« ハーディング/新日本フィル(2016/06/30) | トップページ | 園田隆一郎(P&お話し)(2016/07/03) »

2016年7月 2日 (土)

ハーディング/新日本フィル(2016/07/02)

2016年7月2日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:ダニエル・ハーディング
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第560回定期演奏会)
罪深き女:エミリー・マギー
懺悔する女:ユリアーネ・バンゼ
栄光の聖母:市原愛
サマリアの女:加納悦子
エジプトのマリア:中島郁子
マリア崇敬の博士:サイモン・オニール
法悦の教父:ミヒャエル・ナジ
瞑想する教父:シェンヤン
合唱:栗友会合唱団
合唱指揮:栗山文昭
児童合唱:東京少年少女合唱隊
児童合唱指揮:長谷川 久恵

マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」

有終の美を飾るにふさわしい記念碑…と言って良いでしょう。
ハーディング様がさらにえぐり、ひねりたい箇所もあったかもしれませんが、これだけの大編成、よくぞここまで…と言うべきでしょう。
オーケストラについては、ごく一部、流すだけになりかける場面もありましたが、すかさず、ハーディング様が指揮棒で活!を入れ、概ねハイテンションを維持しました。
合唱は、時にはオケ以上に指揮の変化球?に反応する場面もありました。

ステージ上は、文字通りびっしり。
舞台上手のピアノは、奏者はステージへの出入り口を入ってすぐの場所に座る配置。
弦楽器奏者、管楽器奏者、打楽器奏者が入場し終わると、通路だと思った位置にチェレスタ?が配置されて通路をふさぐ。
仮に弦楽器奏者の弦が切れても、外に出ていくことすら出来ない状態。

ナジさんとシェンヤンさんは、第1楽章終了後に移動し、1階最前列の前を通って、指揮台の右横に設置された階段をあがってステージへ。
第2楽章の冒頭では、オケの前に立って歌いました。

そのお二人を含む独唱の歌手の皆さん、よくぞこれだけ揃えた!と、あきれるほどの熱唱。
(裏方さんの資金繰りにも大拍手!)

ゆったりとした美弱音でのオケに、もう少し…という箇所が無かったとは言わないが、それは贅沢というもの。

思い起こせばこのコンビ、ブラームス・ツィクルスの頃は、指揮の煽りにオケが追従出来ず音が飽和してしまうことすらあった印象です。
この日は違いました。
3.11が無かったらこのコンビに違う歴史があったかもしれませんが、それでも、紆余曲折を経て、こういうラストを迎えられたことを喜ぶべきでしょう。

至福から興奮へ、そして充足感へ。

大音響が消えても、フライングのブラボーも無し。
1~2人?終わるやいなや?拍手をしかけましたが、満席に近い会場は、トリフォニーのやや短めの残響が消え、ふた呼吸くらいしてからの大拍手。
めでたし、めでたし。

201607021

201607022

|

« ハーディング/新日本フィル(2016/06/30) | トップページ | 園田隆一郎(P&お話し)(2016/07/03) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/63859948

この記事へのトラックバック一覧です: ハーディング/新日本フィル(2016/07/02):

« ハーディング/新日本フィル(2016/06/30) | トップページ | 園田隆一郎(P&お話し)(2016/07/03) »