« ダウスゴー/新日フィル(2016/01/23) | トップページ | ダウスゴー/新日フィル(2016/01/27) »

2016年1月26日 (火)

アラン・ギルバート/都響(2016/01/26)

2016年1月26日(火)19:00
サントリーホール

指揮:アラン・ギルバート
東京都交響楽団

(第801回定期演奏会Bシリーズ)

武満 徹:トゥイル・バイ・トワイライト - モートン・フェルドマンの追憶に- (1988)
シベリウス:交響詩「エン・サガ」(伝説)
ワーグナー(ギルバート編):指環の旅~楽劇「ニーベルングの指環」より

う~~ん、これで文句を言ったら叱られるレベルであることはわかっているんですけどねぇ…。
豪快だけど大味…と言ったら叱られますかねぇ…

最初の武満さんの曲。
私は武満さんの曲は、全般的に私は苦手(もやもやっとして捕らえどころがなくて)なのですが、この演奏はストレートな音が爽快に鳴って楽しめました…と言うことは、武満さんらしい音だったのかったのかどうか??私にはわかりません、武満さんの曲の演奏を語る資格はありません…。??

シベリウスは、南欧のシベリウス…みたいな暖色系の音に感じたのは私だけ?
きれいに鳴っています。
比類のない音で鳴っています。
鳴っていますけど、もう少し精緻な構築や、引き締まった筋肉質の音が欲しいと感じたのは私だけ?

「ラインの黄金」を無視…いや、省略して「ワルキューレの機構」から始まったワーグナー。
これまた、暖色系のカラフルな音に感じましたが…。
この上なく力強い音がたびたび鳴りますが、引き締まった音の印象はあまり無く、ニュアンスの深さもあまり感じなかったのは私の気のせい?

ワーグナーを聴いて、このコンビでベルリオーズを聴きたくなった…と言ったら叱られるでしょうか?
オーケストラ・ピース、コンサート・ピースとしてはこういう音作りもアリだとは思いますし、派手に鳴らすところは結構楽しみましたが、私の好みとしては多少の違和感も少々(多々?)…。

ジークフリートの葬送行進曲も、これが葬送の音楽ですかい?とも感じてしまいまして…。
すみません、これで文句を言ったら叱られるレベルであることは反論の余地もありません。
ありませんが…。

|

« ダウスゴー/新日フィル(2016/01/23) | トップページ | ダウスゴー/新日フィル(2016/01/27) »

コメント

お久しぶりです。
シベリウスには私も違和感を覚えました。清涼さや峻厳さ、吐く息が凍るような緊迫感が全くない。厚手の鈍い刀をゴツゴツ押しつけられているような感覚。あるいは、NYの鮨屋でサーモンを頼んだらケチャップをかけて食べさせられた感じ?というのは言い過ぎかもしれませんが。勿論好みの問題ですが、森と湖の国にあるシベリウスの彫像が重戦車で踏み壊されている現場を見たような感じがして、なんだか物悲しかったです。

投稿: 黒猫 | 2016年1月27日 (水) 13時08分

黒猫さま
お久しぶりです。いつもコメントありがとうございます。
そうなんですね、好みの問題で、絶賛している方が多数派のようなのですが、(なるべく良いところを見つけてほめるようにしているのですが)私も違和感がぬぐえませんでした。
(違う日、違う精神状態の日に聴いたら、違うことを言うかもしれませんが…)

投稿: 稲毛j海岸 | 2016年1月27日 (水) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/63126531

この記事へのトラックバック一覧です: アラン・ギルバート/都響(2016/01/26):

« ダウスゴー/新日フィル(2016/01/23) | トップページ | ダウスゴー/新日フィル(2016/01/27) »