« カンブルラン/読響(2016/02/12) | トップページ | ノット/東響(2016/04/24) »

2016年2月17日 (水)

東京二期会「イル・トロヴァトーレ」(2016/02/17)

2016年2月17日(水)18:30
東京文化会館

《パルマ王立歌劇場とヴェネツィア・フェニーチェ劇場との提携公演》
東京二期会オペラ劇場
ヴェルディ:イル・トロヴァトーレ

終わりよければすべてよし。
後半(休憩後の第3幕、第4幕)、素晴らしかった!

前半は、「う~~ん、期待が大き過ぎたのかなぁ…」「初日だからかなぁ…」とも思ったのですが、休憩直前(第2幕の最後)で、ようやく“バッティストーニ煽り”が“爆発”したので、「もしや、後半は…」と思ったら、その通りになったという…。

前半(休憩前の第1幕、第2幕)では、バッティストーニさんの棒が途中あまり加速せず、「一部の歌手がついてこれなくてアクセルを踏めないのかなぁ…」とも思いましたが、逆(歌手もちょっと歌いにくかった)かもしれず、私の耳ではわかりません。

都響のピットでオペラを聴くという喜びは随所に…。
でも、もし東フィルだったら??とういう思いも…。

後半は挽回しましたが、東フィルがスポーツカーだとしたら、都響はドイツの高級車か?という印象。
どちらも運転手は、運転が荒い??バッティストーニさんですが…。

歌手は、並河寿美さんと清水華澄さんが前半から好印象。
でも、前述のように、休憩時間にみんな目を覚ましたように良くなりました。
エクトール・サンドバルさんは、私は良いと思ったのですが、終演後にロビーで大声で酷評している方がいらっしゃって、小心者の私は、黙ることにします。

この日のの清水華澄さんに限った話しではありませんが、年末に在京オケの第九で高貴に歌っていた歌手が、別人のような下品さで(←褒めてます)役になりきるところがオペラの面白さ。
いや、全員がそういうレベルでもなかったような気も少々…。
(すみません、私は個人的に清水華澄さんのファンなので、バイアスがかかっていると思います。)

演出は、「高層階からではよくわかりませんでした」とごまかすしか…。
暗い中で赤い色の衣装や布で何かを表しているのかもしれませんし、なぜか前半だけの炎も何かを表していたのかもしれません。
でも、高層階から見えるのは床ばっかりなもので…。

都響に関しては、(何度も同じようなことをすみませんが)後半は旋律もかなり甘美に奏で、“バッティストーニ爆発”もかなりありましたが、2日目以降はさらに良くなるのでは?という印象も少々。
(でも、別のオケで、初台のピットの初日で噛み合わない時に比べれば上々?)
(その別のオケも定期演奏会は、ピットの時とは別のオケのように(ややこしくてすみません)素晴らしいので、よくわかりません。)

前半と後半でこれだけ印象が違いますし(会場の反応も)、オペラは生き物なので、おそらく2日目、3日目、4日目と、かなり変化するのではないでしょうか。
もう一回くらい行って確かめたいところですが、日程的に私はこの日だけしか鑑賞できません。

バッティストーニさんは(たぶん)まだ生は3公演目なのに、偉そうに感想を述べてすみません。
別オケとの「トーゥランドット」は、演奏会形式だし、定期演奏会だし、同次元で比べてはいけないことは承知しております。

スタッフ
指揮:アンドレア・バッティストーニ
演出:ロレンツォ・マリアーニ
美術:ウィリアム・オルランディ
照明:クリスチャン・ピノー
演出補:エリザベッタ・マリーニ
合唱指揮:佐藤 宏
音楽アドヴァイザー:田口興輔
公演監督:直野 資

キャスト
レオノーラ:並河寿美
マンリーコ:エクトール・サンドバル
ルーナ伯爵:上江隼人
アズチェーナ:清水華澄
フェルランド:伊藤 純
イネス:富岡明子
ルイス:今尾 滋
老ジプシー:三戸大久
使者:吉田 連

合唱:二期会合唱団
管弦楽:東京都交響楽団

201602171

201602172

201602173

201602174

|

« カンブルラン/読響(2016/02/12) | トップページ | ノット/東響(2016/04/24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/63227886

この記事へのトラックバック一覧です: 東京二期会「イル・トロヴァトーレ」(2016/02/17):

« カンブルラン/読響(2016/02/12) | トップページ | ノット/東響(2016/04/24) »