« 広上淳一/神奈川フィル(2015/07/04) | トップページ | ハーディング/新日フィル(2015/07/11) »

2015年7月 5日 (日)

飯守泰次郎/東響(2015/07/05)

2015年7月5日(日)14:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:飯守泰次郎
東京交響楽団

(名曲全集第109回)
ピアノ:アレクサンダー・クリッヒェル

ボロディン:歌劇「イーゴリ公」より「ダッタン人の踊り」
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
クリッヒェル:ララバイ
(アンコール)
シベリウス:交響曲第2番

驚きましたた。
名曲全集はときどき「リハーサル時間の制約が??」と思う回もあるのですが、この日は定期演奏会並みに仕上がっています。
しかも1月に新国立「オランダ人」でマエストロの棒に苦しんだ?経験の賜物か、東響が飯守さんの棒に的確に反応!!

ラフマニノフのソロを弾いたクリッヒェルさんは、感情をかなり移入して音の流れを揺らしたり、猛烈に鍵盤を強打したり…。
それが飯守さんの指揮のスタイルと見事に噛み合ったようでで、それはそれは聴きごたえのあるラフマニノフとなりました。
旋律美と構築美と、重量感とニュアンスが高次元で融合。
「飯守さんが振ると何でもワーグナーのように」ではなく!!ラフマニノフ、かくあるべしというスケールの巨大な演奏。
(こうなると、飯守さんの棒で交響曲も聴いてみたくなるくらい。)

クリッヒェルさんのアンコールは自作とのこと。
透明感のある静かな曲で、会場の大興奮を鎮静するようなチャーミングな演奏、曲でした。

ちなみにクリッヒェルさん、休憩時間に2回ロビーに現れ、後半は2階客席で聴いていました。

その後半も驚きました。
飯守さんの指揮でこんなに分解能が高く、ある意味カラフルに感じるサウンドは、もしかして私は初めて聴いたかもしれません。
飯守さん、こんなに繊細な音も出すとは…(大変失礼!)。
コンマスは新国立の「さまよえるオランダ人」のピットでもコンマスだった水谷さん。
「さまよえるオランダ人」の最初の方の回で苦労して?後の方の回で見事に修正したときの経験がここに結実??
水谷コンマス、渾身の力演。
おそらく、指揮とオケの仲立ちもかなりしていたのでしょう。
そして、ミューザの音響で、そして東響の音で聴くと、飯守さんの音も随分印象が変わります。

もう一回このコンビで(もちろん水谷コンマスで)「さまよえるオランダ人」をやったら変わるかも…??
…と言うか、既に後半の方の公演はかなり良かったですけど…。

20150705

|

« 広上淳一/神奈川フィル(2015/07/04) | トップページ | ハーディング/新日フィル(2015/07/11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/61842898

この記事へのトラックバック一覧です: 飯守泰次郎/東響(2015/07/05):

« 広上淳一/神奈川フィル(2015/07/04) | トップページ | ハーディング/新日フィル(2015/07/11) »