« 下野竜也/新日フィル(2016/05/28) | トップページ | 新国立劇場「ローエングリン」(2016/06/04) »

2016年5月28日 (土)

ウルバンスキ/東響(2016/05/28)

2016年05月28日(土)18:00
サントリーホール

指揮:クシシュトフ・ウルバンスキ
東京交響楽団

(第640回定期演奏会)
ピアノ:アレクサンダー・ロマノフスキー

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番
バッハ(シロティ編):プレリュードロ短調
(アンコール)
チャイコフスキー:交響曲第4番

艶やかで美しいプロコフィエフ。
プロコフィエフというと、耳を刺激する印象が強いのですが、この演奏には刺激的なところはほとんど無く、高貴な香りが立ち込めます。
オケの音もピアノにふさわしい同系統?の音。
もしかしたら、指揮者がピアノの音にふさわしい音にオケを染め上げたような気もします。
ウルバンスキさんなら、ならそれくらい、簡単にできるかもしれません。
(締め上げられる…いや、磨き上げられるオケの皆さんにとっては「簡単に」ではないかもしれませんけど。)

後半のチャイコフスキーは「え?こういう曲だったっけ?」と言うくらい新鮮に感じられた演奏。
ある意味、「変わった演奏」と言えるかもしれませんが、説得力があることも事実です。
聴き終わった後は、「これが必然」に思えてきます。

多彩な表情を駆使し、次々と繰り出し、ウルバンスキさんの音の引き出しの多いこと!

いっとき感情を爆発させたかと思うと、切々と悲しみ、平穏の喜びをかみしめ、ざわめき…。
なるほど、チャイコフスキーの後の世にはマーラーが出てくるわけか…とすら思えてくる演奏。

これだけ多彩な表情に仕上げるには、おそらくリハーサルで相当に音を練り上げたのでしょう。
例えば楽章最後のティンパニの連打にしても、一本調子にならず、弱、中、弱、強…と、かなり多彩。
テンポにしても、微弱音とスローテンポの合わせ技で、ぐっと緊張感を醸しだし、空間を制圧。

以前、楽団員の方のツィートで、「何を振ってもウルバンスキさんの音」のようにはならない指揮者…というのを読んだ気がします。
一聴衆の私も「ウルバンスキさんはこういう指揮者だ」というレッテルが貼りにくい指揮者だなぁ…と思っていたので、そのツィートを拝見してなるほど!と思いました。

201605281

201605282

|

« 下野竜也/新日フィル(2016/05/28) | トップページ | 新国立劇場「ローエングリン」(2016/06/04) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/63697343

この記事へのトラックバック一覧です: ウルバンスキ/東響(2016/05/28):

« 下野竜也/新日フィル(2016/05/28) | トップページ | 新国立劇場「ローエングリン」(2016/06/04) »