« ノット/東響(2016/04/24) | トップページ | 庄司紗矢香(Vn・指揮)/ポーランド室内管弦楽団(2016/05/03) »

2016年4月29日 (金)

準・メルクル/新日フィル(2016/04/29)

2016年4月29日(金・祝)14:00
サントリーホール

指揮:準・メルクル
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第558回定期演奏会)
ヴァイオリン:豊嶋泰
ハープ:平野花子

ドビュッシー:民謡の主題によるスコットランド行進曲
ブルッフ:スコットランド幻想曲
メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」

前半、分解能をあまり感じないオケの音だけど、これは私の席の音響のせいかな?と思いましたが、どうやら違ったようです。
後半「は」鮮烈!
スコットランド交響曲、ピリオドではありませんが、ピリオドでのキビキビの要素もモダンスタイルにに取り入れた演奏なのでしょうか?
往年の指揮者(サヴァリッシュとか)とは全く違うはつらつとした演奏。
飛び跳ねるような音の切れ味、速いけどせかせかの印象はなくさわやかな清涼感。
しかし、時折見せる歌わせる場面もしっとりとしています。
軽い印象はありません(重い印象のありませんが)。

終わり良ければすべて良し…で、めでたしめでたし。
NJPのアンサンブルが徹頭徹尾完璧だったとは言えないにせよ(特に音の出だしの揃い具合)、ワクワク感を与えていただいて私は満足。
そして、NJPの木管首席陣はこの日も入魂のソロ。
古部さんのオーボエ、重松さんのクラリネット、両首席のコンビは私は大好きです。
準・メルクルさん、終演後のカーテンコールで、真っ先に重松さんを起立させました。

前半は、私がぼ~っとしていたせいもあるかもしれませんが、あれれ?こんなもん?と思ったことは事実です。
(後半の目の覚めるような演奏で、肯定されてしまいましたが…。)
もちろんプロオケですから、90点と60点…などということはなく、98点と95点という程度の差ですが、その3点は、素人の耳にもそれなりにわかる。
分解能をあまり感じないオケの音ですが、その分しっかりとしたまとまりのある音で…と言うのはポジティヴな表現であって、ネガティヴに言えば、ちょっと団子状態とも言えなくもない。
好みの問題かなぁと思いましたが、指揮の切れ味へのオケの反応は尻上がりに良くなっていった感もあり、やはり後半が白眉でした。

|

« ノット/東響(2016/04/24) | トップページ | 庄司紗矢香(Vn・指揮)/ポーランド室内管弦楽団(2016/05/03) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/63555101

この記事へのトラックバック一覧です: 準・メルクル/新日フィル(2016/04/29):

« ノット/東響(2016/04/24) | トップページ | 庄司紗矢香(Vn・指揮)/ポーランド室内管弦楽団(2016/05/03) »