« バッティストーニ/東フィル(2016/10/20) | トップページ | ヘンヒェン/新日フィル(2016/10/22) »

2016年10月21日 (金)

鈴木秀美/日フィル(2016/10/21)

2016年10月21日(金)19:00
サントリーホール

指揮:鈴木秀美
日本フィルハーモニー交響楽団

(第684回東京定期演奏会<秋季>)

ハイドン:交響曲第43番「マーキュリー」
ベートーヴェン:交響曲第4番
シューベルト:交響曲第4番「悲劇的」

実は手放しで絶賛というわけではなく、多少のもどかしさも感じた演奏でした。
しかし、本当に嬉しい、祝福したい、幸せな気分になった演奏会でした。

嬉しい方は、ピリオドのピの字もやらない日フィルが、鈴木秀美さんをなんと定期演奏会に招聘したこと。
在京オケ最後発のピリオドだと思いますが、今からでも遅くはありません。
オペラのピットにも入らず、ピリオドもやらなかった日フィルが今シーズンは違う。
新しいシェフの意思かどうかは存じ上げませんが、日フィルが新しい時代に入りつつあるのであれば、こんなに嬉しいことはありません。

もどかしさの方は、鈴木秀美さんの意思の全てが音に変換されたかどうか、多少の疑念もあったこと。
ピリオドのピュアトーンも多々ありましたが、豊穣な響きに成って(鳴って)しまう箇所も多々ありました。
まあ、そうは言っても、初客演でここまでできれば上々と言うべきかもしれません。

1曲目ののハイドンでは、冒頭、あれ?こんな豊穣な響きでいいの?と思いました。
しかし、曲が進み、第3楽章あたりから鈴木秀美さんのピュアトーンが行き渡りはじめた印象でした。
それは、当然、かつて日フィルから一度も鳴ったことのない(?)音。

2曲目のベートーヴェンでは、冒頭からピュアトーンが行き渡る。
鈴木秀美さんらしい重量感も兼ね備えたピュアトーンがこの曲にふさわしい。
バロックティンパニが加わったこともありますが、重量感がありながらスピード感と歯切れの良さも犠牲にしていません。
爽快で、かつ立派なベートーヴェンでした。

ここで休憩、長い前半でしたが、長いとは感じませんでした。

後半のシューベルトはまた豊穣な響きになった感はありますが、歯切れの良さと重量感の両立は変わりません。
その上、ちょっとした旋律も「はっとする美しさ」の表情付けがされ、至福のひと時。
先述のように、「さらに共演を重ねれば…」との思いは多少ありましたが、初客演なら上々…と言うより、日フィルの音が、100%でないにせよ、ここまで変わるのを聴けて幸せです。

1曲目のハイドンが終わった時点で、大汗を拭いている弦楽器奏者の方もいらして、おそらく日フィルとしては、常日頃と相当に違うことをおやりになったのだろうと拝察。
おそらく日フィルとしては全くの新しい分野。
そのせいか客席も空席が目立ちました。
しかし、これは挑戦ととるべきでしょう。
「次回」があることを願っています。

なお、私が鈴木秀美さんの演奏会を聴くのは、おそらく、2011年の山形響名古屋フィル以来だと思います。
あの頃は在京オケ定期に鈴木秀美さんの指揮なんて考えられない状態で、勤務先の夏季休日も利用して山形と名古屋に聴きに行ったのでした。
それを思えば、日フィル、新日フィルにお名前がある今季は嬉しい限りです。

20161021

|

« バッティストーニ/東フィル(2016/10/20) | トップページ | ヘンヒェン/新日フィル(2016/10/22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/64380807

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木秀美/日フィル(2016/10/21):

« バッティストーニ/東フィル(2016/10/20) | トップページ | ヘンヒェン/新日フィル(2016/10/22) »