« ハーディング/新日フィル(2015/7/3) | トップページ | 飯守泰次郎/東響(2015/07/05) »

2015年7月 4日 (土)

広上淳一/神奈川フィル(2015/07/04)

2015年7月4日(土)15:00
神奈川県立音楽堂

指揮:広上淳一
神奈川フィルハーモニー管弦楽団

(定期演奏会音楽堂シリーズ第5回)
ヴァイオリン:石田泰尚
チェロ:門脇大樹
オーボエ:古山真里江
ファゴット:鈴木一成

細川俊夫:冥想(日本初演)
ハイドン:協奏交響曲
ハイドン:ディヴェルティメントHob.Ⅱ-46~第1楽章
(アンコール)
ハイドン:交響曲第100番「軍隊」

広上マエストロ大暴れ!!
「軍隊」交響曲では、各楽章とも、指揮棒を持って振り始めるも、すぐに指揮棒は右手に持って右手は素手で振り始め、やがて指揮棒は置いてしまい、後は全身を使っての大暴れ
。この煽り、煽り、煽りの指揮に崩壊せずに追従した神奈川フィルにも唖然、呆然。
これを興奮するなと言うのは無理です。

まずは14:30からプレトーク。
川瀬賢太郎さんがファシリテータで、広上さん、そして細川さんをステージに招いてのトーク。
川瀨さんが学生時代、広上先生の指導を受けていた頃の話しとか、面白いのなんの。
そして、細川さんの曲は、3.11と関連のある曲との紹介。

そして始まった演奏は、凄まじいエネルギーの凝縮と発散を伴った曲。
現代音楽がつまらないと感じる時は、実は指揮者の曲への思い入れ度合いに原因が?…と思うことがよくありますが、広上さんが振ると、曲のツボ(大きな打点ですが)と豪流を「音楽」として視覚化、音響化。
聴衆もこれは引き込まれざるを得ません。
最後、祈りのように曲が終わると、(変な音響に耐えた、ではなく)「ああ、音楽を聴いた!」という思いに。
これは曲を書いた細川さんはもちろんですが、やはりこれだけの思い入れで演奏した広上さんと神奈川フィルを讃えるべきでしょう。

続くハイドンの協奏交響曲は、一転、楽しさ満載。
ピリオドじゃなくたってハツラツ、キビキビ、快感。
コンマスと首席のソリストがうまい!
さらにはオケが重量感と軽快感を兼ね備え(←矛盾してますが)、スピード感もある。
これは「協奏曲」じゃなくって「協奏交響曲」だよね、やっぱり…という演奏。
カデンツァの部分も広上さんがかなり振っていたのがちょっと意外。

アンコールは4人の合奏でした。

「軍隊」交響曲は、若い頃の広上さんの大暴れを思い出すような豪快で、軽妙で、指揮者の動作の視覚化の演奏。
広上さんの指揮、どういう音にしたいか、素人の私が見てもわかるような…。

神奈川フィル、もしかして今、好循環に入っていますか?
素晴らしい演奏を聴くと、良かったね、また来ようね!と少しずつでもリピーターが増え…という好循環。
移行しつつある?
すでに移行した?
在京オケだって、個々の楽団を数年単位で見れば栄枯盛衰の波があるように感じられるので、気を抜かない方が良いと思いますが、川瀬さんが居るうちは大丈夫ですかね。
川瀨さんの先生だった広上さん、この日は川瀨さんに負けじと大暴れしていたりして。

201507041

201507042

|

« ハーディング/新日フィル(2015/7/3) | トップページ | 飯守泰次郎/東響(2015/07/05) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/61837086

この記事へのトラックバック一覧です: 広上淳一/神奈川フィル(2015/07/04):

« ハーディング/新日フィル(2015/7/3) | トップページ | 飯守泰次郎/東響(2015/07/05) »