« 上岡敏之/新日本フィル(2016/10/15) | トップページ | ヴェデルニコフ/N響(2016/10/16) »

2016年10月15日 (土)

ノット/東響(2016/10/15)

2016年10月15日(土)18:00
サントリーホール

指揮:ジョナサン・ノット
東京交響楽団

(第645回 定期演奏会)
ヴァイオリン:イザベル・ファウスト

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
ギユマン:無伴奏ヴァイオリンのためのアミューズから
(アンコール)
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番

ヨーロッパ公演の「練習」?
とんでもない!
気合いの入り方、今からこんなで、現地へ行って息切れしないで下さいね!…と思いましたが、よく考えたら過密日程が常態の東響、無問題のはず…でした。
これは凄い。
語彙枯渇ですが、凄いとしか言いようがない。

前半の協奏曲で、すでに度肝を抜かれました。
イザベル・ファウストさんのソロは、高度にコントロールしたやや細筆の美音という感じでしたが、第1楽章のカデンツァが始まる前に、ファウストさんがノット監督の方を見て「そんなにムキにならなくても」という表情をした後、猛然と本気を出して弾く…という「競争」曲?

そのカデンツァは、ティンパニ付き。
ピアノ協奏曲へ編曲する際にベートーヴェン自身が書いたカデンツァを、ヴァイオリンに逆編曲したものですね。
ティンパニは、少し乾いた音がするバロック・ティンパニが使われていました。

オケは、ピリオドというほどではありませんが、ビブラート控え目だったのかな?
ノット監督が暗譜で煽るものだからオケの皆さん必死?
ファウストさんは、冒頭の氷の女王が、溶けて、沸騰してしまったかのよう。
ライヴの醍醐味。
会場大興奮の盛大な拍手と歓声でした。
もしかしたら東響定期の協奏曲演奏史上に残る気合い入りまくりの熱演だったかもしれません。

後半のショスタコーヴィチでも、ノット監督、動く、動く、激しく動く。
前傾姿勢でオケを煽り…いや、鼓舞し、当然、オケは全力で弾きまくり、とどろく大音響(←語彙不足ご容赦を)。
この曲でよく感じる“ナイフを突きつけられたようなゾッとする怖さ”はあまり感じない演奏でしたが、凄まじく吹き荒れた演奏であることは確かです。
前半とは比べものにならない巨大編成になっても推進力と精度に変化なし?
ノット監督、着任当初は物凄い時と、たまにオケが燃える前に終わっちゃった…という時もありましたが、今や一挙手一投足にオケが反応するように?

当然、ノット監督のソロ・カーテンコールがありました。

なお、プログラム冊子によれば、ティンパニの奥田さんが定年退職とのこと。
色々な思い出はありますが(ウォルトンの交響曲でのティンパニ大活躍とか)、特にスダーン前監督時代のピリオド・スタイルにおけるバロックティンパニの演奏は貢献度大。
「2016年10月20日付け」とのことなので、この日の翌日の新潟定期がラストステージでしょうか?
いや、この日、この演奏(ヨーロッパ公演プログラム)で叩いていたということは、ヨーロッパも行くのかな。
さみしくなりますが、お疲れ様でした。

201610151_2

201610152_2

201610153_2

|

« 上岡敏之/新日本フィル(2016/10/15) | トップページ | ヴェデルニコフ/N響(2016/10/16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/64353677

この記事へのトラックバック一覧です: ノット/東響(2016/10/15):

« 上岡敏之/新日本フィル(2016/10/15) | トップページ | ヴェデルニコフ/N響(2016/10/16) »