« スクロヴァチェフスキ/読響(2016/01/21) | トップページ | ダウスゴー/新日フィル(2016/01/23) »

2016年1月22日 (金)

小林研一郎/日フィル(2016/01/22)

2016年1月22日(金)19:00
サントリーホール

指揮:小林研一郎
日本フィルハーモニー交響楽団

(第677回東京定期演奏会)

リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」

前半の「シェエラザード」、「初日だし、後半重視だろうし…」と見くびっていてすみません、想定外に良かったです。
弾力性にあろオケの音に、各楽器のソロも繊細にして絶妙。
この曲、私は存じ上げませんでしたが、コバケンの得意曲とのことです。

そもそも、チューニングの音を聴いただけで「あれ?今日は結構良さそうだな」と思いました。

(しかし、こういう仕上がり、こういう演奏を聴くと、いつぞやのブラームスは何だったのだ?…と。執念深くてすみません。)

で、後半の「春の祭典」は、想定通り…ではなく、想定以上に素晴らしい。
興奮させられる演奏ですが、作為的に感じず、自然体で。

(もしかして、コバケンの良い時は、うなり声があまり聞こえない、気にならない…という法則は成り立たないでしょうかね??)

このコンビでの「春の祭典」を、私が前回聴いたのが、“横浜定期がみなとみらいに移ってしばらくして”の頃だったと思うので、もうオケのメンバーもかなり変わっているのでしょう。
そして、マエストロの深化もあるのでしょう。
前回が「普通に良い演奏」(それはそれで、曲が曲だけにたいしたものですが)の印象だったのに対して、この日は白熱、高揚の印象。

分解能とか、縦の線とかからは距離を置いて、流れの方を重視していた印象。
…なので、粒状感とか、エッジと言うよりは、音としては“固まり”の側面が強かった感もあり。
(サントリーホールの音響のせいかもしれませんけど。)
それでも、炸裂は炸裂。

日フィルは、ラザレフさん着任の頃(←あのどん底に近かった時点と比べるな?)に比べて、アンサンブル、ハーモニーだけでなく、個々の奏者の技量も(同一の首席奏者の方でも)レベルアップしています。
かつては余裕がなく、結構力んで、剛腕に引きずられるように吹いていた印象があった方も、今は余裕を持って絶妙のソロを聴かせてくれます。
そういう“良いときの日フィル”を聴ける確率が上がっているのは嬉しい限りです。
今季はあまり足を運んでないのに偉そうにすみません。

|

« スクロヴァチェフスキ/読響(2016/01/21) | トップページ | ダウスゴー/新日フィル(2016/01/23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/63104480

この記事へのトラックバック一覧です: 小林研一郎/日フィル(2016/01/22):

« スクロヴァチェフスキ/読響(2016/01/21) | トップページ | ダウスゴー/新日フィル(2016/01/23) »