« 園田隆一郎(P&お話し)(2016/07/03) | トップページ | ノット/東響(2016/07/16) »

2016年7月 4日 (月)

ハーディング/新日本フィル(2016/07/04)

2016年7月4日(月)19:15
サントリーホール

2016年7月2日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:ダニエル・ハーディング
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第560回定期演奏会)
罪深き女:エミリー・マギー
懺悔する女:ユリアーネ・バンゼ
栄光の聖母:市原愛
サマリアの女:加納悦子
エジプトのマリア:中島郁子
マリア崇敬の博士:サイモン・オニール
法悦の教父:ミヒャエル・ナジ
瞑想する教父:シェンヤン
合唱:栗友会合唱団
合唱指揮:栗山文昭
児童合唱:東京少年少女合唱隊
児童合唱指揮:長谷川 久恵

マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」

到達点だと思った2日前の土曜日は通過点でした。
オケの音は機動性(指揮への追従性能)を増し、弱音部の柔らかい響きは極上感を増しています。
大音量で圧倒する演奏ではなく(土曜日は、そちらへ行きかけていましたが)、スリムな音像を絡み合わせて至福の極楽浄土(←仏教徒ですみません)へと誘う演奏。
この曲で、こんなに心を洗われる体感は初めてかもしれません。

もしかして日曜日にも練習してのでは?…と思うくらい、オケの音が良くなっています。
いや、合唱だって、微弱音の音色は向上している。
もちろん、ホールが違いますし、サントリーの場合は合唱はP席に陣取って、比較的余裕のある配置。
(それでも、通路にもクッションを置いて座ってましたけど)

オケは、指揮の煽りに音が飽和したり粗雑になったりすることなく、ふわっと音が出て一気に大音量まで継ぎ目なく飛翔する。
至福、至福、至福、かつてこのコンビで4番を聴いた時を凌駕する魂の浄化。

こんな歌手呼んじゃって予算は大丈夫?というような独奏陣も、金、土と連続だった土曜日にも増して、パワー全開の歌唱。

残念ながら、魂の浄化のように曲が終わるや否や、ブラボーを叫んだ(つぶやいた?)方が居らして、忘我の境地が台無しになった感も少々あります。
その後のカーテンコールでのブラボーの嵐の音量からすると、会場の皆さんの大半がそういう気持ちだったのではないかと拝察します。
う~ん、それだけが残念。

ハーディング様がカーテンコールコールでの花束贈呈の後のスピーチで述べたように、このコンビのスタートは3.11でした。
途中も噛み合わない時も多々あり、今回も来日遅れ等色々ありましたが、これ迄の苦難の道のりを思えば、このような演奏で最後を飾れたことは幸せと言うべきでしょう。

私は会員なのに個人的に色々あって欠席が多かった(空席作ってすみません)のでわかりませんが、NJP定期でハーディング様のソロカーテンコールってどれくらいあったのでしょう?
私はこの日が初めてでした。
確かにこの日は、「任期最後だから」を抜きにして、ソロカーテンコールにふさわしい演奏だったと思います。
終わりよければ全て良し…と簡単に言えないほど、このコンビには色々ありました…。

NJPの近年は、アルミンクさんの最後、メッツマッハーさんの最後(個人的嗜好ではこれが一番残念)、そしてハーディングさんの最後と、めまぐるしい感もありました。
間もなく着任する新音楽監督との相性が良いことを心から、期待したいと思います。

201607042

201607041

|

« 園田隆一郎(P&お話し)(2016/07/03) | トップページ | ノット/東響(2016/07/16) »

コメント

演奏を聴いていない人ほどフライングするんですよね。寝落ちした失敗をリカバリーしようとするかのように。聴いていないのだから「演奏の余韻」なんてわからないですよね。

フラブラに続く一部の拍手のせいで、ホールに静寂を取り戻せぬまま、ハーディングの最終回は終了。指揮台で静寂を待っていたであろう彼は、心なしか残念そうに見えました。あーあ。

投稿: 黒猫 | 2016年7月 5日 (火) 08時23分

黒猫様
土曜日のトリフォニーの方が勢いで押したような印相の演奏だったのに静寂を保ち、この日は心が浄化されるような体感だったのにフラブラで、うまくいかないものですね。
フラブラと、すぐの拍手はほんの一部で、会場の大半が、すぐには拍手できない充足感を味わっていたように感じました。

投稿: 稲毛j海岸 | 2016年7月 5日 (火) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/63870124

この記事へのトラックバック一覧です: ハーディング/新日本フィル(2016/07/04):

« 園田隆一郎(P&お話し)(2016/07/03) | トップページ | ノット/東響(2016/07/16) »