« ネーメ・ヤルヴィ/N響(2016/05/21) | トップページ | 新国立劇場「ローエングリン」(2016/05/26) »

2016年5月24日 (火)

カラビッツ/読響(2016/05/24)

2016年5月24日(火)19:00
サントリーホール

指揮:キリル・カラビッツ
読売日本交響楽団

(第558回定期演奏会)
フルート:エマニュエル・パユ

プロコフィエフ:交響的絵画「夢」
ハチャトゥリアン:フルート協奏曲
武満徹:エア
(アンコール)
プロコフィエフ:交響曲第5番

「パユ様に失礼がないように!」という重圧から解放された喜びを爆発させたかのような快演!
休憩後のプロコフィエフの演奏…と言うより、指揮のことです。

P席から見ていると、指揮者の目つきからして、前半と後半は雲泥の差です。
プレッシャーから解放されてのびのび!
逆に、パユ様の「格」を見せつけられた思い…。

リズム感よりも流麗感を前面に出した演奏ですが、アバウトな演奏ではなく、ひとつひとつの音を完璧に仕上げた上で、積み重ね、織り重ね、最後に均質化して、それを一気に流し出した美しくも激しい演奏。

前半で帰らなくて良かった…。

その前半ですが、一曲目のプロコフィエフの「夢」は、管楽器の弱音にはもう少し美しいニュアンスを望みたくなる、いかにも「前座」の演奏(失礼!)

パユ様の吹く協奏曲は、ヴァイオリン協奏曲の編曲。
ランパルさんの編曲に、パユ様がさらに手を入れているとのこと。
確かに、パユ様の超絶技巧は素晴らしい。
ただ、私の席の音響のハンディで、会場の大熱狂ほどには没入できず。
第1楽章や第3楽章の技巧を駆使した速い楽章よりも、第2楽章のような、しっとりと吹くところの方が好感でした。

このフルート協奏曲への編曲、オーケストラ・パートには手を入れず、ヴァイオリン・ソロだけをフルートに移植したとのことですが、パユ様の独奏にオケの木管パートが重なる箇所多数。
P席では、オケの木管パートの方が距離が近いので、パユ様のソロを打ち消す作用が…。
正面で聴いた皆様とは、きっと正反対の印象でしょう。

演奏終了後も、指揮者はパユ様を立てて、固い、固い、ぎこちない。
「どっちが格上なんだよ?」と思いましたが、間違いなく「パユ様が格上」だったのでしょう。

パユ様のアンコールは、独奏だけに音響的なハンディはあまり感じずに聴きましたが、途中、盛大な咳が、何度も何度も会場に響き、また意気消沈してしまいました。

20160524

|

« ネーメ・ヤルヴィ/N響(2016/05/21) | トップページ | 新国立劇場「ローエングリン」(2016/05/26) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/63679411

この記事へのトラックバック一覧です: カラビッツ/読響(2016/05/24):

« ネーメ・ヤルヴィ/N響(2016/05/21) | トップページ | 新国立劇場「ローエングリン」(2016/05/26) »