« 飯守泰次郎/東響(2015/07/05) | トップページ | ノット/東響(2015/07/16) »

2015年7月11日 (土)

ハーディング/新日フィル(2015/07/11)

2015年7月11日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:ダニエル・ハーディング
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第545回定期演奏会)
ソプラノ:ドロテア・レシュマン
メゾ・ソプラノ:クリスティアーネ:ストーティン
合唱:栗友会合唱団
合唱指揮:栗山文昭

マーラー:交響曲第2番「復活」

前の週に目の覚めるようなブラームスを聴かせてくれたハーディングさんとNJP、「もしや?」と思っていましたが、その「もしや?」でした。

なんと!
「なぜこれまでこういう演奏が生まれなかったのか!」という言葉は飲み込むとして、ハーディング様の煽り、ひねり、また煽り…にここまでNJPが反応したのは私は初めて聴いたかもしれません。
ハーディング様の終演後のカーテンコールでのここまでの破顔、笑顔も初めてかもしれません。

あまり良くない時は、力を込めようともオケが反応せず→煽る→混濁する→指揮のモチベーションが落ちる→混迷(以下略)。
この日はその真逆でした。
100%とは言いませんが、指揮の動作に90%以上はオケが反応し、好循環のスパイラルアップ!!

こうして素晴らしく良い方に噛み合った時の音を聴いてみると、ハーディング様の目指す方向の音と、NJPのシャープ目の音って、実は在京オケで一番合っているのでは?と思います。
特に第2、第3楽章での多層的ハーモニーは美しさの極み。

独唱2人が、よくぞこれだけの出番のためにこんな凄い歌手を呼んできましたね!というくらいの素晴らしさ。
ドラマティックと言うのか、激情を込めたというのか…。
いや、ハーディング様の棒にオケよりも俊敏に反応したと言うべきか…。
その2人が、座って待っているところで、オケの音(指揮の動きと言って良いかもしれませんが)に合わせて、首を振って、表情を変えて興奮していたくらいのハーディング様の指揮。

細部の仕上がりで重箱の隅を突けば、突くところが無いことはありません。
(妙な言い回しですみません。)
突くところが無くもないですが、驚くほど少なかったと言うべきでしょう。
微弱音での音の入りも、ほぼバッチリのニュアンス。
このコンビでしばしば感じるもどかしさも、ほぼ無し。
ハーディング様の煽りをスルーすることも極少(ゼロではありませんでしたが)。

第1楽章の後の静寂の中、独唱者2人が入場してきた時に客席に極一部で拍手が起きてしまいましたが、演奏終了後は残響が消えるまで拍手は起きず、フラブラもなくて良かったです。
演奏中の客席は静寂と集中力。
むしろ、金管奏者が水分を抜くために楽器を分解する音の方が大きかったくらい。

このシーズン、定期演奏会はこの日が最終日。
ハーディング様も、もし任期延長が無ければあと1シーズンのみ。
でも、任期があと1年残っていたことを喜ぶべきでしょう。
就任披露が3.11という想定外の大波乱。
その代替公演は壮絶で悲嘆のマラ5でしたが、オケに疲れも散見。
その後は…。
「まだ目指すべき上のレベルがあるが…」と何度も思いながら聴き続けてきましたが、残り1年がラストスパートの素晴らしいシーズンになってほしいです。

|

« 飯守泰次郎/東響(2015/07/05) | トップページ | ノット/東響(2015/07/16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/61873336

この記事へのトラックバック一覧です: ハーディング/新日フィル(2015/07/11):

« 飯守泰次郎/東響(2015/07/05) | トップページ | ノット/東響(2015/07/16) »