« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月の9件の記事

2016年1月27日 (水)

ダウスゴー/新日フィル(2016/01/27)

2016年1月27日(水)19:15
サントリーホール

指揮:トーマス・ダウスゴー
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第553回定期演奏会)

モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」
マーラー:交響曲第5番

前半のモーツァルトは、かつて、わが国におけるブリュッヘンさんのオケだったNJPで、ダウスゴーさんが古典を振る幸せなひと時。
当然ピリオド寄りですが、エッジを立てたり、ことさら刺激的に強調したりせず、自然にピュアトーンがホール空間を包む。
あっさり味だけど、その音には、はっとするようなニュアンスが宿る。
そして、その印象は、全く性格が異なると思われる後半のマーラーでも続きました。

かつてハーディング様の煽りに追従できずに飽和してしまったのと同じオケは思えない鳴りっぷり。
ダウスゴーさんの繰り出す大小のひねり技と豪快な煽り、渾身の力演にも見事な追従。
それでいて濃厚と言うよりは、シャープで分解能の高い熱演は驚異的、素晴らし過ぎ。

(バーンスタインのマーラーが好きな方にはお奨めしません。ショルティのマーラーが好きな方は楽しめるかもしれません。え?全然違う?すみません。)

まるで往時のスダーン/東響のように、インバル/都響のように、アルミンク!(2010年以前…)/NJPのように…。
まるで気心知れたシェフのように、あうんの呼吸すら感じた指揮棒への追従ぶり。
それが大暴れの熱血の指揮と、大暴れの割にはかなり細かい指示なのだから、こりゃたまりません、癖になる音。

モーツァルト同様、むしろあっさり風味なのに、なんとも味わい深い絶妙のニュアンスを内包。
第4楽章の比類の無い美しさが秀逸でしたが、他の楽章の鋭く轟くごう音も然り。
重量感はあまり感じませんが、鮮烈な音の連射を織り重ねていて、全く不満に感じないどころか、興奮ものの快感。
もちろん、生演奏ですから、いろいろありますが、それは無問題。

演奏が終わって指揮者が最初に引っ込んだ直後の楽団員さんのはじけっぷりが全てを物語る快演、もちろん指揮者の表情も破顔、笑顔、笑顔…。
ステージ上でみんな心底嬉しそうにしている演奏会は幸せ、もちろん客席、帰りのロビーも。

唯一の後悔は、今回の3公演全て行かなかったことだけです。

20160127

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月26日 (火)

アラン・ギルバート/都響(2016/01/26)

2016年1月26日(火)19:00
サントリーホール

指揮:アラン・ギルバート
東京都交響楽団

(第801回定期演奏会Bシリーズ)

武満 徹:トゥイル・バイ・トワイライト - モートン・フェルドマンの追憶に- (1988)
シベリウス:交響詩「エン・サガ」(伝説)
ワーグナー(ギルバート編):指環の旅~楽劇「ニーベルングの指環」より

う~~ん、これで文句を言ったら叱られるレベルであることはわかっているんですけどねぇ…。
豪快だけど大味…と言ったら叱られますかねぇ…

最初の武満さんの曲。
私は武満さんの曲は、全般的に私は苦手(もやもやっとして捕らえどころがなくて)なのですが、この演奏はストレートな音が爽快に鳴って楽しめました…と言うことは、武満さんらしい音だったのかったのかどうか??私にはわかりません、武満さんの曲の演奏を語る資格はありません…。??

シベリウスは、南欧のシベリウス…みたいな暖色系の音に感じたのは私だけ?
きれいに鳴っています。
比類のない音で鳴っています。
鳴っていますけど、もう少し精緻な構築や、引き締まった筋肉質の音が欲しいと感じたのは私だけ?

「ラインの黄金」を無視…いや、省略して「ワルキューレの機構」から始まったワーグナー。
これまた、暖色系のカラフルな音に感じましたが…。
この上なく力強い音がたびたび鳴りますが、引き締まった音の印象はあまり無く、ニュアンスの深さもあまり感じなかったのは私の気のせい?

ワーグナーを聴いて、このコンビでベルリオーズを聴きたくなった…と言ったら叱られるでしょうか?
オーケストラ・ピース、コンサート・ピースとしてはこういう音作りもアリだとは思いますし、派手に鳴らすところは結構楽しみましたが、私の好みとしては多少の違和感も少々(多々?)…。

ジークフリートの葬送行進曲も、これが葬送の音楽ですかい?とも感じてしまいまして…。
すみません、これで文句を言ったら叱られるレベルであることは反論の余地もありません。
ありませんが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月23日 (土)

ダウスゴー/新日フィル(2016/01/23)

2016年1月23日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:トーマス・ダウスゴー
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第552回定期演奏会)

シベリウス:組曲「レンミンケイネン」― 4つの「カレワラ」伝説
(イングリッシュ・ホルン:森明子)
ニールセン:交響曲第5番

勝手に“ダウスゴー・ニールセン・ツィクルス”第3回、新日本フィル、第5番。
第1回:2012年3月、新日本フィル、4番
第2回:2015年5月、都響、第3番
待っていた甲斐がありました!!

錬金術!…などと言ったらNJPに大変失礼ですが、なんと輝かしく、なんと力強く、そして、なんと繊細な音なのでしょう!
“北欧の巨人”の風貌のダウスゴーさん、指揮の動作は豪快で力強いですが、同時にかなり細かく指示を出しています。
新日本フィルが誇るイングリッシュホルンのスペシャリスト(と言ったら、イングリッシュホルンだけじゃない!と叱られそうですが)森さんはさすがの音色。
トゥオネラの白鳥だけは起立しての演奏でした。
前半からして、聴き応えあり、手応えあり。

ニールセンの交響曲第5番は、第2楽章で一瞬、混沌とした雰囲気になりかけた印象がありましたが、曲本来の姿かどうか私は聴き込んでいません。
総じては、明快で輝かしい体感。
プログラム冊子の解説によれば、もっと深刻な曲なのかもしれませんが、いろいろなアプローチ、いろいろな感じ方があっても良いのかも…と思いました。

前半同様、身体は、豪快に見える指揮の動作ながら、腕、手はかなり詳細に指示を出し、繊細にして大胆。
太筆ではなく、かなり細かいスケッチの積み重ねでの音作り。
NJPの優秀な木管陣が大健闘です。
演奏終了後の指ダウスゴーさんは、お世辞で笑っているとは思えない嬉しそうな笑顔。
客席の入りは多くなかったですが、指揮者も元々、この曲目なら…と想定内だったかもしれません。
曲目、プラス、2週連続の定期演奏会という並び。
でも、ハーディングさん、ダウスゴーさんのスケジュールがそこしか取れないなら、そこに設定すべきことは明白(←音楽的には。財務的には違うかも。)
この曲目、このスケジュールを受諾したNJP事務局にも大拍手!です。

(3.11でA氏との関係がギクシャクする前は、こういう音が恒常的に鳴っていたよなぁ…と思い起こします。
新監督との相性は私は存じ上げませんが、また復活して、客演指揮者とも名演を奏でてほしいと期待しています。
その兆候は十分にあると感じています。
幸い、個々には高度の技量を有する名手の大半は残留しています。
一聴衆の分際で、偉そうにすみませんが。)
(もっとも、前回のダウスゴーさんの客演は、3.11の翌年の2012年ですが。)

ニールセンの交響曲第5番って、そんなに演奏されないですかね?…と思って自分のPCのHDDを検索したら、私自身もほとんど生で聴いていませんでした。
前回聴いたのは1988年のサロネンさん指揮のN響定期。
記録はありましたが記憶はあまり無し。
(↑ブログを始めた理由のひとつが、記憶の補完ですので、致し方ありません。)

ヴァンスカ様が読響とニールセン・ツィクルスをやったらしいですが、その時期の私は勤務地などの関係などで、コンサートにはあまり通っておらず、土曜開催で確実に行ける東響定期以外の情報はシャットアウトしていたと思います。
ネットを検索すると、2005年頃のようです。
えすどぅあさん@esdur_josquin のブログがヒットしました。
勝手にリンク貼ってすみません。m(_ _)m

ニールセンの交響曲第5番の録音は、コンドラシンさんが亡命後、まさにこれから…という時に亡くなって、遺作として発売されたコンセルトヘボウとのライヴ録音のシリーズ(フィリップス盤)の中に入っていて、あれは名演だったと記憶しています。

…と、当日の演奏会のこと以外も書いてしまいましたが、個人的には結構好きな曲で、NJPの今季ラインナップが発表になった時に、え!ダウスゴーさんが5番を振ってくれるの!と嬉しかったので、首を長くして待っていた演奏会でした。

201601231

201601232

201601233

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月22日 (金)

小林研一郎/日フィル(2016/01/22)

2016年1月22日(金)19:00
サントリーホール

指揮:小林研一郎
日本フィルハーモニー交響楽団

(第677回東京定期演奏会)

リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」

前半の「シェエラザード」、「初日だし、後半重視だろうし…」と見くびっていてすみません、想定外に良かったです。
弾力性にあろオケの音に、各楽器のソロも繊細にして絶妙。
この曲、私は存じ上げませんでしたが、コバケンの得意曲とのことです。

そもそも、チューニングの音を聴いただけで「あれ?今日は結構良さそうだな」と思いました。

(しかし、こういう仕上がり、こういう演奏を聴くと、いつぞやのブラームスは何だったのだ?…と。執念深くてすみません。)

で、後半の「春の祭典」は、想定通り…ではなく、想定以上に素晴らしい。
興奮させられる演奏ですが、作為的に感じず、自然体で。

(もしかして、コバケンの良い時は、うなり声があまり聞こえない、気にならない…という法則は成り立たないでしょうかね??)

このコンビでの「春の祭典」を、私が前回聴いたのが、“横浜定期がみなとみらいに移ってしばらくして”の頃だったと思うので、もうオケのメンバーもかなり変わっているのでしょう。
そして、マエストロの深化もあるのでしょう。
前回が「普通に良い演奏」(それはそれで、曲が曲だけにたいしたものですが)の印象だったのに対して、この日は白熱、高揚の印象。

分解能とか、縦の線とかからは距離を置いて、流れの方を重視していた印象。
…なので、粒状感とか、エッジと言うよりは、音としては“固まり”の側面が強かった感もあり。
(サントリーホールの音響のせいかもしれませんけど。)
それでも、炸裂は炸裂。

日フィルは、ラザレフさん着任の頃(←あのどん底に近かった時点と比べるな?)に比べて、アンサンブル、ハーモニーだけでなく、個々の奏者の技量も(同一の首席奏者の方でも)レベルアップしています。
かつては余裕がなく、結構力んで、剛腕に引きずられるように吹いていた印象があった方も、今は余裕を持って絶妙のソロを聴かせてくれます。
そういう“良いときの日フィル”を聴ける確率が上がっているのは嬉しい限りです。
今季はあまり足を運んでないのに偉そうにすみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月21日 (木)

スクロヴァチェフスキ/読響(2016/01/21)

2016年1月21日(木)19:00
東京芸術劇場

指揮:スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
読売日本交響楽団

(スクロヴァチェフスキ指揮 特別演奏会《究極のブルックナー》1日目)

ブルックナー:交響曲第8番

演奏会にはたいそうなタイトルがついていますが、そんな修飾語を付けなくたって、指揮者の名前だけで“特別な演奏会”であることはわかりますよ、読響さん。
読響のシーズンラインアップに名前が無くなったときは「高齢だし、もう来日はかなわないのかな」と思ったミスターS。
来日すると告知されたときの驚き、本当に来日してリハーサルを始めたとネット上に流れたときの喜び、そして本当にまた、生演奏を聴くことが出来ました。

冒頭「少しテンポが遅くなったかな?」と感じたのは私の気のせいでしょうか?
やっぱり、久しぶりの共演、久しぶりの本番だから、手探り感もあったのかな?
しかし、最強奏で鳴らしてかみ合ったのか、すぐにそんな印象は払拭。
この繊細さの持続と、物凄いエネルギーの咆哮が、老巨匠からオケに放射されたオーラから音に変換されて噴出するのにはただ驚嘆するのみ。

仮に第9番のように第3楽章で終っても深い充足感を得られただろう…という陶酔の後に、怒涛の第4楽章で2度、いや、全楽章、4度おいしい。
神々しいとか、老巨匠の達観した境地と言うよりは、若々しいエネルギーすら感じたブルックナーです。

ただ、スクロヴァチェフスキさん、さすがに舞台への出入りの際の足取りは前回よりもさらにゆっくりとなり、第4楽章の前には譜面台に手をついてほんの一瞬休むかのような仕草を見せたりしましたが、年齢を考えればずっと起立して振ったことが凄いと言うべきでしょうね。

第1楽章の後は指揮棒を降ろさずに、ほんの少しの間合いで第2楽章へ。
第2楽章の前は間合いを取って汗を拭い、第3楽章の後は少し疲れたような様子も見えました。
でも、第4楽章のあの音のエネルギー、振っている様子も、楽章前の間合いで見せた疲労感は皆無。

完成度としては若い(と言っても80代!)の演奏の方が“整って”いたかもしれませんが、この日の演奏は、80代の演奏にひびが入ったものなどではなく、さらなる進化(深化ではなく進化)を目指した演奏に感じました。
80代の演奏に無かった“何か”を感じました。

久々の信者の集会。
一部の異教徒が(失礼!)演奏終了後すぐに拍手を始めてしまいましたが、指揮者の背中と会場の空気が無言で制圧し、いったん拍手がやんで、数秒おいて指揮者が脱力してからののブラボーの嵐。
スクロヴァチェフスキさんのソロカーテンコール2回。
高齢への敬意ではありません、演奏への興奮です。

201601211

201601212

201601213

201601214

201601215

201601216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月16日 (土)

秋山和慶/東響(2016/01/16)

2016年01月16日(土)18:00
サントリーホール

指揮:秋山和慶
東京交響楽団

(第637回定期演奏会)
ピアノ:小曽根真
トランペット:マティアス・ヘフス

ヒンデミット:ラグタイム
ケルシェック:トランペット・ダンス
ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番
小曽根真:My Witch's Blue
(アンコール)
ショスタコーヴィチ:ジャズ組曲第2番

曲は曲として、私は秋山和慶さんのファンで、それなりの回数聴いていることを前提として、やはり秋山さんを聴くのは定期演奏会がいいな…と(前から思っていましたが)改めて思いました。

前半、ヒンデミットはともかく、ケルシェックは、最初は「何も貴重な定期枠を使ってまで…」と思わないでもなかったですが、終楽章あたりになると、それなりににぎやかで、リズミカルで、楽しみました。が…。

ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲は、もともとハチャメチャな曲だから、これ以上ハチャメチャなことをやらない(やれない)のかな?と思っていたら終楽章で小曽根節が…。
即興なのですかね??
ただ、あそこであれは、曲が終結に向かう流れが阻害された印象も少々…。
でもまあ、面白かったからいいです。

でも、やっぱり、協奏曲中での即興よりも、アンコールのソロでの即興(即興じゃないのかな??)の方が、私は好ましく感じました。

そして最後のジャズ組曲第2番。
こんな曲で…と言ったら大作曲家に失礼ですが、これだけ楽しく爽快に鳴らしてくれれば、文句なし。
聴く前は、またしても「貴重な定期枠を使ってまで演奏しなくても…」と思いましたが(すみません)、定期演奏会クォリティの演奏で聴けたことを喜ぶべきですね。

秋山さんが東響定期を振るのは1年に1回で、前年は出張で行けなかったので、久々に溜飲を下げました。
ただ、最近は秋山さんが東響以外の在京オケの定期を振る機会も増えているので、可能な限り足を運びたいです。

20160116

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーディング/新日フィル(2016/01/16)

2016年1月16日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:ダニエル・ハーディング
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第551回定期演奏会)
ソプラノ:アルビナ・シャギムラトヴァ
テノール:イアン・ボストリッジ
バリトン:アウドゥン・イヴェルセン
合唱:栗友会合唱団
合唱指揮:栗山文昭
児童合唱:東京少年少女合唱隊
児童合唱指揮:長谷川久恵

ブリテン:戦争レクイエム

開演前のロビーコンサート
クラリネット:マルコス・ペレス・ミランダ
ヴァイオリン:西江辰郎、佐々木絵理子
ヴィオラ:高橋正人
チェロ:川上徹

ボーエン:幻想的五重奏曲

開演前のロビーコンサートは、気楽な演奏などではなく、かなり気合いの入った演奏。
どういう曲か、どういう作曲家か、存じ上げませんが、戦争レクイエムの前に置くのにふさわしい。
次回開催の室内楽シリーズ販促の側面もあるから当然かもしれませんが、かなりの仕上がりの演奏。
こうして聴くと、やはりNJPのメンバーの個々の技量は高い。
狭き門の在校オケのポストですから当たり前のことですが、これが集合体のオーケストラの音となると、名手を集めれば良いというわけにはいかないのも事実。

3.11以降、NJPの演奏会では、かなりの回数、歯がゆい思いをしたことがありました。
最近はかなり戻ってきているように感じます。
そして、この日の本番は壮絶でした。

筆舌に尽くしがたい凄い演奏。
曲も凄いけど、演奏も凄い。
ポストリッジ様の歌唱は相当に凄いけど、一人だけ凄いわけじゃなくてみんな凄い。
結局、演奏の総責任者のハーディング様、凄い、凄い。

(私がGoogleカレンダーに入力したり、継続したりした頃は、独唱は「調整中」となっていて、前夜のツィッターで初めて「え!ポストリッジ様が歌うの!」と思ったのは我ながら不注意の至りですが、財政面で苦しいはずなのに(恐らく)指揮者のリクエストに頑張って応えて歌手を揃えたNJPの事務局にも大拍手!)

独唱は、ポストリッジ様が入魂の、まるでオペラのような歌唱で圧倒…と言いたいところですが、ソプラノのシャギムラトヴァさん、バリトンのイヴェルセン様も格下ではない歌唱で、総合的に大満足。

栗友会も、東京少年少女合唱隊も、素晴らしいのはいつものことで想定内ながら、それでも、こんなに美しいのか!というハーモニー、特に微弱な部分。

オーケストラも、粗雑な音は皆無。
かつては、ハーディング様の要求に応えきれずに音が飽和したようになったこともありましたが、この日はそんなことはなかったでしょう。

シェフ不在の谷間のシーズンにしては意外と意欲的な今季のNJPのラインナップ
(アドバイザーに就任した上岡さんの意向が反映されているのか否かは、部外者の私には不明)
の中間決算?は好業績!!

個人的に体調今ひとつの中、無理して足を運んだのですが、この空気の中に身を置けただけでも幸せ。
最初の一音から身動きできなくなり、演奏終了後の長い静寂も身動きできませんでした。。
曲間の間合いでの会場の咳払いが、通常のコンサートよりも少なめだったので、会場に居た皆さん全員がそうだったのかもしれません。

201601161

201601162

201601164

201601163

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月15日 (金)

井上道義/東フィル(2016/01/15)

2016年1月15日(金)19:00
サントリーホール

指揮:井上道義
東京フィルハーモニー交響楽団

(第872回サントリー定期シリーズ)

ハチャトゥリアン:「ガイーヌ」第1組曲
ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」

前半の「ガイーヌ」、客席がおおいに沸きましたが、お祭り騒ぎとか、楽しいにぎやかな…と言うよりは、割とシリアスな…意思の芯のある演奏に感じました。
ネガティヴな意味ではなく、後半の曲の前に置くのにふさわしい演奏。
遊び心が皆無という意味では決してありません。
真剣勝負だな…という意味です。

井上さんの指揮は、細かい拍を刻むと言うよりは、表情付けと方向性を全身で示すような動作。
その分、井上さんが動作を止めたときは、コンサートマスターの席に座った(一時的に戻った)荒井さんがかなり拍をとっていたようにも見えました。

後半のショスタコーヴィチは、なんと美しい演奏なんでしょう!
この曲の弱音部で、突き刺さるような冷徹さをほとんど感じなかったのは私は初めてかもしれません。
それだからこそ、終結部が高らかに、まるで浄化されたかのように朗々と響きわたる。

私は、あの伝説の日比谷公会堂でのツィクルスは聴いていないので比較はできませんが、井上さんのショスタコーヴィチって、こういう音なんですね。

(これだけ繊細で美しい音…美弱音も大強奏も…を鳴らすのを聴くと、某劇場のピットで噛み合わない時を酷評したくなるのもわかるような気が…。
あの劇場のピットが東フィルの全てじゃないんですよね…と、暴言すみません。
ほめてるつもりが…。)

東フィルのメンバーの演奏している姿を見ると、渾身の力演と言って良いのですが、それが荒っぽい音にならず、綺麗にブレンドされ、格調高く響く。
このスタイルを受容できるなら(私は「こういう音になるとは!!」と喜んで受容しました)、最高の仕上がりと言って良い演奏でしょう。

このプログラム、井上さんが病気で降板したとき、代役で指揮した尾高さんが曲目変更して、とっておいた曲目とのことです。
カーテンコールの拍手をいったん制止して、井上さんからスピーチがありました。
(東フィルのホームページにも事前に掲載されていたので、私は知っていましたが。)

その「取っておいた曲」の復活、そしてこれだけの演奏になったことは慶賀の至りですが、プログラム冊子の文章はちょっと…。
「昨年7月に演奏される予定だった」「4月に咽頭がんが」「10月に復帰」って、いつ書いた文章ですかね???
私は、最初に読んだとき「ん???」となって、一瞬、理解できませんでした。
2016年1月の定期演奏会で読まれる文章であることくらいは、プロのライターなら想定して書いていただかないと…。(偉そうにすみません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月12日 (火)

小泉和裕/都響(2016/01/12)

2016年1月12日(火)19:00
東京文化会館

指揮:小泉和裕
東京都交響楽団

(第800回定期演奏会Aシリーズ)
ヴァイオリン:イザベル・ファウスト

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
クルターク:ドロローズ
(アンコール)
R.シュトラウス:家庭交響曲

新年の御挨拶もせず、失礼いたしました。
2016年の聴き初めです。

イザベル・ファウストさんという“ブランド”は半端ではありませんでした。
ちょっと温もりを感じるような美音が、ここぞという力演になった時にも全く音が濁らない。
いや、音自体が僅かに上質のつや消し加工をしたかのようなヴァイオリンの音。それでいて高音の伸びも十分。
これはもう素晴らしい“個性”と言うべきでしょう。

それで加えて、小泉マエストロと都響が、やや重量感のある音でがっちり支え、分解能の高いホール音響も相まって快感。

アンコールのクルタークも、美弱音(微弱音)がさらに微弱になってかすかに会場に聞こえる終結。

この繊細なアンコール曲で、飴の包み紙をいじる音がホールに響いて、ネット上では非難囂々でしたが、幸い、私の席は騒音源から遠かったので、脳内補正の範囲でした。
(聞こえましたけど。)

まあ、「素晴らしい!」「音楽を聴けるだけで幸せ!」と思っていると、気持ちの許容範囲が広がります。

後半の家庭交響曲では、最初の方でかなりの大事故(アンサンブルと言うよりは、ソロの)。
その後も、ところどころでいろいろありましたが、全般的には満足したので、「あれはあれとして良かった!」と思って帰ってまいりました。

管弦楽のための協奏曲「家庭」…というくらいのソロオンパレードながら、家庭「狂騒曲」にならず、品格と風格をもつ家庭「交響曲」を鳴らしてみせた小泉マエストロと都響に脱帽、後半も快感。

都響で家庭交響曲を聴くと、都響のピットでR. シュトラウスのオペラを観たくなる…という経験を以前にもしたような気が…。
ただし、ハチャメチャな演出の「サロメ」ではなく、できれば(ミーハーと言われようと)「ばらの騎士」あたりを…。
(検索したら、2011年にボージチ指揮のAB定期で演奏してました。私はBを聴きました。)

この曲、題材・表題は横に置いて、なんとなく「ばらの騎士」の縮図のように感じるのは、私の思い込みのせいでしょうか。

なお、この日は第800回定期演奏会という節目。
昔だったら“第800回記念特別演奏会”とかやっていそうですが、最近はあまりそういうこともなく、在京オケも大人の運営になったのかな?と思ったりしました。

20160112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »