« 東京音楽大学打楽器アンサンブル(2016/05/05) | トップページ | 児玉麻里・桃(2016/05/05) »

2016年5月 5日 (木)

ラーツ/ハンガリー・ジュール・フィル(2016/05/05)

2016年5月5日(木・祝)16:45
東京国際フォーラム・ホールA

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016
公演番号:314
四季をめぐる旅~ライプツィヒの春・アンダルシアの夏の夜

指揮:マールトン・ラーツ
ハンガリー・ジュール・フィルハーモニー管弦楽団

ピアノ:ルイス=フェルナンド・ペレス

シューマン:交響曲第1番「春」
ファリャ:交響的印象「スペインの庭の夜」
ファリャ:火祭りの踊り
(アンコール)

最後はペレスさんが全部持って行った感もありますが、全般的にも満足度の高い公演でした。

この日の10:00開演の公演で、動物の謝肉祭のオケはハンガリー・ジュール・フィル。
芯のあるオケの音に魅せられて、この公演も聴くことにしました。

弾力性のある音、しなやかな弦の音、芯のある音。
まあ、斜に構えた言い方をすれば、「朝の動物の謝肉祭は精鋭選抜だったのね」という感も多少あります。
それでも、アンサンブルとしてのまとまりの良さは健在。
オケの音色というものが確立されているのでしょう。
シューマンを聴く喜びを感じさせる中欧の音。
特に、後半2楽章が高揚した演奏になりました。

交響曲の後に、ピアノ側窓が入って「スペインの庭の夜」、アンコールに「火祭りの踊り」と、ファリャが2曲。
ペレスさんのピアノ、アンコールになって足かせが外れたように感じた…と言ったらオケの悪口になってしまいますが(確かに軽妙さとか、スピード感は感じないオケの音でした)、それはそれとしてオケ伴での演奏も、それなりに楽しみました。

この公演、直前でも、1階席前方の端の席を買えました。
NHKホールでのN響定期公演で言えば、1階B席のような場所ですので、音はまずまず。
この広大なホール、客席は1階後方は見事に空席、2階も最後部以外は空席多数。
「大ホールがこの入場率では、LFJのビジネスモデルが成り立たないよね」と余計なことを考えてしまいますが、まあ、私が心配することではありません。

終演は当初17:40となっていましたが、延びて18時くらいになりました。

201605051_3

201605052_3

|

« 東京音楽大学打楽器アンサンブル(2016/05/05) | トップページ | 児玉麻里・桃(2016/05/05) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/63586196

この記事へのトラックバック一覧です: ラーツ/ハンガリー・ジュール・フィル(2016/05/05):

« 東京音楽大学打楽器アンサンブル(2016/05/05) | トップページ | 児玉麻里・桃(2016/05/05) »