« 東京二期会「フィガロの結婚」(2016/07/17) | トップページ | 秋山和慶/東響(2016/08/11) »

2016年7月23日 (土)

ノット/東響(2016/07/23)

2016年7月23日(土)15:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:ジョナサン・ノット
東京交響楽団

(フェスタサマーミューザKAWASAKI2016)

ヴィラ=ロボス:ニューヨーク・スカイライン・メロディ
アイヴズ:ニューイングランドの3つの場所
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」

ベートーヴェンじゃないみたい。
田園じゃないみたい。
ある時は「…による交響的変容」のように、ある時は「ベリオ編」のように??
そして一転、ある時は協奏交響曲のように…。

グロテスクを内包していながら、爽快な外皮でくるんだ田園はある意味異様、ある意味スリリング。
「新時代の幕開けか?」とすら言いたくなりました。

のっけから、田舎に着いた時の気分…ではないざわめき。
何かが起こる。起こる前触れのような…。
当然、第3楽章から第4楽章で、ひと騒ぎ起きます、そういう曲ですから。
第1、第2楽章からその前触れのような影を感じたのは私の思い込みのせいでしょうか?
そして一転、第5楽章は…。

第1、第2楽章の何かが起こる予感、第3、第4楽章で当然起きる騒ぎ、そして第5楽章は、全てが過ぎ去った喜びを謳歌するような開放感…と言うより高揚感。
本来の田園交響曲に戻ったようでいて、コラールのような高らかさの異様感も併せ持つ一気呵成の凄演。

前半、個人的な体調で少し眠かったのが、この田園で目が覚めました。
引き込まれるように聴きましたが、次々に過ぎ去って行く音、音、音、この日のこの演奏くらい、もう一回聴きたい、もう一回聴いて確かめたい…と思った演奏はないかもしれません。

その前半も“外皮でくるんだ演奏”でした。
おそらく複雑怪奇な構造を、内的に融合させて、マイルドな外皮に包んだ演奏?
それでも、金管の壁からの反射音で「あれ?オルガンの所にバンダが居るの?」と一瞬錯覚したりしました。
相当に複雑、相当に大音量を、融合した音で鳴らした東響のポテンシャル高し。
前半は個人的にちょっと疲れ気味で、まったりと聴いていたので、見当違いであればご容赦を。

201607231

201607232

201607233

|

« 東京二期会「フィガロの結婚」(2016/07/17) | トップページ | 秋山和慶/東響(2016/08/11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/63956086

この記事へのトラックバック一覧です: ノット/東響(2016/07/23):

« 東京二期会「フィガロの結婚」(2016/07/17) | トップページ | 秋山和慶/東響(2016/08/11) »