« 下野竜也/新日フィル(2016/08/14) | トップページ | 上岡敏之/新日本フィル(2016/09/09) »

2016年8月21日 (日)

飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2016/08/21)

2016年8月21日(日)15:00
ティアラこうとう

真夏の第九こうとう2016
指揮:飯守泰次郎
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

ソプラノ:平井香織
メゾ・ソプラノ:谷口睦美
テノール:又吉秀樹
バス:斉木健詞
合唱:ティアラこうとう真夏の第九合唱団
合唱指揮:四野見和敏

ベートーヴェン:序曲「コリオラン」
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」

てっきり「第九」1曲だけだと思っていたら、飯守さんが、いきなり力強く腕を振り下ろしてびっくり。
鳴ったのは「コリオラン」。
飯守さんの棒に安定して反応するのはやはりシティ・フィルだなぁ…と思いつつ、会場にで配られたプログラム冊子には曲目の記載が無かったような??
会場もちょっと戸惑い気味の拍手???

「コリオラン」1曲ですぐに休憩15分。

「コリオラン」を第九と勘違いして待っていたときに、第2楽章の後で入場すると思った合唱は、休憩後、最初から入場しました。
合唱の前に座った独唱の4人も、飯守泰次郎と一緒に入場し、第1楽章から座っていました。

飯守マエストロの煽りの連射の「第九」、煽る、煽る、煽る。
おそらくリハーサルで音をきちんと練り上げた上での本番での煽り。
拍子を取ってるのが4割、残り6割は煽っている…というような指揮。
第1ヴァイオリンの方を向いて、ゴリゴリと弦楽器を弾くような素振りさえ…。
この煽りに対して、オケの音が全く飽和せずに追従して音がうねり、炸裂する。
駆け出しの指揮者がやったら完全に爆演の粗野な演奏になるところ、さすが飯守さんと、気心の知れたシティ・フィル。

その第1、第2、第3楽章を「P席」にあたる位置で、食い入るような視線で聴いていた独唱と合唱も、立ち上がった後は、指揮の煽り(口パク付き)に見事に反応。
それに対して、「第4楽章でも主役は譲らない!」と言わんばかりのオケの力奏も相まって、白熱し、高揚し、かつ全体のアンサンブルが拮抗して、結果的に整ってもいた第4楽章。

合唱はシティ・フィル・コーアではなく、ティアラこうとう真夏の第九合唱団。
年によって差があるようですが、前回聴いた時よりも、指揮への反応では数段上だったかもしれません。

オケも終演後、熱演の定期の時のように、大汗を拭う奏者多数。
私がこれまでに聴いたこのコンビの「第九」の中で、最上の演奏だったかも…と思いました。
もっとも飯守マエストロの指揮をそのように比較して聴くのは邪道かもしれません。
劇場型、一期一会、ライヴのマエストロですから。

201602211

201602212

201602213

201602214

201602215

到着したときは、ロビー・コンサートは終わりの方でした。残念。

|

« 下野竜也/新日フィル(2016/08/14) | トップページ | 上岡敏之/新日本フィル(2016/09/09) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/64092466

この記事へのトラックバック一覧です: 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2016/08/21):

« 下野竜也/新日フィル(2016/08/14) | トップページ | 上岡敏之/新日本フィル(2016/09/09) »