« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2016/08/21) | トップページ | 東京二期会「トリスタンとイゾルデ」(2016/09/10) »

2016年9月 9日 (金)

上岡敏之/新日本フィル(2016/09/09)

2016年9月9日(金)19:00
サントリーホール

指揮:上岡敏之
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第561回定期演奏会
ジェイド<サントリーホール・シリーズ>)

R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」
R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」
R.シュトラウス:楽劇「サロメ」~「7つのヴェールの踊り」
(アンコール)

待ちに待った新日本フィルの音楽監督、着任!

前半の「ツァラトゥストラ」は、冒頭でいきなりノックアウトかと思ったら、意外と控えめの音量で始まった印象。
その後も、音量はやや控えめで、美弱音(微弱音)と魅惑的な旋律の歌い回しを駆使し、美しく喜ばしい演奏。
いつもはシャープに感じられるNJPの音が、柔和、柔らかい。
音の溶け合いが良いことかな?と思いましたが、後半を聴いた後では、ちょっと謎。
あえてサウンドを変えたのか、リハーサルが後半重視だったのか???

後半の「英雄の生涯」になって、音の印象はガラリと変わりました。
一気に解像度と精鋭さが増したような音の眺望。
曲に対するアプローチは前半と変わらないようにも感じます。
しかし、表面的な音の印象は全く違う。
上岡さんのテンションも、オケのテンションも、まるで違うような…。
いつもはシャープに感じられるNJPの音に戻りました。
NJP本来の音に合った音響ながら優美さ、香しさも兼ね備え、さらには、随所で瞬発力にものを言わせた音の跳躍。
ただ、終結部で、オケの集中力が若干m持たなかった印象もあり。

それもそのはず(?)、なんとアンコールがありました。
演奏終了後もステージ上のオケの皆さん、まだリラックスせずに譜面をめくっていましたので、ああ、そうか、と。

「サロメの踊り」に至って、ようやく「炸裂!」と言えるような上岡節。
「煽り」の指揮ですが、その「煽り」が音楽的にも自然、必然に感じられる「煽り」。
したがってオケも音が飽和せずに音が指揮に追従する。

「ツァラトゥストラ」や「英雄の生涯」が美しい箇所満載だったので、「上岡さんと新日本フィルにピットに入ってもらって、R. シュトラウスのオペラを聴きたいな」と思ったのですが、いきなりアンコールで「サロメ」で、少しだけ夢がかなって幸せ??
(あんまり、オペラって感じの曲ではないですが。)

徹頭徹尾手放しで絶賛とは行かない箇所も多少はあったにせよ、就任披露としてはかなりの仕上がりと指揮への反応で、これは今後が期待できると言って良いのではないでしょうか。
まだまだ、これからです。
まずは新監督着任、めでたし、めでたし。

次週のシェーンベルク編のブラームスがめちゃくちゃ楽しみになるくらい、鮮烈でした。

201609091

201609092

|

« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2016/08/21) | トップページ | 東京二期会「トリスタンとイゾルデ」(2016/09/10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/64181255

この記事へのトラックバック一覧です: 上岡敏之/新日本フィル(2016/09/09):

« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2016/08/21) | トップページ | 東京二期会「トリスタンとイゾルデ」(2016/09/10) »