久しぶりかもしれません。
アタッカにはしなかったが、第3楽章の第4楽章の間は楽譜をめくる数秒のみ。
その第4楽章を振ろうと待ち構えるフルシャ様の気合も凄い。

演奏終了後は大喝采、前半の最後よりも凄い。

オケのメンバーの皆さん、「新世界より」の演奏が終わって、ようやく表情が緩みました。
アンコールのスラヴ舞曲は、「新世界より」の練り上げられた演奏に比べると、やや勢いで押した演奏に聞こえてしまいましたが、まあ、アンコールですから。

聴く前は、本当は「わが祖国」全曲の日(東京芸術劇場)に行きたかったんだけど…などと思っていましたが、この日の「新世界より」を聴いて、そんな思いは吹き飛んでしまいました。
この「新世界より」を聴けただけでも、行って良かった!!

20150207

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »