« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月の9件の記事

2015年5月30日 (土)

テミルカーノフ/読響(2015/05/30)

2015年5月30日(土)14:00
横浜みなとみらいホール

指揮:ユーリ・テミルカーノフ
読売日本交響楽団

(第80回みなとみらいホリデー名曲シリーズ)
ピアノ:河村尚子

リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」
ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲
ラヴェル:「ダフニスとクロエ」組曲第2番
チャイコフスキー:「くるみ割り人形」~「パ・ド・ドゥ」
(アンコール)

「私が過去の記憶を美化しているだけなのかな?」と思った前半。

「確かに素晴らしいけど、このコンビなら、もう少し上のレベルの演奏もあるのでは?」と思っていたら、ありました、そのすぐ後に。

休憩後のラヴェルは、協奏曲のオケ・パートからして、別格のスケール、前半とは雲泥の差。
いや、物理的には僅差。
雲泥とは言い過ぎかもしれませんが、この一歩を上がるか上がらないかは一流と準一流の境目。

テミルカーノフ・マジック炸裂!!

いつも思うことですが、奇術師の風貌のテミルカーノフさん。
シルクハットをかぶったら、指揮者には見えません。
その、いまにも袖から鳩が出てきそうな風貌で、手先を怪しく動かすと…。

その怪しい指先の動きにオケが反応し、指先をひねっただけで轟音がとどろき、手首をひねるとオケの音がうねり…と。

ラヴェル本来の透明感のあるサウンド。

それがアンコールのチャイコフスキーになると、一気にオケの色合いが変わる。

これこれ、これですよ、私がテミルカーノフ・ブランドに期待していたのは。

前半だって、普通の演奏会だったらべた褒めするレベルですよ。
でも、テミルカーノフ・ブランドですから。

シェエラザードでは、(前夜も演奏しているはずなのに)オケが次第に指揮者の色に染まっていく様子は面白い。
日下コンマス、どうなんでしょう?
ソロは良かったと思います。
でも、演奏中、ヴィオラ首席の鈴木さんが何度も木管に合図をしていませんでした?
日下コンマスの隣には小森谷コンマスも座っていたのですが。

テミルカーノフさん、日下コンマスのソロにはほとんど指示を出さなかった(←ゼロではない)ですが、それに寄り添うハープには、あの魔法の手で必ず入念に指示を出す。
オケが指揮者の色にに染まった後(第2楽章くらいから)は、相当にハイレベルの音でしたが、ときどき、微妙に音がずれたりして、あれれ?と思ってしまったのでした。
音の溶け合いも、そのハーモニーの音色も、後半の方が極上でした。

そうそう、河村尚子さんのピアノ、相手がテミルカーノフさんでは、「競争」曲で勝負になりません。
しかし、テミルカーノフさんの大河に逆らわずに上手く乗って、さらに自己主張をしていて、さすが!と思いました。

20150530_161859

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月29日 (金)

ダウスゴー/都響(2015/05/29)

2015年5月29日(金)19:00
サントリーホール

指揮:トーマス・ダウスゴー
東京都交響楽団

(第789回定期演奏会Bシリーズ)
クラリネット:カリ・クリーク
ソプラノ:半田美和子
バリトン:加耒徹

サーリアホ:クラリネット協奏曲「D’OM LE VRAI SENS」(2010)(日本初演)
ニールセン:交響曲第3番「広がりの交響曲」

作曲者サーリアホさん御臨席の演奏会。
協奏曲の演奏後にステージに呼ばれて、盛大なブラボーを浴びて、さぞかし…。

事前にプログラム冊子の解説を読んでいたとは言え、そんな予備知識など無力の実演のステージ…いや、ホール空間。

まず、協奏曲なのに、指揮者しか出てこない時点で「えっ?」。
(プログラム冊子には、離れた場所から演奏開始と書いてありましたが。)

オケのメンバーの譜面台に、オペラのピットで演奏するときのようなライトがついているなぁ…と思っていたら、いきなり暗転。

オケの演奏が始まってしばらくすると、会場の客席の方から、ひっかくような音(失礼!)のクラリネットが…。
やはて、クラリネット奏者は、ライトでうっすらと姿が浮かび上がり、客席から舞台上へ移動。
ステージ上も縦横無尽に動き回る。
呼応してオケの木管奏者も立ち上がったりして、視覚的にも面白い。

そうなんです、最初のうちは、「視覚的には面白いけど…」などと斜に構えて聴いていたのですが、クラリネット独奏にこれだけ熱演されると次第に引き込まれ、作曲者と演奏者の術中にまんまとはまってしまいました。

これは凄い。
凄いけど、クラリネット独奏のクリークさんあって成り立つ曲、演奏かも。

作曲:サーリアホ
クラリネット独奏:クリーク
指揮:ダウスゴー
演出:??
照明:??
振付:??

「東京都交響楽団」を忘れてはいけません。

ちなみにクラリネット独奏のクリークさんが、アンコールを吹く素振りを見せて、やめて、客席大爆笑でしたが、私の席の位置からは、クリークさんが何をやったのか、良く見えなくて残念。
「え?何?いま笑うところなんですか」と。
(ネット上の情報だと、クラリネットを分解して見せたとか?)

こういう時の休憩時間のロビーは、空間が輝いて、熱気がむんむんしていますね。

後半のニールセンは、前半がかなり刺激的だったので相対的に大丈夫かな?と思いましたが心配無用。
ダウスゴーさんは、指揮棒だけでなく、全身、そして顔面をも駆使しての指揮。

暖色系の音と、寒色系の音が織りなす多彩、多様な音のパノラマ。
都響だからこういう音になったような気もしますけど、前回、新日本フィルを振った時はどうでしたっけ?
切れ味のある音、朗々と鳴らす雄大な場面、等々。

ニールセンは、それほど知られざる作曲家というわけではなく、在京オケの定期演奏会でも、意外と昔から取り上げられている作曲家だと思います。
都響も、アツモンさん常任の時代に、渡邉暁雄さんが定期で「4つの気質」を振ったのを聴いたような記憶があります。
ブロムシュテットさんがレパートリーにしていたこともあり、N響定期でも取り上げられていましたね(CD化もされています)。
ブロムシュテットさんが「不滅」を振った定期では、保守的なNHKホールの客席が沸きに湧きました。
いや、ニールセンにそういう印象を持つのは単なる先入観で、ニールセンって仮に初聴きでも、意外と客席にウケる曲かもしれません。
現に私も、この第3番はそんなにCDで聴き込んでいるわけではなく、もしかしたら実演を聴くのは初めてかもしれませんが、かなり堪能しました。
もちろん、ダウスゴーさんの指揮、それに応えた都響の演奏あってのことですが。

20150529

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

ウルバンスキ/東響(2015/5/24)

2015年5月24日(日)15:00
横須賀芸術劇場

指揮:クシシュトフ・ウルバンスキ
東京交響楽団

チェロ:タチアナ・ヴァシェリエヴァ

ルトワフスキ:交響曲第4番
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲
スメタナ:連作交響詩「わが祖国」~「高い城」、「モルダウ」、「シャルカ」

交響曲も協奏曲も、美しい、ひたすら美しい演奏。
東欧の指揮者による演奏という思い込みは完全に覆されるモダンサウンド、21世紀の指揮者ですねえ。
ルトスワフスキですら「ああ、きれいなメロディ」と思ったくらいです。

ドヴォルザークの協奏曲のソロのヴァシェリエヴァさんは、一音もおそろかにせず、決して乱暴に弾かず、全てを美音の連続で奏でる。
よって「競争」曲にも、「強奏」曲にもならず、まさに「協奏」曲としてのオケとの調和になります。
私は好意的に聴きましたが「刺激が無い」「迫力が無い」という感想もあり得ますので、諸刃の剣のような演奏だったかもしれません。

休憩後のスメタナはピュアトーン。
ピリオドではありませんが、純度の高い音色です。
美しく艶やかで、鏡面仕上げのように感じる場面も多々ありましたが、無機的にはならずに温もりも内包する音です。
熱狂も狂乱もありませんが、充足感があります。

ウルバンスキさんという指揮者、聴けば聴くほどレッテルを貼れなくなりますねぇ。

なお、横須賀芸術劇場は、私は8年ぶり2回目。
前回はオペラだったので演奏会は初めて聴きました。
劇場と言っても、コンサートの時のステージには移動式の反響壁がちゃんと設置されており、新国立劇場での演奏会形式や、テアトロ・ジーリオ・ショウワでの演奏会よりも、音響の条件は良いかもしれません。
適度な残響感もあり、無味乾燥な音ではありません。
音響には割と好感をもちましたが、直接音がビシバシ飛んでくるような音ではなく、マイルドな(悪く言えば、直接音があまり来ない)のは、私の座った席の位置の問題かもしれません。

20150524

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

新国立「椿姫」(2015/05/19)

2015年5月19日(火)19:00
新国立劇場

ヴェルディ:椿姫

「蝶々夫人」で驚嘆した指揮のイヴ・アベルさんマジックは今回もさえる!
絶妙としか言いようがないオケの音、前面に出る時だけでなく、伴奏、合いの手に至るまで、ビシバシとツボにはまる。
その棒のマジックは(私の席からは見えませんでしたが、おそらく)歌手にも及んでいるに違いありません。

第2幕第1場終了後に中断…いや、休憩。

ここに休憩を入れるのには賛否両論があると思いますが、私は意外と効果的かも…と思いました。
ただし、休憩後の第2場が始まってから。

そして、休憩前の時点では、この新演出に「???」
演出や舞台装置は、4階席からはよく分からず。
第1幕は鏡面の床に写った像と実体の区別がつきにくく、全体的にぼやっと見えます。
(そういう狙いかどうかは不明)
第2幕第1場で、後方に浮かぶパラソルは何?
「???」
もっとお値段の高い(高度の低い)席なら違う印象かもしれませんが。

ところが、この演出も、休憩後は割と楽しめました。
相変わらず4階席からだったので、よくはわかりませんでしたが、動→静→(休憩)→動→静…のコントラストだったのでしょうか。
第2幕第2場でどっかーんとぶち壊して、第4幕ではヴィオレッタの空想?の世界に?

イヴ・アベルさんも、東フィルの別働隊?を、ここまで細部まで徹底して鳴らしてくれれば期待通り。
来季も名前が入っているのが嬉しい限りです。
もちろんオケだけでなく、コーラスも、役付きの歌手も、指揮者が導き出した圧倒的高揚でしょう。
鳴らしても、しっとりと歌わせても文句無し。

私は「蝶々夫人」で驚嘆したので、前回来演の「コジ」はピットの見える高価な席を買いました。
しかし、あの頃はいろいろあって、行けずにチケットを無駄にしてしまいました。
今回もピットの中の指揮姿が見たくてたまらなかったのですが、本当に行けるかわからなかったので(この日も微妙でした)、D席にしておいたのでした。
指揮姿、見たい!!

歌手は主役2人はまずます良かったと思います。
お父さんジョルジョ・ジェルモンは、かつて観たレオ・ヌッチさんの貫禄の歌唱が刷り込まれていて…。
そういう「比べる鑑賞」はあまり良くない(と言うより、自分にとって損な)のですが…。)

なお、私はそんなに新国立の平日夜公演には行かないので比較対象が主に休日マチネになりますが、客席の層が(椿姫だから?)微妙に違っていたような。
4階席で身を乗り出してしまう年配の女性が(私の周りにだけ?)結構居て、それでも怒号が飛び交ったりもしなかったり。
平日夜でも席がかなり埋まっていたのは慶賀の至りです。

あと、私としては、演目もさることながら、開演時間が18:30ではなく19:00であるのは非常にありがたいです。

スタッフ
指揮:イヴ・アベル
演出・衣裳:ヴァンサン・ブサール
美術:ヴァンサン・ルメール
照明:グイド・レヴィ
ムーブメントディレクター:ヘルゲ・レトーニャ
舞台監督:村田健輔

キャスト
ヴィオレッタ:ベルナルダ・ボブロ
アルフレード:アントニオ・ポーリ
ジェルモン:アルフレード・ダザ
フローラ:山下牧子
ガストン子爵:小原啓楼
ドゥフォール男爵:須藤慎吾
ドビニー侯爵:北川辰彦
医師グランヴィル:鹿野由之
アンニーナ:与田朝子

合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

201505191

201505192

201505193

201505194

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

バッティストーニ/東フィル(2015/5/18)

2015年5月18日(月)19:00
サントリーホール

指揮:アンドレア・バッティストーニ
東京フィルハーモニー交響楽団

(第865回サントリー定期シリーズ)
トゥーランドット(ソプラノ):ティツィアーナ・カルーソー
カラフ(テノール):カルロ・ヴェントレ
リュー(ソプラノ):浜田理恵
ティムール(バス):斉木健詞
アルトゥム皇帝(テノール):伊達英二
ピン(バリトン):萩原潤
パン(テノール):大川信之
ポン(テノール):児玉和弘
官使(バリトン):久保和範
合唱:新国立劇場合唱団
児童合唱:東京少年少女合唱隊
ほか

プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」(演奏会形式・字幕付)

大評判のバッティストーニさん、私はずーっと聴く機会が無くて、今回が初鑑賞。
(父の命日、すなわち法事の時期の2月にオペラを上演されては、さすがの私も、手も足も出ません)
その大評判の意味が、初めて体感しました。
これは凄い!

これぞシンフォニー・オーケストラの定期演奏会でのオペラ、スペクタクル!
歌劇場での上演では、こうは鳴らないのでは?
まるでカラヤンのオペラのセッション録音のような??(生演奏と比較するのも変ですが)
これを興奮するなと言うのが無理です。

煽る、煽る、…という表現は適切ではないでしょう。
煽っているけど、無理に鳴らしていない。
いや、煽るかのような指揮の全身運動(顔での煽り付き)が、ほぼ完全に音になって鳴り響く。

東フィル対して「新国立のピットでもこういう演奏をしてよ」と言うのはお門違いと言うものでしょう、
これは特別な上演、特別な定期です。
シンフォニックだけど、イタリアオペラ的な要素も当然具備して、鳴らす、鳴らす、歌う、歌う。

「歌手は主役2人が突出しているかも」と第2幕では思いました。
しかし、第3幕でのリューの圧倒的歌唱は「あ、第3幕にパワーを取っておいたのね」という素晴らしさ。
逆に主役2人は、強いて言えば第3幕で、2日連続公演の声の疲れのようなものを、かすかに感じないでもありませんでした。
それでもそれは、第2幕での白熱の歌唱の賜物でもあり、文句を言うようなことではありません。

音響的には、私の席は元々バランスの良い席ではないので想定内。
2階正面とかで聴いたらさらに凄い音響だったでしょうか。
オペラということで残響を控えめにしたのかな?とも感じましたが、天井から吊された反響板の位置は、私の肉眼で見る限りでは普段と変わらなく見えたので不明。

あと、私の席からは、照明装置か字幕装置かわかりませんが、冷却ファン?のような暗騒音が耳につきました。
まあ、照明効果も素晴らしかったし(演奏会形式でここまで照明を効果的に使ってくれれば、もう何も言うことはありません)、字幕もあった方が当然良いので、とりあえず「聞こえなかったこと」にしておきましょうか。

「誰も寝てはならぬ」の後で、音楽を盛大に切って、会場は大拍手となりましたが、どちらが主流なのでしょう?
私の持っているCD(カラヤン/ウィーン・フィル)をリッピングした音源を昼休みに念のため確認して「あ、やっぱり、拍手しちゃいけないんだな」と自分に言い聞かせてから会場に向かったので、私は完全に虚をつかれました。
まあ、それは今となってはどうでもいいです。

演奏会形式としては…いや、演奏会形式だからこその大音響、大興奮と言って良いのではないでしょうか。
録音して何度も聴く演奏ではないかもしれませんが(録音してました?)まさに圧倒的高揚、歌手もオケもコーラスも、首斬り役人も?

そうそう、首斬り役人、無言役ですが、身体も表情も大熱演でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

小泉和裕/神奈川フィル(2015/05/16)

2015年5月16日(土)14:00
横浜みなとみらいホール

指揮:小泉和裕
神奈川フィルハーモニー管弦楽団

(第309回定期演奏会)
ヴァイオリン:米元響子

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
ニールセン:交響曲第4番「不滅」

先月に引き続き、少なくとも定期演奏会は絶好調ではないですか、神奈川フィル。

まずは協奏曲。
小泉さんは、例によって協奏曲から暗譜での指揮。
米元響子さんは、私はおそらく8年ぶり。
前回も神奈川フィルで、シュナイトさん就任の時でした。
さすがに前回の演奏はあまり覚えていませんが、スケールの大きさと切れ味の両立したヴァイオリンの音色が心地良い。

スケールと言えば、オケの音も素晴らしい。
このレベルなら、伴奏ではなく、文字通り「協奏」。
割と、淡々と鳴っていたかと思うと、あっという間にスケールアップしてとどろくなど、変幻自在。
都響定期などで聴く小泉マエストロの音に肉薄するスケールの音が鳴っていたかもしれません。

後半のニールセンも素晴らしい。
最初から最後まで100点満点ではないにせよ、特に音量が上がった時の音の練れ具合は、相当にリハーサルで磨いたのでは?というレベル。
ここまで小泉マエストロの音をフルスケールで鳴らしてくれれば、満足度高し。

あえて言えば、ゆったりとした弱音部で少し弛緩気味に(散漫になりかけた)部分もあったような気がします。
しかし!
ちょうどそこで、石田コンマスの短いソロの箇所が。
その絶妙とも言える美しいソロを聴いて、オケが「はっ」と目を覚ましたかのように、一気に音が整ったように感じました。

さらにあえて言えば、派手に鳴らす場面での「目一杯」感(排気量の小さな車で無理矢理スピードを出すような)が、もう少し余裕があれば…。
いや、気の抜けた演奏より、はるかに好ましいので、不満と言うほどのものではありません。
ありませんが、曲が終わりに近づくにつれて、その「目一杯」感も感じなくなっていったので、神奈川フィルもやれば出来る、出来る力量はある。

P席からと思われる、フライング気味の、けたたましい拍手だけは、げんなりしましたが、その直前のティンパニの連打も、馬鹿騒ぎにならずに高揚。

この演奏経験は、神奈川フィルの「不滅」の財産になるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2015/05/09)

2015年5月9日(土)14:00
東京オペラシティコンサートホール

指揮:飯守泰次郎
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
(第289回定期演奏会)

ブルックナー:交響曲第8番

手放しで大絶賛とはいきません(特に金管楽器)。
かつ、在任中に比べると若干甘くなっているような気もします(これはこのコンビに限らず、仕方ないですね)。
しかし、飯守マエストロの、あの指揮の動作に迷いなく反応するのは、やはりシティ・フィルならではです。

飯守さんで真っ先に思い出す重低音は健在。
しかし、第3楽章での弦楽器群の美しさも比類無し。
在京オケの、テクニック的にもう少しうまい他のオケ(失礼な言い方ですみません)を飯守さんが振ったとしても、こういう音がするかどうか。
少なくとも弦楽器群、戸田コンマスをはじめとしてトップ奏者はマエストロ在任中からの面々。
特にヴィオラ、チェロのトップの方はいつも全力投球、この方々の渾身の力演あってのこの演奏です。
やはり(あの指揮の動作への)反応が違います。

この日も、前年の定期に続いて、飯守泰次郎さんのソロカーテンコールあり。

なお、どーでもいい話しですが、「さまよえるオランダ人」全幕を暗譜で振るのに、この演奏会ではスコアを置いて振っていたのが、ちょっと面白かったです。

あと、開演直前に、ホールに響き渡るドスン!という音。
ステージ上に係の方が出てきて、探して、何かを発見し、左側バルコニー席を見上げて「これ、お客様が落とされたものですか?」というような仕草。
あとで伺った話だと、3階バルコニー席から落としたそうです。
私の席(1階席後方)からは良く見えませんでしたが、財布か何か?
瓶だというツィートも見かけましたが。
いずれにしても、演奏中じゃなくて、かつ、下に人が居なくて良かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

児玉麻里(P)&児玉桃(P)(2015/5/3)

2015年5月3日(日)21:30
東京国際フォーラム ホールD7(プラトン)

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015
公演番号:257祈りのパシオン
“20世紀の祈り~占領下のパリで生まれた祈りの音楽”

ピアノ:児玉麻里、児玉桃

メシアン:アーメンの幻影

凄いものを聴いてしまいました。
メシアンが苦手で、キリスト教とは無縁の私。
この公演を聴くのにふさわしくないことこの上ありませんが、最初の音が鳴ったとたん、荘厳なる大空間に身を置いたかのような陶酔感、高揚感に。
これは…。
素晴らしい…。

私はおそらくこの曲を生で聴くのは初めてだったと思いますが、目の前で2台のピアノが鳴っている、それも、麻里さんの表情にみなぎる情熱、桃さんのポーカーフェースで内に秘めた情熱、まさにパッション!

「理解できた」などとは口が裂けても言えませんが、感じることは出来たと思います。
いや、精神をわしづかみにされ、葛藤から心酔まで、メシアンの書いた音、麻里さんと桃さんの鳴らす音と一緒に小さな旅をしたような充足感。
最後、ああ、この境地にたどりついた…という感覚が作曲家の意図に合っているのかどうかはわかりませんが、このデュオは、本当にパッション!

国際フォーラムの残響の少ない(無い?)会議場のようなホールは個人的にはあまり好きではありません。
特に弦楽器は苦しい。
むしろホールCの方が好ましいくらい。
しかし、221席のホールD7ぐらいのキャパで聴くピアノは無問題どころか、かなり素晴らしい迫力。
前回までの経験でも結構好感でしたし、この日は2台ピアノだったので、さらに申し分なし。

メシアンがかなり苦手な私なのに(だったらチケット買うな?)、最近、カンブルラン/読響のトゥーランガリラ交響曲、この日のアーメンの幻影と、苦手意識を感じないどころか、目を輝かせて拍手する公演に出会えているのは嬉しい誤算??
もしかして少しメシアンが好きになってきたりして。

というわけで、今年の(今年も)LFJ有料公演は、私はこの1公演のみで鑑賞終了です。
麻里さん、桃さんのソロの枠も聴きたかったのですが、都合がつかず。
でも、この1公演で、十分に満足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂入健司郎/東京ユヴェントス・フィル(2015/5/3)

2015年5月3日(日)20:00
東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール(アゴラ)

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015
展示ホールキオスクコンサート

指揮:坂入健司郎
東京ユヴェントス・フィルハーモニー

ベートーヴェン:交響曲第2番より 第1楽章、第4楽章

広大な地下展示ホールでの無料コンサート。
後ろの方ではテーブルや販売コーナーもあり、暗騒音(暗とは言わないかな)の中での演奏、鑑賞。
そんな(損な?)条件においても、かつ、20分くらいと言う短時間ながら、かなり聞きごたえがあったのではないでしょうか。
音に重みがあり、弾力性があり、…って、月並みな表現ですみません。
指揮の弾けっぷりが音にストレートに現れるのも好感。
そういう意味では、第1楽章の終盤と、第4楽章が楽しい。

この日は夕食後に実家を抜け出して、夜の有楽町へ。
京浜東北線の人身事故の影響で東海道線のダイヤが乱れており、「これは開始には間に合わないかな」と思いましたが、スピーチが終わって第1楽章の演奏が始まる直前に滑り込み成功。
電車移動に気を使って疲れましたが、聴けて良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »