« 山田和樹/オーケストラ・アンサンブル金沢(2016/9/11) | トップページ | 上岡敏之/新日本フィル(2016/09/17) »

2016年9月15日 (木)

インバル/都響(2016/09/15)

2016年9月15日(木)19:00
東京文化会館

指揮:エリアフ・インバル
東京都交響楽団

(第814回定期演奏会Aシリーズ
 インバル80歳記念/都響デビュー25周年記念)
ピアノ/アンナ・ヴィニツカヤ

グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番
チャイコフスキー:四季~4月
(アンコール)
バルトーク:管弦楽のための協奏曲

やっぱり、この名コンビは健在!
インバルさん、80歳とは思えない気合いと、やはり年輪を重ねた懐の深さと、全く枯れない円熟と…。

まずは冒頭のグリンカで、客席の私はのけぞる。
いきなり、強い音圧が、突き刺さるように向かってきます。
ただ強く鳴らしているだけでなくて、力強くも美しい音。
時折見せる弱音。
おつ、こんなところ、こんなに小さい音だったけ?と思いながら、最後まで焦らず急がず、しかし滞留せずに中庸のテンポで終結。
短い曲で、いきなりの充足感。

その後のピアノ協奏曲は、ピアニストが凄かった。
強靱な打鍵。
音はクッキリ、ハッキリ、分解能がきわめて高く、粒状感のある音。
強烈に叩くけど、粗雑な印象は無し。
ところどころ、オケを凌駕するくらいにもなりましたが、最後はインバルさんが巻き返し?都響もがんばって?互角の終結??
アンコールは一転、激しくない曲でしたが、クッキリとした音像は変わらず。
非常に好印象のピアニストでした。

後半のバルトークは、終曲に強烈な圧倒的クライマックスを持ってきた全体構成のうまさ。
そこに居たるまでの、淡々と振っているようでいて緊張感が途切れない音の御馳走。
随所に小さなアクセントを、ひょうひょうとした棒でちりばめて、連続性で曲をまとめ上げた円熟の枯れない棒。
単に曲間にほとんど間合いを置かずに演奏しただけではない(もちろん、その効果もあったと思いますが)連続性で1曲の長い曲を聴いたような体感と充足感。
あの「中断された間奏曲」ですら、「中断」の印象が皆無の連続性。

個人的に、前日まで出張だったので疲れ気味で、「どうしようか、自粛して鍼治療にでも行こうか?」と思ったのですが、「せっかく出張日程がかぶらないようにできたのだから…」と頑張って足を運んで正解でした。
まるでツボに鍼を次々と打ってもらっているような体感、特に前半、特にピアノ。
“東京文化治療院”でリフレッシュして帰ってきました。

201609151

201609152

201609153

|

« 山田和樹/オーケストラ・アンサンブル金沢(2016/9/11) | トップページ | 上岡敏之/新日本フィル(2016/09/17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/64208641

この記事へのトラックバック一覧です: インバル/都響(2016/09/15):

« 山田和樹/オーケストラ・アンサンブル金沢(2016/9/11) | トップページ | 上岡敏之/新日本フィル(2016/09/17) »