« ハーディング/新日フィル(2015/07/11) | トップページ | 尾高忠明/東フィル(2015/07/17) »

2015年7月16日 (木)

ノット/東響(2015/07/16)

2015年7月16日(木)19:00
サントリーホール

指揮:ジョナサン・ノット
東京交響楽団

(第632回定期演奏会)
ピアノ:デジュー・ラーンキ

ストラヴィンスキー:管楽器のための交響曲
バルトーク:ピアノ協奏曲第1番
ベートーヴェン:交響曲第5番

あ、やっぱり後半に少しエネルギーを取っておいたのね、オケの皆さん?
…いや、少しじゃなくて、たくさん!

例えそうであっても、ここまで沸騰もののベートーヴェンを聴かせてくれれば、何の文句もございません。
ノット監督がここまで(広上さん並みに?)唸るのは、私は初めて聴いたかも??

そして、これだけ煽りに煽っても、オケの音が粗雑な音にならないのは、東響のポテンシャルの賜物です。
粗雑になるどころか、第2楽章など、ため息の出そうな美しさ。
爆発、煮沸の連射ながらも(矛盾するようですが)気品も兼ね備えた演奏。
英国紳士の、高次元の超熱演!

ノット監督、1回目から凄い気迫で振るので、オケの皆さん、特に弦のトップ奏者の皆さんは前傾姿勢になって演奏。
それが繰り返しではさらに激しく指揮をするので、奏者の皆さんの身体は上下左右に大揺れ。
3回繰り返したら(なわけない)どうなったことでしょう?

これだけの熱演だと、最初に指揮者が引っ込んだ時にステージ上でオケの皆さんが「すごかったねー」と弾けるのが常ですが、この日は皆さん、ぜいぜいと荒い息をして茫然自失?
2回目のカーテンコールの後くらいで、ようやくハンカチを取り出して大汗を拭う奏者が多数。

この後半を聴いてしまったら、かつ、ノット監督の前半での指揮の動作を見る限りでは、指揮者には前半で力をセーブする意図は毛頭なく、かなり力強く振っていたような…。
ノット監督が押さえ気味のオケを見て作戦を変更し、強烈に鼓舞して壮絶な熱演を引き出すのは今回が初めてではありませんが、この日は特に…。

その前半、ストラヴィンスキーの管楽器のための交響曲は、私は苦手曲なのでノーコメント。

バルトークのピアノ協奏曲では、対向配置の両翼のヴィオラ、チェロを脇に寄せ、管楽器奏者の前、指揮者の真正面に打楽器を配置しての演奏。
打楽器的要素の強いピアノと近い距離に打楽器を配置するのは理にかなっています。
ただ、慣れない配置ゆえの響きの違和感もあったような気も少々…。
演奏は、特に第1楽章の最初の方で、それ以外でも時々、部分的に手探り感の箇所もありました。
(明らかにわかるような手探り感でないのはさすがは東響。これまでノット監督との名演の数々を聴いてこなかったら、気にならなかったでしょう。)
それでも、この視覚効果は、面白いこと、この上なし、

ラーンキさんは、うわさ通り、バルトークは怖いくらいの気迫。
「打楽器のようなピアノ、たまに旋律」ですが、この打楽器的な音の凄み、深みも、ラーンキさんが弾いてこその、あの音でしょう。

ノット監督と東響の関係は、例え年月を経ても、スダーン前監督のような「あうんの呼吸」にはならないのでは?と想像しています。
毎回、何らかの波乱を注入し「こういう指揮者だよ」という安易なレッテルは貼らせない。
毎回ワクワク。
たまに噛み合わない回もあったりするが(遭遇率は低いです)、それはそれで面白い体験。
守りではなく、攻めているからこそです。

|

« ハーディング/新日フィル(2015/07/11) | トップページ | 尾高忠明/東フィル(2015/07/17) »

コメント

川崎定期を聴きました。ベト5の特に第2楽章、ご指摘のとおり素晴らしかったですね。
ただ、ミューザでは大抵(「名曲全集」でも「サマーフェスタ」でも)、演奏中客席のあちこちでの雑音、フラ拍手等々、ひど過ぎます。「演奏を最後の余韻までお楽しみ頂くために・・・」という東京のホールでは今や恒例のアナウンスがないからでしょうか?音の出ていないところも音楽だということを、どうしたら理解してもらえるのでしょう?(演奏が良かっただけにダメージが大きいです。)

投稿: 黒猫 | 2015年7月19日 (日) 10時48分

黒猫様
もう一回、ミューザも聴きに行きたいくらいでした。
ミューザとサントリーは、意外と聴感上の音色が違いますので。
ミューザの分解能の高い音響でも聴きたかったです。
ただ、会場ノイズの件は…。
演奏が素晴らしいと、余計に腹立たしいお気持ちは本当によくわかります。

投稿: 稲毛海岸 | 2015年7月19日 (日) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/61897562

この記事へのトラックバック一覧です: ノット/東響(2015/07/16):

« ハーディング/新日フィル(2015/07/11) | トップページ | 尾高忠明/東フィル(2015/07/17) »